子連れ冒険国内・海外旅行、香港駐在生活、長野県の発酵・加工食品、生活に役立つ情報などを発信します!

【福井県陶芸館】越前陶芸村で越前焼の手ひねりコースを家族で体験!

WRITER
 
陶芸体験している写真
この記事を書いている人 - WRITER -
はじめまして!Satokoです。 子連れアドベンチャー旅行専門家。 北はアラスカから南はオーストリア・カンガルー島まで、アジアを中心に子連れで14ヶ国訪問済。 自然豊かな場所での生活を夢み神奈川から群馬へ引っ越したものの、主人の転勤で大都会の香港へ。右往左往の子連れ香港駐在生活を4年3ヶ月送り、2018年3月、日本に帰国。現在、群馬県在住。 子連れ冒険国内・海外旅行、香港駐在生活、生活に役立つグッズや情報などを発信しています!
詳しいプロフィールはこちら

こんにちは〜。Satokoです。

夏休みもいよいよ終盤になりましたね。

この時期になると「どこにお出かけしようか」というより「もう宿題は終わったの」の一言が出てしまう頃。

あなたのご家庭はいかがですか。

アドベンチャー家族旅行では「宿題」のことは忘れて、今回は『越前焼体験』について紹介していきますね。

ちょっとその前に、

ブログの『アドベンチャー家族旅行』と『越前焼体験』。

全然アドベンチャーとは関係ないじゃないという人もいると思います。

その通り!

部屋の中で座って作業する陶芸は、アドベンチャーとは全く関係ありません。

しかし、今回これを紹介しようと思ったのには、理由があります。

スポンサーリンク

遊びに行く時、兄弟姉妹の年齢差をいかにして埋めていますか

家族で出かける時、みんなが楽しめるところに遊びにいきたいと思うのは親として当然ですよね。

子供が一人の時は、特に悩むこともありません。

子供の好きな場所に連れて行けばいいのです。

しかし、子供が二人、そして三人になると、それぞれ年齢に合わせて興味の対象、体力が変わってきます。

例えば、

上の子が動きを求めるアクティビティを求める

下の子の安全面が不安

 

下の子の興味のあることをやる

上の子は退屈してしまう

 

というように、特に下の子供が幼稚園児くらいだとアクティビティ選びに苦労することもあるんですよね。

スポンサーリンク

そこでオススメしたいのが『陶芸体験』です

『陶芸』と聞くと年配の人が趣味でやるものというイメージがありますよね。

ところが陶芸を体験してみて、兄弟姉妹の年齢差を埋めるアクティビティとして充分活用できることがわかりました。

スポンサーリンク

陶芸の楽しさとは

あなたは、陶芸の楽しさはどんなところだと思いますか。

粘土をこねることは誰もが持つ共通体験であり、懐かしさを感じるところ
粘土を触ることに癒しを感じるところ
粘土から作品を創造するところ
自分の好きなように作品を作れるところ

 

こんなところが、陶芸の魅力とも言えますよね。

何よりも、陶芸は年齢差に関係なく楽しめるところが魅力です。

スポンサーリンク

越前焼の体験をしてみました

越前焼は日本六古窯(にほんろくこよう)の一つです。

日本六古窯は、瀬戸、常滑、丹波、備前、越前、信楽を指します。

越前焼は約800年前の平安末期から焼かれています。

素朴でありながら力強く個性的な美しさを持つところが魅力の焼き物。

焼物が出来上がるまでには、以下のような13のステップがあるんですよ。

粘土→成形→乾燥→窯づめ→素焼→窯出し→釉がけ(作品にうわぐすりをつける)←絵付け(絵や文字を書く)→窯づめ→本焼→窯出し→検査→完成
                    

さて、この越前焼の陶芸体験を福井県越前陶芸村にある福井県陶芸館でしてみました。

陶芸館では、成形の部分を体験する『手ひねりコース』と絵付けを体験する『絵付けコース』があります。

ここでは『手ひねりコース』について紹介していきますね。

手ひねりコースの内容

1.受付

2.簡単な越前焼についてのビデオを見ます

3.1kgの粘土が渡され作業開始です

4.手回しのロクロの上に粘土を置いて、たたいて伸ばしていきます

5.たたいた粘土を取り分け、両手を使ってひも状にします

6.自分の作りたいもの(例えば、湯飲みやお皿など)をイメージしてひも状の粘土を層にして重ねて型を作ります

7.つなぎめを指でならし、ロクロを回しながら成形して作品を完成
ロクロから離した器の写真
8.最後に色つけとなる焼き物の表面にかける釉薬(ゆうやく)を7種類の色の中から選びます

9.約40日後に作品が完成。出来上がった作品は、越前陶芸村に取りに行くか、家庭へ配送してもらうこともできます。
越前焼完成の写真

体験後の感想

作業時間は1時間半から2時間です。

途中、ロクロから作品を糸を使って切り離す作業がありましたが、難しい作業は指導員が手伝ってくれるので、初心者でも心配いりません。

夏の暑い時期は、粘土がひんやりしていて気持ちがいい。ロクロを回すとさらに陶芸家になった気分が味わえます。

年齢に関係なく、夢中になって作れるので家族みんなで楽しめます。

スポンサーリンク

越前陶芸村について

お申し込み 福井県陶芸館(越前陶芸村内にあります) TEL.0778-32-2174

住所 〒916-0273 福井県丹生郡越前町小曽原120-61
[map addr=”福井県丹生郡越前町小曽原120-61"]

手ひねりコース 粘土1kg 1,200円
【受付時間】午前の部/9:00~10:00  午後の部/13:00~14:00

絵付けコース  湯飲み 500円、ご飯茶碗(大) 800円 ※その他各種あります。
【受付時間】午前の部/9:00~11:00  午後の部/13:00~15:00
小さな子供でも30分ほどでできる『絵付けコース』。すでにある素焼きの器に自由に絵や文字を描くコースです。

まとめ

兄弟姉妹の年齢差を考えたとき、遊びの選定に悩む時もあります。

下の子供の年齢が低い時は、なおさらアドベンチャー家族旅行が難しい時もあります。

そんな時は、家族で陶芸をして見ませんか。

陶芸は粘土をこねて自分の好きなように作品を作れるので、体力差も関係ありません。

家族みんなで楽しめるアクティビティとしてオススメです。

この記事を書いている人 - WRITER -
はじめまして!Satokoです。 子連れアドベンチャー旅行専門家。 北はアラスカから南はオーストリア・カンガルー島まで、アジアを中心に子連れで14ヶ国訪問済。 自然豊かな場所での生活を夢み神奈川から群馬へ引っ越したものの、主人の転勤で大都会の香港へ。右往左往の子連れ香港駐在生活を4年3ヶ月送り、2018年3月、日本に帰国。現在、群馬県在住。 子連れ冒険国内・海外旅行、香港駐在生活、生活に役立つグッズや情報などを発信しています!
詳しいプロフィールはこちら

Copyright© アドベンチャー家族旅行 , 2017 All Rights Reserved.