子連れ冒険国内・海外旅行、香港駐在生活、長野県の発酵・加工食品、生活に役立つ情報などを発信します!

香港インスタ映えMTR西営盤駅でアート鑑賞はいかが?

WRITER
 
西営盤駅名アイキャッチ画像
この記事を書いている人 - WRITER -
はじめまして!Satokoです。 子連れアドベンチャー旅行専門家。 北はアラスカから南はオーストリア・カンガルー島まで、アジアを中心に子連れで14ヶ国訪問済。 自然豊かな場所での生活を夢み神奈川から群馬へ引っ越したものの、主人の転勤で大都会の香港へ。右往左往の子連れ香港駐在生活を4年3ヶ月送り、2018年3月、日本に帰国。現在、群馬県在住。 子連れ冒険国内・海外旅行、香港駐在悩み、生活に役立つグッズや情報などを発信していきます!
詳しいプロフィールはこちら
スポンサーリンク

こんにちは〜。Satokoです。

香港を観光するなら香港らしい写真を撮ってみたい!

インスタ映えするようなスポットならさらによし!

と思いませんか。

 

香港でインスタ映えスポットとして、有名なのは、オールド・タウン・セントラル地区にあるカラフルなタウンハウスの絵。

 

これから日に日に蒸し暑さを増していく香港。

5月から10月にかけての香港は、日中外歩きをするのは日差しが強烈で暑くて大変です。

 

それで、屋外のインスタ映えスポットで写真を撮るのももちろん良いのですが、

私のオススメはエアコンの効いた室内!

MTRの駅構内です。

なので暑くありません。

天候にも左右されません。

 

MTRの駅にインスタスポットなんてあったかな……???

 

あります!

アート作品を鑑賞しながら、香港らしい写真がとれる駅があります。

 

今日は香港の鉄道会社MTRのアートへの取り組みとインスタ映え駅について紹介しましょう。

 

MTRがアート作品に力を入れています

 

MTRのアートマップ

出典:MTR-artmap

 

香港全域の鉄道路線を運営しているMTR。

この会社は質の高い芸術作品をMTRのアートプログラムの一環として駅構内に展示しています。

1998年に香港国際空港と香港島を結ぶエアポートエクスプレスと東涌線が開通した際、エアポートエクスプレス アートワーク プログラムが導入され、彫刻、天井から吊り下げた飾り、モザイク画まで、目を引く国内外の作品が駅構内に飾られるようになりました。

地元香港の作品だけでなく、オーストラリア、中国、日本、マレーシア、ニュージーランド、韓国、台湾、英国、米国まで、現在73の作品が香港のさまざまな駅に展示されています。

駅を移動の場所としてだけでなく、利用者にも空間を楽しんでもらいたいMTR側の配慮が感じられますね。

 

インスタ映えには西営盤(Sai Ying Pun)駅

西営盤(サイインプン)の駅は、2015年3月に開業した比較的新しい駅です。

地上から地下までなんと50mも差があり出口の南北の高低差がある駅で有名。

イギリス統治下時代の歴史的建造物が多く見られる場所です。

 

西営盤駅の場所

地下鉄マップ

ブルーの港島線(Island Line)、中環(Central)駅より西へ二つ目が西営盤(Sai Ying Pun)駅。

 

インスタスポットの行き方

西営盤のコンコース写真

西営盤(Sai Ying Pun)駅のアートスポットは、主に駅の改札を出たB出口とC出口方面に集まっています。

 

オールド香港が撮影できます!

 

ホーム階段近くの作品

出典:『Our Memories of the Western District-Sai Ying Pun』

地下鉄の駅から改札へ向かう階段途中にあります。

電車を降りてすぐアート作品が鑑賞できるのが西営盤駅の魅力ですね。

 

 

昔の町の風景写真

出典:『Street Scenes of Sai Ying Pun』

 

B1,B2出入り口に向かう駅のコンコースにあります。

450枚以上のモノクロ写真を合わせて作られています。

西営盤の町の様子が写真一枚一枚から感じられます。

 

 

 

白黒写真の作品

出典:『Street Scenes of Sai Ying Pun』

 

古い町並みの写真がこのようにたくさん重ねられてコンコースに展示されています。

 

 

 

カラフルな壁の作品

出典:Louise Soloway Chan『Inside, Outside-North,South,East,West』

 

B1,B2出入り口に向かう駅のエレベーター乗り場近くに展示されています。

西営盤の町並みの活気を6枚の浮き彫りにした彫刻で表現しています。東西南北の主要な通り沿いを眺めながら、

春は旧正月、夏は台風の後、秋は中秋の名月、冬は暖かい服装をした歩行者たちが描かれて、春夏秋冬と季節の移り変わりを感じられるような構成になっています。

 

 

 

食堂と美容院の絵

出典:Louise Soloway Chan『Inside, Outside-North,South,East,West』

これらの絵の前で写真を撮れば、お気に入りの一枚になりますね。

 

 

コンコース両サイドの作品

B出口に向かうコンコースには、このように鮮やかで生き生きとした西営盤の人たちの日常を描いた作品が展示されています。

駅の構内もあまり混雑していないのでゆっくり鑑賞することができます。

 

 

 

街の人の様子を描いた作品

出典:Louise Soloway Chan『Inside, Outside-To and Fro』

 

B1,B2出入り口に向かう駅のエレベーター乗り場近くに展示されています。

白黒の絵ですが、人々の表情が明るく見ているだけで幸せになれる一枚。

 

 

エレベーターの写真

なんと、B1,B2出口に向かうエレベーターの中にも作品が展示されています。

駅のコンコースがさながら美術館のようです。

 

 

 

地元の学生たちの作った作品

出典:『Western Street Heritage』

C出口へ向かうエレベータ近くに展示されています。

地元の学生さんたちが撮影し共同で作った作品。

カメラのフィルムをつなぎ合わせて拡大して作ってあります。

 

まとめ

いかがでしたか?

西営盤の駅のアートは周囲に香港仕様の賑やかな広告が掲載されていないので、落ち着いた雰囲気の中、作品を鑑賞できます。

絵を観ても、写真を撮っても、香港らしさが感じられる場所です。

MTRに乗った際、ぜひ一度、西営盤の駅のアート鑑賞に立ち寄ってオールド香港を感じ取っていただけたら幸いです。

 

以上、『香港インスタ映えMTR西営盤駅でアート鑑賞はいかが?』でした。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

 

 

スポンサーリンク
この記事を書いている人 - WRITER -
はじめまして!Satokoです。 子連れアドベンチャー旅行専門家。 北はアラスカから南はオーストリア・カンガルー島まで、アジアを中心に子連れで14ヶ国訪問済。 自然豊かな場所での生活を夢み神奈川から群馬へ引っ越したものの、主人の転勤で大都会の香港へ。右往左往の子連れ香港駐在生活を4年3ヶ月送り、2018年3月、日本に帰国。現在、群馬県在住。 子連れ冒険国内・海外旅行、香港駐在悩み、生活に役立つグッズや情報などを発信していきます!
詳しいプロフィールはこちら

Copyright© アドベンチャー家族旅行 , 2018 All Rights Reserved.