子連れ冒険国内・海外旅行、香港駐在生活、長野県の発酵・加工食品、生活に役立つ情報などを発信します!

【カダケス・ダリの家美術館】天才画家ダリの卵の家の見学おすすめ!

WRITER
 
ダリの家美術館アイキャッチ画像
この記事を書いている人 - WRITER -
はじめまして!Satokoです。 子連れアドベンチャー旅行専門家。 北はアラスカから南はオーストリア・カンガルー島まで、アジアを中心に子連れで14ヶ国訪問済。 自然豊かな場所での生活を夢み神奈川から群馬へ引っ越したものの、主人の転勤で大都会の香港へ。右往左往の子連れ香港駐在生活を4年3ヶ月送り、2018年3月、日本に帰国。現在、群馬県在住。 子連れ冒険国内・海外旅行、香港駐在生活、生活に役立つグッズや情報などを発信しています!
詳しいプロフィールはこちら

芸術に興味のない子供を連れてフィゲラスの『ダリ劇場美術館』を観光した後、カダケスの『ダリの家美術館』へ行ってきました。

ダリ劇場美術館でダリのちょっと変わった絵画の世界を知った子供たちは『ダリの家美術館』に興味津々。

今回は、子供も楽しい『ダリの家美術館』について紹介します!

スポンサーリンク

カダケスってどんなところ?


スペインの最東端クレウス岬半島近郊の湾に位置するカダケス。

カダケスには、青い海、ビーチ、オレンジ色の屋根と白亜の家、細い通りと教会が似合う町です。

スペインの画家・サルバドールダリの作品『ポルト・アルグエル』は、カダケスの港と町のサンタ・マリア教会が描かれ、町のシンボルにもなっています。

ダリが所有する別荘があり、ダリを求めてピカソ、フェデリコ・ガルシア・ロルカ、ルイス・ブニュエルなどヨーロッパの多くの芸術家を引きつける土地となりました。

現在では、バカンスを楽しむため、ヨーロッパから多くの観光客が訪れる場所となっています。

 

スポンサーリンク

ダリの家美術館とは?

ダリの家美術館アイキャッチ画像

カタルーニャ・フィゲラス出身の画家サルバドール・ダリが、彼の妻・ガラと過ごした自宅兼アトリエが美術館となって公開されています。

屋根の上にある大きな卵のオブジェがひときわ目立つので『卵の家』とも呼ばれています。

ダリはガラと暮らすために、カダケスのポルトリガトにある朽ち果てた漁師小屋を買い、40年の歳月をかけて増築していきました。その家はガラが亡くなる1982年まで自宅として使われていました。

現在、ダリの家美術館では、ダリの家の書斎、アトリエ、寝室、中庭などが見学できるようになっています。

スポンサーリンク

ダリの家美術館の見学の注意点

ダリの家美術館の見学で注意することが2つあります。

チケットは事前予約しましょう!

ダリの家美術館の見学にはチケットが必要です。

事前に公式サイトを利用して、日時を指定し予約をしておきましょう。

公式サイト:Salvador Dali House

荷物は預けましょう!

美術館のセキュリティ上、リュックサック、バッグ、カサ、ベビーカーなどは預けることになっています。

荷物の預け入れは無料ですが、ロッカー代に1ユーロかかります。

ロッカー代は返金されます。

予約30分前に到着しましょう!

ダリの家美術館を見学の受付は予定開始時刻の30分前です。

現地の窓口で受付を済ませましょう。

 

ダリの家美術館は小さいので、一度に見学できる人数も10名と限られています。

美術館はガイドさんと一緒に行動します。

スペイン語と英語のガイドが選べます。

 

受付が終わったら、自分の順番が呼ばれるまで、卵の家の玄関近くで待ちましょう。

人気のある美術館なので、見学の予定時刻に遅れないことが大切です。

 

ダリの家を見学してみました

子供と一緒にダリの家を見学してみました。

ダリの家を見て回った感想は、

  • 大豪邸
  • 普通の人が暮らしたら、落ち着かないインテリア
  • ポルトリガトの絶景が素晴らしい

以上の3点でした!

ダリの私生活がわかる美術館です。

実際にどんな家か、これからお伝えします。


入り口玄関を入るといきなり大きな白くま像がお出迎えをしてくれます!

もし、知人の家の玄関に白くまが立っていたら、どう思いますか?

びっくりしますよね〜。

 

書斎の写真

その脇の階段を上がりダリの書斎に入るとたくさんの本が並んでいます。

これは全て飾りもので、本の形をした箱でした笑。

不思議な画家ですね〜。

 

テラスの写真

テラスの壁の隙間から見えるポルトリガトの景色が一枚の絵になっているように見えます。

センスがあります。

 

アトリエの写真

アトリエには、和傘が飾られていました。

 

窓から見たポルトリガトの写真

窓からポルトリガトの海が見えます。

時計の曲がった絵の写真

この絵はフィゲラスのダリ劇場美術館に飾られている絵ですが、アトリエから眺める風景はこの絵の背景にも描かれています。

有名な作品が生まれた場所を見学できるなんて、素晴らしいですよね。

 

ダリとガラの寝室の写真

ダリとガラの寝室もありました。

色合いがとっても奇抜で、落ち着いて眠れない気がします…。

 

庭に出てみると一面にはオリーブの木が生い茂り、ポルトリガトの海の風景が一望できました。

ポルトリガトの海の景色写真

高台から、青い空、海に浮かぶヨットの風景はずーと眺めていても飽きません。

こんな景色が庭から眺められるなんてうらやましいです。

ただし、ここはとっても日差しが強いです。

 

サングラスは必須です。

 

ダリの家は丘陵に立っているので、歩きやすい靴を履いていくといいですよ。

 

スポンサーリンク

ダリの家美術館の行き方は?


バルセロナからポルトリガトのダリの家美術館までの、車、列車、バスを利用した場合のアクセス方法を以下に簡単にまとめてみました。

バルセロナから車で行く場合


1番のおすすめは車です。

レンタカーならバルセロナからダリの家美術館まで約2時間20分です。

バルセロナからバスを利用する場合

バルセロナのバスターミナルEstacio del Nord 8:00発カダケス行きに乗車した場合、10:45にカダケスに到着します。

カダケスからポルトリガトまで徒歩15分。

片道約3時間です。

バルセロナから列車を利用する場合


バルセロナ サンツ駅からフィゲラスまでレンフェ( スペインの国鉄)に乗り、そこからバスまたはタクシーに乗り換え、カダケスに行きます。

カダケスからポルトリガトのダリの家美術館までは、徒歩15分です。

列車、バス、徒歩で所要時間は約3時間です。

 

バルセロナからダリの家美術館に行くためには、公共交通機関を利用すると丸1日がかりで体力を要します。

美術館は基本的に前日までの予約が必要ですが、シーズン中は人気があり予約が難しいことでも知られています。

プライベートのツアーであれば、専用車でダリの家の見学だけでなく、フィゲラスのダリ劇場美術館も見学できるのでとてもお得です。

【プライベートツアー】 ダリ美術館&カダケス&卵の家入場 ダリゆかりの地1日観光のツアーをベルトラでチェック

日本語ガイドもついているので、交通の心配をすることなく、ダリワールドを楽しめますよ。

ぜひ参考にご覧下さい。

まとめ

いかがでしたか?

ダリとガラの過ごしたポルトリガトの家に行ってみたくなりましたか?

ダリの家のあるポルトリガトはリゾート地でもあります。

美術館見学の順番を待つ間、周囲の観光客を観察していましたが、どの観光客も、老若男女問わず、上から下までおしゃれに着飾り『これぞヨーロッパのバカンス!』という雰囲気が感じられる場所でした。

ダリはとてもユニークで奇抜な絵を描く画家なので、子供も見ていて飽きないようです。

カダケス・ポルトリガトは、ヨーロッパリゾートと天才画家の自宅が見学できるおすすめの場所です。

ぜひ、遊びに行ってくださいね!

スペインのリゾート地・コスタブラバを子連れで旅行する方法紹介!の記事も参考までにご覧ください。

この記事を書いている人 - WRITER -
はじめまして!Satokoです。 子連れアドベンチャー旅行専門家。 北はアラスカから南はオーストリア・カンガルー島まで、アジアを中心に子連れで14ヶ国訪問済。 自然豊かな場所での生活を夢み神奈川から群馬へ引っ越したものの、主人の転勤で大都会の香港へ。右往左往の子連れ香港駐在生活を4年3ヶ月送り、2018年3月、日本に帰国。現在、群馬県在住。 子連れ冒険国内・海外旅行、香港駐在生活、生活に役立つグッズや情報などを発信しています!
詳しいプロフィールはこちら

Copyright© アドベンチャー家族旅行 , 2019 All Rights Reserved.