子連れ冒険国内・海外旅行、香港駐在生活、長野県の発酵・加工食品、生活に役立つ情報などを発信します!

【京都の銭湯】暑い夏も気分さっぱり!西陣の船岡温泉おすすめ!

WRITER
 
銭湯アイキャッチ画像
この記事を書いている人 - WRITER -
はじめまして!Satokoです。 子連れアドベンチャー旅行専門家。 北はアラスカから南はオーストリア・カンガルー島まで、アジアを中心に子連れで14ヶ国訪問済。 自然豊かな場所での生活を夢み神奈川から群馬へ引っ越したものの、主人の転勤で大都会の香港へ。右往左往の子連れ香港駐在生活を4年3ヶ月送り、2018年3月、日本に帰国。現在、群馬県在住。 子連れ冒険国内・海外旅行、香港駐在生活、生活に役立つグッズや情報などを発信しています!
詳しいプロフィールはこちら

こんにちは〜。Satokoです。

 

夏休みに家族で京都を観光しようと思っているあなた。

 

京都の銭湯に行ったことはありますか?

 

京都の街を観光したいけれど、

  • 暑いから外に出て歩きたくない
  • 観光地の人混みに行きたくない
  • 夏休みだからゆっくりしたい

という気持ちもありますよね。

 

今年の夏のように、外の気温が38〜40度近くになったら、正直観光どころでありません。

 

でも、そんなあなたに、京都らしい場所に身を置きながらゆっくりできる京都の銭湯をおすすめします。

 

この記事を読んだら、夏でも京都の銭湯に行ってみたいと思いますよ。

スポンサーリンク

なぜ京都で銭湯?

銭湯の写真

夏休みに京都に行くのを決めて、京都の街をグーグルマップで眺めていたら、ところどころに銭湯があることに気づきました。

 

子供を連れて気温38度の度の京都を歩いて観光するのは無理があるなぁと思っていたので「宿泊先の近所の銭湯でのんびりもいいかも」と思ったのです。

 

スポンサーリンク

京都極楽銭湯案内

そこで京都の銭湯について調べていたら、面白そうなガイドブックがありました。

著者、林 宏樹さんは、東京の銭湯で見掛けた富士山のペンキ絵が京都にはないのかという疑問をきっかけに京都市内の銭湯巡りをはじめました。

 

この本は著者が実際に入浴し魅力的と感じた京都の銭湯を50数軒選んで紹介した一冊。

 

なんと、紹介しきれない京都の銭湯がまだ200近くあるとか(2004年)。

 

驚きでした!

 

本の中で著者は、京都の銭湯の魅力について、次のように紹介しています。

京都で銭湯と聞いて、意外な感じを受ける方も多いでしょう。でも京都の銭湯って、個性的でとっても味わい深く、捨てたものじゃないんです。コーヒー一杯ほどの値段で、こんなに京都を満喫できる場所はありません。常連さんに交じって、ネイティブな京都弁を聞きながらひと風呂浴びれば、もう気分は京都人。周りの街もあわせて楽しめるようになれば、京都をぐっと身近に感じられるようになるでしょう。

出典 :『京都極楽銭湯案内』P6 京都極楽銭湯へのご招待より

 

京都と言えば神社仏閣が観光の中心と思っていたので『銭湯』とはちょっと意外ですよね。

 

銭湯だから、男湯と女湯があって、風呂上がりの牛乳とイメージしていたのですが、これがまた大間違い。

 

本の中で紹介されている銭湯は、

  • 大正末期に建てられた料理旅館の銭湯
  • 色とりどりのインコが飛ぶ銭湯。
  • 伏見の名水を使った銭湯
  • 冷凍サウナのある銭湯

等、聴いたこと、みたこともない銭湯が文章と写真で詳しく紹介されています。

 

京都市内の53軒の銭湯の場所が一目でわかる京都極楽銭湯MAPもついているので、宿泊先最寄りの銭湯も探しやすいです。

 

場所によってはすでに廃業しているところもあるので注意が必要ですよ。

 

スポンサーリンク

船岡温泉とは

船岡温泉の写真

この本を参考に日本を代表する銭湯と言われる船岡温泉に行ってみることにしました。

 

船岡温泉について、本書では次のように説明されています。

船岡温泉の歴史は、大正12年初代大野松之助さんが料理旅館「船岡楼」として創業したことに始まる。お風呂も楽しめる料理旅館として、西陣の旦那衆に親しまれていたようだ。戦後、公衆浴場となり、現在ではご主人大野義男さんが、文化庁登録有形文化財になった建物を家族で守る。

出典 :『京都極楽銭湯案内』

この本が出版されたのは2004年。

 

現在のご主人は5代目創業者と同じ名前の大野松之助さんに変わっています。

 

銭湯なのに、文化庁登録有形文化財というところが京都らしいですよね。

 

彫り物とマジョリカタイルが見どころ!

脱衣場入り口の写真

入り口で料金を払って脱衣場にいきます。

 

脱衣場の中で写真を撮ることはできませんでしたが、とても重厚感がありました。

 

脱衣場の特徴
  • 脱衣場には漆塗りの鞍馬天狗と牛若丸をモチーフにした彫刻が天井にあり
  • 男湯と女湯を仕切る欄間には上海事変や鶴・亀・松などのおめでたい透し彫りもあり

浴室には一面に色鮮やかなマジョリカタイル(大正から昭和初期に出回っていたタイル)が貼りめぐらされています。

 

脱衣場だけでもこんなに豪華で、レトロな雰囲気がたっぷり満喫できるんです。

 

電気風呂で刺激的体験!

さて、子供と一緒に浴室へ。

船岡温泉のお風呂7種類!
  1. 泡風呂
  2. 薬風呂
  3. 高温深風呂
  4. エスティジェットバス
  5. 水風呂
  6. 電気風呂
  7. 露天風呂

スーパー銭湯でないのに、こんなたくさんの種類のお風呂に入れるなんて驚きです。

 

お風呂の中で一番、インパクトがあったのが電気風呂。

satoko

 

電気風呂の横に「心臓の弱い方は入らないでください」との注意書きがありました。

 

まさか電気ショックのお風呂?

satoko

 

恐る恐る足を入れると、ピリピリピリっと足に電流が流れます。

 

しびれを我慢しながら、腰まで浸かってお風呂の外についている金属性の手すりに触ったら、パチっと手に静電気。

 

さらに驚いたことに、手首にはめていた脱衣所のロッカーの鍵まで電気を帯びて、鍵が手すりに触れただけでパチっとまた静電気。

 

心臓までは浸かる気にはなりませんでした笑。

satoko

 

船岡温泉の電気風呂は低周波の治療器をヒントに2代目ご主人大野伍一郎さんが通産省に何度も赴き、昭和8年日本で最初に認可されたそうです。

 

それ以来、京都に電気風呂が広まったそうですよ。

 

子供は赤い色をした薬風呂のお湯を何度も手ですくってみたり、ほてった身体を冷ます水風呂を好んでいました。

 

7種類のお風呂にお客さんが4人。

 

家庭のお風呂とは違って、広々のんびりできます。

 

電気風呂も体験でき、贅沢な京都の銭湯体験ができます。

 

お風呂上がりは、冷やしあめ!

銭湯からあがったら、フロント横で販売している飲み物でちょっと一息。

 

関東地区では見かけないドリンクを発見!

冷やしあめ写真

 

フロントのご主人に伺うと「『冷やしあめ』といって、溶かしたアメの中に生姜が入った甘い飲み物です」と丁寧に教えていただきました。

 

一本70円という値段も嬉しいので、試してみたら、夏に元気が出そうなほんのり甘い生姜ジュースで、美味しくてもう一本買ってしまいました。

 

京都の銭湯でお風呂上がりにはぜひ『冷やしあめ』を飲んでみてくださいね。

 

船岡温泉のご案内

営業時間:15:00〜25:00   日曜日は8:00〜営業 

定休日:無休

入浴料金(京都府浴場組合全て共通)

大人(中学生以上)430円、中人(小学生)150円、小人(乳幼児)60円
大人用10枚綴り回数券4100円。
毎月26日はふろの日で大人は優良、子供は3人まで無料です!

 

スポンサーリンク

まとめ

いかがでしたか?

 

京都の銭湯に興味を持っていただけたでしょうか?

 

今回は、日本を代表する銭湯『船岡温泉』を紹介しましたが、京都の街には魅力的な銭湯がまだまだたくさんあります。

 

銭湯では、浴室や脱衣所で地元の人たちと話ができ、地元の人たちの生活を知るチャンスもあります。

 

暑い夏、神社仏閣以外の京都の魅力を探しにひと汗流しに行ってみませんか?

 

こちらの京都の銭湯のホームページはエリアから銭湯を探すことができるので、大変便利です。

 

きっと京都の銭湯の奥深さを知るきっかけになりますよ。

satoko

 

最後に、京都の銭湯に興味を持ったあなたにもう一冊本を紹介します。

著者・大武千明さんおすすめの京都の銭湯17選の間取り、内観、お風呂、近隣マップが楽しいイラストで紹介されています。

 

電気風呂がある銭湯もいくつか載っていますので、ぜひ参考にしてくださいね。

 

京都で銭湯巡りしてみたいなぁ。

 

この記事を書いている人 - WRITER -
はじめまして!Satokoです。 子連れアドベンチャー旅行専門家。 北はアラスカから南はオーストリア・カンガルー島まで、アジアを中心に子連れで14ヶ国訪問済。 自然豊かな場所での生活を夢み神奈川から群馬へ引っ越したものの、主人の転勤で大都会の香港へ。右往左往の子連れ香港駐在生活を4年3ヶ月送り、2018年3月、日本に帰国。現在、群馬県在住。 子連れ冒険国内・海外旅行、香港駐在生活、生活に役立つグッズや情報などを発信しています!
詳しいプロフィールはこちら

Copyright© アドベンチャー家族旅行 , 2018 All Rights Reserved.