子連れ冒険国内・海外旅行、香港駐在生活、長野県の発酵・加工食品、生活に役立つ情報などを発信します!

生後8ヶ月の赤ちゃんとの旅行をできるだけ楽にする方法!

WRITER
 
8ヶ月の赤ちゃんとの旅行アイキャッチ画像
この記事を書いている人 - WRITER -
はじめまして!Satokoです。 子連れアドベンチャー旅行専門家。 北はアラスカから南はオーストリア・カンガルー島まで、アジアを中心に子連れで14ヶ国訪問済。 自然豊かな場所での生活を夢み神奈川から群馬へ引っ越したものの、主人の転勤で大都会の香港へ。右往左往の子連れ香港駐在生活を4年3ヶ月送り、2018年3月、日本に帰国。現在、群馬県在住。 子連れ冒険国内・海外旅行、香港駐在生活、生活に役立つグッズや情報などを発信しています!
詳しいプロフィールはこちら

もう疲れた…。

旅行に行ってリフレッシュしたい…。

笹好きパンダ

生後8ヶ月の赤ちゃんを連れた旅行なんて、離乳食やミルクのことを考えるだけで大変!

本当に楽に行けるの?

子育て17年、一番上の子供と当時住んでいた神奈川県から三重県の伊勢神宮へ初めて遠出をしたのは、お座りができるようになった生後8ヶ月の頃。

毎日ミルク、お散歩、離乳食作り、オムツ替え、入浴の繰り返しの日々に…。

 

たまには母親業も休みた〜い!

 

と、思う気持ちが日に日に強くなり、旅行に行くことになりました。

 

思い切って旅行してよかったですよ。

satoko

生後8ヶ月の赤ちゃんとの旅行は準備が大変です。

でも、この記事を読めば、生後8ヶ月の赤ちゃんとでも楽に旅行にいけます。

赤ちゃんとの旅行を考えている方は、ぜひ参考にしてくださいね。

スポンサーリンク

生後8ヶ月の赤ちゃんとの旅行は悩みが多い!

生後8ヶ月の赤ちゃんと旅行に行こうと考えると本当に大変ですよね。

それは、生後8ヶ月の赤ちゃんの生活リズムを考えて、その生活に必要なものを持参していかないといけないからです。

(例)生後8ヶ月の生活リズム

6:30 起床

7:00 離乳食①、授乳①

10:00 お散歩

11:00 お昼寝

13:00 離乳食②、授乳②

14:00 昼寝

16:00 遊び

17:00 授乳③

19:00 お風呂、授乳④

20:00 就寝

生後8ヶ月の赤ちゃんは、大人と同じ食べ物を食べることができないので、

  • 離乳食は一日2回
  • 授乳は一日4〜5回

必要です。

また、オムツをしているので

  • オムツ替えは、一日に5〜7回

必要になります。

 

つまり、生後8ヶ月の一泊二日の旅行に行くだけでも、

  • 離乳食
  • 授乳がミルクなら、ミルクセットの準備
  • 替えのオムツ

を最低限準備して、着替えや離乳食用の食器なども用意しないといけません。

考えるだけで気持ちが萎えそう…

satoko

それに加えて人見知りや夜泣き。

旅行に行きたくても、悩みは尽きません。

 

生後8ヶ月の赤ちゃんと旅行の移動方法は?

レンタカーの写真
でも、生後8ヶ月の赤ちゃんは生活リズムが安定してくるので、お父さん、お母さんも赤ちゃんとちょっと遠出をしようかという気持ちになれる頃。

たとえ荷物が多くなっても、人見知りや夜泣きをしても、少し勇気を出して遠出してみるといいですよ。

satoko

 

8ヶ月の赤ちゃんとの旅行では、車が楽で便利です。

理由は、

  • 荷物がたくさん運べる
  • 赤ちゃんが泣いても周囲に気兼ねしない
  • 急な天候の変化や体調不良にも対応できる

ことが挙げられます。

車の免許はあるけれど、家に車がないというご家庭もあります。

そのような場合は、レンタカーをおすすめしますよ。

 

8ヶ月の赤ちゃんとの旅行の行き先は?

8ヶ月の赤ちゃんとの旅行の行き先は、赤ちゃんが疲れない場所に行くといいですよ。

  • 自然が豊か
  • 空気が綺麗

この二つの条件がそろった場所なら、親子とも安心ですよね。

生後8ヶ月の赤ちゃんと楽に旅行するポイント

8ヶ月の赤ちゃんとの旅行アイキャッチ画像

ここでは、生後8ヶ月の赤ちゃんと楽に旅行するときのポイントを紹介します。

計画を入れすぎない

生後8ヶ月の赤ちゃんとの旅行では、計画がないくらいゆっくりとしたペースが成功の秘訣です。

特にお父さん、お母さんは、久しぶりの赤ちゃんとの旅行に気分がワクワクして、

  • ここに行きたい!
  • あそこにも行きたい!

と無意識に計画を立ててしまいがちです。

赤ちゃんと旅行をするときは、計画を詰め過ぎないことが大切ですよ。

 

赤ちゃんの生活リズムを崩さない

ビーチで遊ぶ赤ちゃんの写真

赤ちゃんと旅行をするときに気をつけたいこと。

それは赤ちゃんの生活リズムを旅行先でもできるだけ変えないということです。

  • 起床時間
  • お散歩の時間
  • 授乳時間
  • 離乳食の時間
  • お昼寝の時間
  • 就寝時間

など、家にいるときと同じように過ごせば、赤ちゃんの体調管理も上手くいきます。

赤ちゃんの生活リズムを考慮しながら、旅行の計画を立てると良いですよ。

 

休憩する場所を事前に調べる

赤ちゃんと車で旅行する場合は、途中で休憩する場所を調べておくことをおすすめします。

お天気が良ければ、公園をお散歩したり、離乳食やミルクの時間にすることも可能です。

レジャーシートを持参すれば、屋外でのオムツ替えにも便利ですよ。

 

新しいおもちゃを準備する

旅行するときに、赤ちゃんが遊べる新しいおもちゃを準備すると良いですよ。

新しいおもちゃがあると赤ちゃんもご機嫌です。


ボタンを押すと音楽が流れる本は、赤ちゃんの退屈しのぎに大変役立ちます。

簡単な操作なので、一冊あると役立ちますよ♫。

 

バスタオルを一枚準備する

  • 赤ちゃんが車の中で眠ってしまった
  • 車の中で授乳をしたい

そんなときは、バスタオルが一枚あると毛布代わりに使えます。

薄手のもので構いません。

あると便利です。

お昼寝の時間に移動する

運転している写真

赤ちゃんは車の中で座っているだけでは退屈してしまいます。

赤ちゃんと車で旅行するときは、連続して長時間の運転はおすすめできません。

2時間に一度、休憩すると大人も赤ちゃんもリフレッシュできます。

赤ちゃんのお昼寝の時間を見計らって移動するといいですよ。

 

8ヶ月の赤ちゃんとの旅行ではどんな宿泊施設を選ぶと良い?

8ヶ月の赤ちゃんとの旅行で宿泊施設を選ぶポイントは以下の4点です。

  • 赤ちゃんグッズの無料レンタルやオムツサービスなどの特典がある
  • 宿泊施設にレストランがある
  • 畳のお部屋、もしくは、ベビーベッドがあるお部屋
  • お風呂付のお部屋がある

それぞれのポイントについてみていきます。

赤ちゃんグッズの無料レンタルやオムツサービスなどの特典がある

生後8ヶ月の赤ちゃんとの旅行は、荷物が大変多くなります。

赤ちゃんグッズの無料レンタルやオムツサービスを提供している宿泊施設を利用すれば、お父さん、お母さんが旅行の準備する負担も減りますよ。

》》赤ちゃん連れおすすめプランをるるぶでチェック

宿泊施設にレストランがある

8ヶ月の赤ちゃんの生活リズムでは、大人の食事時間に就寝している場合があります。

宿泊施設にレストランがあれば、赤ちゃんが寝ていても、お父さん、お母さんが交代で楽に食事に行けます。

部屋食は赤ちゃんを起こしてしまう場合があるので、生後8ヶ月の頃はあまりおすすめできません。

 

畳のお部屋、もしくは、ベビーベッドがあるお部屋

生後8ヶ月の赤ちゃんは、ハイハイをしたりお座りができるようになります。

畳のお部屋なら自由にのびのびとハイハイできるので喜びますよ。

 

お風呂付のお部屋がある

お部屋にお風呂かシャワーがあれば、赤ちゃんのお風呂の世話も楽にできます。

家族風呂があるところもおすすめです。

 

まとめ

いかがでしたか?

『生後8ヶ月の赤ちゃんとの旅行をできるだけ楽にする方法!』をお伝えしました。

生後8ヶ月の赤ちゃんとの旅行は、離乳食、ミルク、オムツ、着替えなどの持ち物が多くて大変です。

でも、車を利用して赤ちゃんの生活リズムを崩さないようにすれば、楽に旅行できます。

  • 赤ちゃんグッズの無料レンタルやオムツサービスなどの特典がある
  • 宿泊施設にレストランがある
  • 畳のお部屋、もしくは、ベビーベッドがあるお部屋
  • お風呂付のお部屋がある

まずは上記の4点を満たす旅館やホテルを探してみましょう。
》》赤ちゃん連れおすすめプランをるるぶでチェック

赤ちゃん連れに優しいホテル・旅館ならお父さん、お母さんも安心して宿泊できますよ♫。

この記事で、生後8ヶ月の赤ちゃんを連れた旅行が少しでも楽になればうれしいです!

生後8ヶ月の赤ちゃんを連れた旅行のとき、吹きっさらしの公園でオムツを替えた日が懐かしいなぁ♫。

 

この記事を書いている人 - WRITER -
はじめまして!Satokoです。 子連れアドベンチャー旅行専門家。 北はアラスカから南はオーストリア・カンガルー島まで、アジアを中心に子連れで14ヶ国訪問済。 自然豊かな場所での生活を夢み神奈川から群馬へ引っ越したものの、主人の転勤で大都会の香港へ。右往左往の子連れ香港駐在生活を4年3ヶ月送り、2018年3月、日本に帰国。現在、群馬県在住。 子連れ冒険国内・海外旅行、香港駐在生活、生活に役立つグッズや情報などを発信しています!
詳しいプロフィールはこちら

Copyright© アドベンチャー家族旅行 , 2019 All Rights Reserved.