子連れ冒険国内・海外旅行、香港駐在生活、長野県の発酵・加工食品、生活に役立つ情報などを発信します!

【国内で国際交流できる】ホストファミリーに応募してみた!

WRITER
 
ホストファミリー アイキャッチ画像
この記事を書いている人 - WRITER -
はじめまして!Satokoです。 子連れアドベンチャー旅行専門家。 北はアラスカから南はオーストリア・カンガルー島まで、アジアを中心に子連れで14ヶ国訪問済。 自然豊かな場所での生活を夢み神奈川から群馬へ引っ越したものの、主人の転勤で大都会の香港へ。右往左往の子連れ香港駐在生活を4年3ヶ月送り、2018年3月、日本に帰国。現在、群馬県在住。 子連れ冒険国内・海外旅行、香港駐在悩み、生活に役立つグッズや情報などを発信していきます!
詳しいプロフィールはこちら
スポンサーリンク

こんにちは〜。Satokoです。

子供に海外の人と触れ合うきっかけを作ってあげたいと思っているあなた。

  • 海外旅行や留学しないと海外の人たちと交流できない。
  • 子供が部活や学業で忙しいから、海外の人と知り合う時間が作れない。
  • お金がかかるから無理。

そう思っていませんか?

 

子供が小さいうちは、どこに行くにもスケジュールの融通が効くのですが、中学生、高校生になると学校を休ませるわけにはいきませんよね。

 

『せっかく学校で習っている英語を実践するチャンスがない』と思っていましたが、日本で国際交流が簡単にできる方法があったので紹介します。

satoko

実は子供の通う高校で5日間、研修を全て英語で行うプログラムが開催されるというお知らせがあり、そのプログラムの講師に国内および海外の大学(院)生二十数名が参加することになりました。

 

予定する5日間、海外の大学(院)生を生徒の家庭に受け入れてみませんかという『ホストファミリー』の案内が学校からあり『これは願ってもないチャンス!』と応募してみました。

 

 

今週末、海外からの留学生2人(エジプトとナイジェリア)が我が家に滞在します。

 

期間は5日間。

 

家族で留学生を受け入れることははじめての体験です。

 

こんな人におすすめです!
  • 子供に海外の人と触れ合う機会を作ってあげたい
  • ホストファミリー に興味がある

 

今日は、日本にいながら国際交流ができる『ホストファミリー』について説明します。

  • ホストファミリーとは何か。
  • ホストファミリー はどんなことをするのか。
  • 受け入れの準備は何をすれば良いのか。

我が家の体験を通して『ホストファミリーになってみよう!』と思っていただけたら幸いです。

 

ホストファミリーって何?

ホストファミリー 写真

海外からの留学生が自宅に受け留学先の国の家庭に滞在し生活を体験することをホームスティ、受け入れる家庭のことをホストファミリー と言います。

 

我が家は学校のボランティアとして無料で留学生を受け入れますが、ビジネス目的で家賃を請求するホストファミリー もいるそうです。

 

お客様としてでなく、家族の一員として迎え入れ、家族と同じように過ごすのが一番大切なポイントです。

 

 

どんなことをするの?

ホストファミリー の主な仕事は、

  • 留学生に部屋を提供
  • 食事の提供
  • 送迎のお手伝い

をすること。

 

受け入れ可能な家庭に対して事前の説明会があります。

  • 留学生を受け入れる心構え
  • ホストファミリーの仕事
  • 事前に準備すること
  • スケジュール
  • 滞在する留学生の情報

などを教えてもらえます。

 

 

留学生との間にトラブルってあるの?

学生の写真

家庭に知らない人を泊めるのは勇気が入りますよね。

 

ホストファミリーになると世界の最前線で夢を持って学ぶ留学生たちと知り合うチャンスなんです。

satoko

トラブルと聞くとそれだけでマイナスのイメージがあって「家庭で揉め事が起きたら困るからホストファミリー になるのはちょっと…」と思うご家庭もあると思いますが、そんなに恐れるほどのトラブルでもないようです。

実際のトラブルの事例
  • お父さんがステテコ姿で居間にいたら、女子学生にセクハラと受け取られた
  • 食事で魚の骨を喉につまらせて病院で治療を受けた
  • 家族で観光に出かけた際、ボブスレーをしてコースアウトし、留学生が怪我をしてしまった

 

など、ホストファミリー が事前情報として知っていたり、ちょっと注意していれば防げるトラブルであったりします。

 

過去に起きたトラブルは事前に紙面でわかります。

 

トラブルを異文化理解として受け取ると、どのように行動してあげると良いか大変参考になります。

 

英語がわからなくても大丈夫?

必ずしも英語を使わなくても大丈夫です。

 

もし仮にアメリカに留学したとしてホストファミリー が家庭で日本語を話すでしょうか。

 

話しませんよね。

 

日本語を使っても、たどたどしい英語でも、相手を思う気持ちがあれば話したいことが通じるはずです。

satoko

 

そしてそんな時こそ、英語を習っている子供たちが留学生と会話する絶好の機会なんです。

 

留学生を迎える事前準備はどんなことをすれば良い?

初めて留学生を家庭に迎えるに当たって、どんなことを準備すれば良いか悩みますよね。

 

ここでは、ホストファミリーの仕事・部屋の提供、食事の提供、送迎のお手伝いが問題なくできるように、実際に行った準備について紹介します。

ホストファミリーの主な仕事
  1. 部屋の提供
  2. 食事の提供
  3. 学校までの送迎のお手伝い

 

また、上記に加えて

  • 家庭での決まりごと(ハウスルール)の作成
  • おもてなし方法
  • 簡単な自己紹介

についても考えてみました。

 

 

部屋と寝具を準備する

部屋の写真

留学生が宿泊する部屋は、個室にするか、留学生と同性の子供(兄弟・姉妹含む)部屋を共有します。

 

今回は二人の男性留学生が滞在するので、ベッドが二つある一部屋を二人で共有してもらうことにしました。

 

朝食と夕食のメニューを考える

日本食の写真

留学生の食事の情報(食べられるもの、食べられないもの、アレルギーの有無)は事前にわかります。

 

今回、一人の留学生が豚肉を食べることができないので、豚肉を使うメニューは取り入れないことにしました。

 

それ以外にも、鶏肉や牛肉はスーパーで買ったもので大丈夫なのか、ハラール食品(イスラム法において合法とされた食べ物)を準備する必要があるのかと悩みました。

 

わからないことは留学生を斡旋する会社や本人に問い合わせることも可能です。

satoko

 

信仰する宗教、ベジタリアン、甲殻アレルギーなどでも、食事の制限があります。

 

以上のことを知っておけば、事前に対策がとれ、食事のメニューに悩む必要もありません。

 

 

送迎方法を考える

子供は毎日通学のため、最寄り駅まで自転車で行っています。

 

しかし山道のため、滞在中5日間は駅まで車で送迎することにしました。

 

駅から学校までは子供と一緒ですが、万が一のためにお互い携帯で連絡できるようにメールアドレスや電話番号を交換しておくと良いでしょう。

satoko

また、最寄り駅から自宅までの地図をグーグルマップなどで伝えてあげるといざという時、安心です。

 

 

家庭のルールを作成する

短期ながらも家族の一員として迎え入れるので、お互いが生活しやすいように家族のルールを決めます。

 

どんなことを決めるのか
  • 入浴の時間
  • シャワーの使い方(電源や温度調節の仕方)
  • 朝食と夕食の時間
  • 昼食の有無
  • トイレの使い方
  • 家電製品の使い方(電源の付け方)
  • 洗濯を自分でする・しない

 

以上のことを簡単に英語でメモし滞在初日に渡せば、トラブルもあまり起こらないはずです。

 

英会話で説明するのが苦手な人は、事前にメモやイラストで家庭のルールを準備しておくと、初日に慌てずにすみますよ。

satoko

 

 

家での過ごし方を考える

抹茶の写真

留学生が家族の一員として、日本の家庭で楽しい時を過ごせるようにおもてなしを考えました。

 

おもてなし案
  • サッカーをする
  • 近所をお散歩する
  • ボードゲームをする
  • 花火をする
  • スイカ割りをする
  • 抹茶を飲んでもらう
  • 和菓子を味わう

おもてなしを通して留学生との交流が楽しめるように、子供ができそうな内容を考えると良いですね。

satoko

 

当日の天気や様子をみながら子供が中心となり、おもてなしができると良いですね。

 

簡単な自己紹介をする

留学生の名前や出身国、メールアドレス、自己紹介文などは、事前にホストファミリー知らされます。

 

「相手も同じように家族のことがわかれば安心するだろう」と思い、簡単な家族の紹介と挨拶文をメールで送ってみました。

 

写真を一枚メールに添付するだけで信頼感がグッと増します。

satoko

 

簡単なメールの挨拶でも、お互いの気持ちが伝わるのでぜひ連絡すると良いですよ。

 

まとめ

いかがでしたか?

ホストファミリーがどんなことをするのか、理解していただけたでしょうか?

 

ホストファミリーは、身近な家庭でできる国際交流の手段です。

 

海外の人と知り合うために、海外旅行や留学をする必要もありません。

 

また、学業や部活で忙しい中学生や高校生がいるご家庭でも、海外の人たちと触れ合うきっかけを作れます。

 

 

ぜひ、あなたのまわりで『ホストファミリー 』募集の案内をみかけたら、応募してみてはいかがですか?

 

思いもよらぬ出会いが待っているかもしれませんよ。

 

 

スポンサーリンク
この記事を書いている人 - WRITER -
はじめまして!Satokoです。 子連れアドベンチャー旅行専門家。 北はアラスカから南はオーストリア・カンガルー島まで、アジアを中心に子連れで14ヶ国訪問済。 自然豊かな場所での生活を夢み神奈川から群馬へ引っ越したものの、主人の転勤で大都会の香港へ。右往左往の子連れ香港駐在生活を4年3ヶ月送り、2018年3月、日本に帰国。現在、群馬県在住。 子連れ冒険国内・海外旅行、香港駐在悩み、生活に役立つグッズや情報などを発信していきます!
詳しいプロフィールはこちら

Copyright© アドベンチャー家族旅行 , 2018 All Rights Reserved.