子連れ冒険国内・海外旅行、香港駐在生活、長野県の発酵・加工食品、生活に役立つ情報などを発信します!

山梨で赤ちゃんから小学生に優しい宿!キッズペンションめーぷるおすすめ

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
はじめまして!Satokoです。 子連れアドベンチャー旅行専門家。 北はアラスカから南はオーストリア・カンガルー島まで、アジアを中心に子連れで14ヶ国訪問済。 自然豊かな場所での生活を夢み神奈川から群馬へ引っ越したものの、主人の転勤で大都会の香港へ。右往左往の子連れ香港駐在生活を4年3ヶ月送り、2018年3月、日本に帰国。現在、群馬県在住。 子連れ冒険国内・海外旅行、香港駐在生活、生活に役立つグッズや情報などを発信しています!
詳しいプロフィールはこちら

赤ちゃんが生まれて『どこかに旅行に行こう』と考えたことはありますか。

夫婦だけの頃は『海へ山へ』と出かけていましたが、子供が生まれるとそう簡単に外出できませんよね。

 

長男が生まれて3ヶ月経った頃、初めて一泊二日の温泉旅行に行きました。

初めて子供が生まれると、夫婦共、慣れない育児に肉体的にも精神的にも大変ですよね。

そんな時こそ、近場の温泉に行って一泊するのをお勧めします。

 

何も高級な温泉旅館である必要はありません。

旅館は、お風呂付きの畳の部屋で、食事が部屋出しであると親子ともリラックスできますよ。

赤ちゃんをお布団の上で寝かせたまま、夫婦でゆっくり食事ができ、部屋に備え付けのお風呂に赤ちゃんを入れてあげることもできます。

夫婦で交代して温泉につかり、栄養をつけて、リフレッシュできます。

食事の後片付けや掃除をする必要もないので助かりますよね。

 

離乳食を食べ始める頃の赤ちゃんを連れて旅行に行こうと考えると、また別の心配事が出てきます。

例えば『赤ちゃんの食事をどうしようかな』とか『赤ちゃんが泣いたら、宿泊客に迷惑かけるのでどうしようかな』。

あるいは『おもちゃがないと退屈してしまうかな』など。

心配事は尽きません。

 

旅行の計画を立てて、いざ準備となると、荷物の準備がまた大変ですよね。

長男を連れて初めて一泊二日の旅に行った時は、赤ちゃん用の布団、オムツ、湯沸かしポットなどを持参して『赤ちゃん連れの旅行は荷物が多い』という印象を受けた記憶があります。

 

赤ちゃん連れのご家族におすすめしたい宿泊施設

山梨県の清里にある『キッズペンションめーぷる』です。以前は「赤ちゃんペンションめーぷる」という名前でした。

友達夫婦の結婚式が清里で行われた時に、友達から紹介されての宿泊でした。

当時、長男は1歳半。離乳食は終わったものの、大人と同じ食事はちょっと難しいという時期でした。

しかし『キッズペンションめーぷる』では、子供が食べやすい味付けと量の子供用の食事が出されます。

プレイルームに室内用の遊具や絵本があるで、お子さんも飽きることなく遊べます。

お子さんが機嫌よく過ごしてくれると親も助かりますよね。

このペンションの良いところは、赤ちゃんの月齢に合わせた離乳食があり(ただし5ヶ月以降)、和室もあります。家族風呂があり、家族で入浴もできました。

赤ちゃん連れに優しい宿なので、持参する荷物の量も少なくなり、親にとってはありがたいことばかり。

『キッズペンションめーぷる』の宿泊客は、ほとんど赤ちゃんや子供連れなので子供がちょっとぐらい騒いでも心配無用です。

》》キッズペンションめーぷるの宿泊をチェック

清々しい空気と緑に囲まれた広大なお庭があり、赤ちゃん連れもリラックスできるペンションです!。

この記事を書いている人 - WRITER -
はじめまして!Satokoです。 子連れアドベンチャー旅行専門家。 北はアラスカから南はオーストリア・カンガルー島まで、アジアを中心に子連れで14ヶ国訪問済。 自然豊かな場所での生活を夢み神奈川から群馬へ引っ越したものの、主人の転勤で大都会の香港へ。右往左往の子連れ香港駐在生活を4年3ヶ月送り、2018年3月、日本に帰国。現在、群馬県在住。 子連れ冒険国内・海外旅行、香港駐在生活、生活に役立つグッズや情報などを発信しています!
詳しいプロフィールはこちら

Copyright© アドベンチャー家族旅行 , 2017 All Rights Reserved.