子連れ冒険国内・海外旅行、香港駐在生活、長野県の発酵・加工食品、生活に役立つ情報などを発信します!

【子連れインド旅行】アレッピーで異文化交流できる宿・Lake and Paddy

WRITER
 
Lake and Paddyのアイキャッチ画像
この記事を書いている人 - WRITER -
はじめまして!Satokoです。 子連れアドベンチャー旅行専門家。 北はアラスカから南はオーストリア・カンガルー島まで、アジアを中心に子連れで14ヶ国訪問済。 自然豊かな場所での生活を夢み神奈川から群馬へ引っ越したものの、主人の転勤で大都会の香港へ。右往左往の子連れ香港駐在生活を4年3ヶ月送り、2018年3月、日本に帰国。現在、群馬県在住。 子連れ冒険国内・海外旅行、香港駐在悩み、生活に役立つグッズや情報などを発信していきます!
詳しいプロフィールはこちら
スポンサーリンク

こんにちは〜。Satokoです。

 

子連れでインド旅行って大丈夫?

 

ちょっと不安ですよね。

 

実は、私も不安でした。

 

でも、2冊の本と出会って、不安が期待へと変わりました。

 

もし子連れインド旅行に不安のある方はこちらの2つの記事を読むと不安が減りますよ。
子連れでインド旅行って大丈夫?きっかけを与えてくれた1冊の本
南インドに行きたくなってしまう本【南インドカルチャー見聞録】

 

さて、子連れインド旅行に不安のある私が、本を読んでインドのケララ州アレッピーに行くことに決め、インドの文化を思いっきり体験できる旅にしたいと思いました。

 

旅の計画を立てている途中、あるカヌーツアーに興味を持ち予約を入れることに決定!

 

そのとき、お世話になったのが、Surajさん、通称サチさん。

 

そして、サチさんの紹介で宿泊したのが『Lake and Paddy』。

 

今回は、家族と宿泊した『Lake and Paddy』での異文化交流体験について紹介します。

 

今日紹介する内容はこれ!
  • サチさんと出会ったきっかけ
  • サチさんに勧められて宿泊した『Lake and Paddy』
  • 『Lake and Paddy』で体験した異文化交流

などについて紹介します。

こんな人におすすめ!
  • 子連れで異文化体験をしたい
  • 家族でアレッピーに行ってみたい

 

サチさんとアレッピーの『Lake and Paddy』で異文化交流してみたいなと思っていただけたら幸いです。

 

サチさんについて

サチさんの写真

まず、サチさんについて紹介しましょう。

 

サチさんはインド人。

 

『Lake and Paddy』の宿泊、ハウスボート及びビレッジツアーの予約などを扱うNamasthe Alleppey  Boat Toursという会社をおじさんと運営しています。

ホームページはこちらです→Namasthe Alleppey  Boat Tours

 

高校卒業後、アレッピーのホテルに就職。

 

ヨーロッパから訪れる観光客を接客しながら英会話をマスターしていった努力家。

 

観光客から世界中の様子を聞くことが楽しくて『いつか自分のコテージを持ちお客さんを泊めたい』というのが、サチさんの夢です。

 

サチさんを知ったきっかけは?

アレッピーを観光しようと思ったとき、トリップアドバイザーでアクティビティを調べていたら、カヌーで巡るビレッジツアーが目に留まりました。

 

そこで申し込みをしようと思ったのですが、トリップアドバイザーから申し込みができず。

 

電話番号だけがそこに書いてありました。

 

そこで思い切って電話をしてみました

 

Hello, this is Satoko. I would like to make a reservation your canoe tour.(もしもし、Satokoです。カヌーツアーの予約をしたいのですが…)

satoko

ok!@#$%^&*@#$%^&………

サチさん

 

この時電話で応対してくれたのがサチさん。

 

電話で要件を伝えるのは難しいですよね。

 

冒頭の一言を行った後、サチさんのインド訛りの英語を聴いて完全に舞い上がってしまった私。

 

うまく意思疎通ができません。

 

するとサチさん。

 

 

WhatAppやってる?

サチさん

Yes!

satoko

電話番号教えて。それからまた連絡するから。

サチさん

 

 

ものの1分もしないうちに連絡が取れ、話がうまく進むようになったのです。

 

この一本の電話で旅が後に非常に楽しいものになるとは想像すらしませんでした。

 

サチさんの魅力は?

WhatsAppで連絡を取り合ううちに、カヌーツアーの予約だけでなく、ハウスボート の宿泊予約と『Lake  and Paddy 』の宿泊予約までお願いしてしまいました。

 

サチさんの魅力
  • 仕事が丁寧
  • 行動力がある
  • 何事も早い

 

例えば、近所のお祭りMullackal Chirappuについて聞いた時、ヒンズー教でない私たちが参加できるのか、わざわざ寺院まで聴きに行ってくれました。Mullackal Chirappuのお祭りについての記事はこちらもどうぞ→【子連れインド旅行】お祭りに行って五感が刺激された究極の体験

 

アレッピーから次の宿泊予定地までの道路事情を教えてくれたり、ガイドブックに載っていないわずかな疑問にも丁寧に答えてくれたりとインド旅行のこころ強い助っ人となってくれました。

 

いつの間にかサチさんに会いに行くのが一番の楽しみになっていました。

satoko

 

『Lake and Paddy 』について

lake and paddy外観写真

『Lake and Paddy 』はヤシの木が生い茂る中に建てられたコテージ。

Lake and Paddyの庭の写真

宿泊したコテージ前にハンモックがあり、空いた時間はのんびりとユラユラ。

 

 

客室は全部で10室。

 

料金は一室一泊約900円!

 

Wifiは弱いながらも使えます。

 

ベッド、シャワー、トイレ、タオル、シーツ付き。

 

シャワーはお湯が出ませんが、年中暑いアレッピーなので問題はありません。

 

お湯が出ないとダメという人にはおすすめしません。

 

蚊が気になる人は、虫除けや蚊取り線香を持参すると良いでしょう。

 

宿泊に向いている人
  • 地元の人たちと触れ合えるような旅をしたい
  • サチさんにツアーをお願いしたい

地元の人と楽しい交流をしたい人におすすめ!

 

 

『Lake and Paddy 』での異文化交流体験

さて、2泊3日の予定で宿泊した『Lake and Paddy 』。

 

コテージ宿泊中の異文化交流体験はチェックインした日の夜から始まりました。

 

寝ることが目的で宿泊の予約をしましたが、これから紹介することが待ち構えていたのには驚きでした。

 

想定外の体験を一挙紹介します!

 

ウェルカムパーティが開かれる

ウェルカムパーティーの写真

夕方遅くにチェックインした時、サチさんから家族みんなに夕食の招待がありました。

 

既に宿泊していた二人の人たちの紹介と我が家の歓迎を兼ねて、チキンの煮込みとパーラーターという小麦粉から作られた薄いパイでのおもてなし。

 

食事はどこかに食べにいかないといけないと思っていたので、予想外のうれしいウェルカムパーティでした。

 

敷地内でバトミントン大会〜インド対日本

暇にしていた子どもたちにサチさんがバトミントンの道具を貸してくれました。

バトミントンの後の集合写真

 

バトミントンをやる写真
バトミントンをする写真

すると「バトミントン一緒にやろう」と従業員の人たちが集まってきていつの間にかインド対日本戦の交流試合になっていました。

 

スポーツは世界共通言語。

 

お互い言葉が通じなくても楽しい時間を共有できますよ。

 

敷地内でクリケット大会

クリケットをする写真

息子が敷地で野球をしていたら、みんなが集まってクリケットが始まりました。

クリケットが始まった写真
球を投げる写真

ものすごい球のスピード、熱狂的な姿にクリケット人気を実感しました。

 

それにしても『インドの人の身体能力はハンパじゃない』です。

 

オートリキシャー初体験

オートリキシャーに乗る写真

カヌーで巡るビレッジツアーに行く際、宿から現地までオートリキシャーで移動。

 

一度乗ってみたかったけど、なにせ初インド。

 

交渉の仕方とかお金の支払いとか考えると自分で呼んで乗るには難易度が高い乗り物です。

 

道路のデコボコ感とオートリキシャーのスピードでものすごい振動。

 

窓も全開なので、道路の砂ほこりが舞ってきます。

 

決して『快適な乗り物』とは言えませんが、インドの庶民の乗り物を体験するのもおすすめですよ。

 

オートバイに乗せてもらう

家族5人が一台のオートリキシャーに乗るのはちょっと無理なので、

 

サチさんが息子に

 

「よし、バイクで行こう!」

 

と誘いました。

バイクに乗る息子とサチさんの写真
バイクで出発する写真
バイクで走り去る写真

 

あまりにも突然のことでヘルメットもなく…。

 

日本人的感覚からは

 

「お〜大丈夫かなぁ」

 

とオートバイで先に行ってしまう息子を見てヒヤヒヤでしたが、

 

乗っていた本人は

 

「楽しかった〜」。

 

ちょっと危険ではありましたが、バイクに乗ってインドの道路を走る体験はなかなかできませんよ。

 

何事もなく良かったです。

 

宿泊してみた感想

『Lake and Paddy』は地元の人たちが暮らす家にホームステイさせてもらっているような素朴で温かい雰囲気の宿。

 

サチさんがいなければ、一緒にご飯を食べたり、バトミントンやクリケットを楽しんだり、オートリキシャーに乗ったりはできなかったはずです。

 

ホテルのような立派な設備はありませんが、子供と一緒に異文化を体験するにはピッタリの場所と感じました。

 

まとめ

いかがでしたか?

 

『Lake and Paddy』に興味を持っていただけたでしょうか。

 

『Lake and Paddy』は地元の人たちが暮らすように滞在できる宿です。

 

そこで働く人たちと一緒に遊んだり、運が良ければ一緒にご飯を食べたり、楽しく交流する機会があるかもしれません。

 

 

サチさんが働く会社のホームページはこちらです→Namasthe Alleppey Boat Tours

宿泊の予約を日本語でしたいという方には、こちらから予約できます。

 

サチさんのツアーに関して興味のある方はこちらの記事も参考になりますよ。

【ケララ・バックウォーターツアー】カヌーでしか入れない世界を体験!
【アレッピーでハウスボート宿泊】三食フルコースで王様気分!

 

 

親子で異文化交流を体験してみたい、家族でアレッピーに行きたい人のお役に立てれば幸いです。

アレッピーまで電車に乗って旅をするのもおすすめ!
【子連れインド列車の旅】ルート・チケット・乗車まで教えます!

 

以上、『【子連れインド旅行】アレッピーで異文化交流できる宿・Lake and Paddy』でした。

最後まで読んで頂き、ありがとうございました!

 

スポンサーリンク
この記事を書いている人 - WRITER -
はじめまして!Satokoです。 子連れアドベンチャー旅行専門家。 北はアラスカから南はオーストリア・カンガルー島まで、アジアを中心に子連れで14ヶ国訪問済。 自然豊かな場所での生活を夢み神奈川から群馬へ引っ越したものの、主人の転勤で大都会の香港へ。右往左往の子連れ香港駐在生活を4年3ヶ月送り、2018年3月、日本に帰国。現在、群馬県在住。 子連れ冒険国内・海外旅行、香港駐在悩み、生活に役立つグッズや情報などを発信していきます!
詳しいプロフィールはこちら

Copyright© アドベンチャー家族旅行 , 2018 All Rights Reserved.