子連れ冒険国内・海外旅行、香港駐在生活、長野県の発酵・加工食品、生活に役立つ情報などを発信します!

赤ちゃんとの旅行はいつから?生後3カ月でも行ける秘訣を教えます!

WRITER
 
赤ちゃんアイキャッチ画像
この記事を書いている人 - WRITER -
はじめまして!Satokoです。 子連れアドベンチャー旅行専門家。 北はアラスカから南はオーストリア・カンガルー島まで、アジアを中心に子連れで14ヶ国訪問済。 自然豊かな場所での生活を夢み神奈川から群馬へ引っ越したものの、主人の転勤で大都会の香港へ。右往左往の子連れ香港駐在生活を4年3ヶ月送り、2018年3月、日本に帰国。現在、群馬県在住。 子連れ冒険国内・海外旅行、香港駐在生活、生活に役立つグッズや情報などを発信しています!
詳しいプロフィールはこちら

赤ちゃんが生まれたら旅行に行きたい!

笹好きパンダ

でも、生まれたばかりの赤ちゃんを連れて本当に旅行にいけるの?

ちょっと疑問ですよね。

子育て17年目、3人の子供の母親が1番上の子供とはじめて旅行に行ったのは、赤ちゃんの首が座った生後3カ月。

 

あっら〜、こんな小さい赤ちゃん見たの初めてだわ!

 

と、食事を部屋に運んできてくれた旅館で働く人の声もありましたが…。

生後3カ月でも大丈夫でしたよ。

satoko

でも、生後3カ月の赤ちゃんとの旅行には、ちょっとした工夫が必要です。

今回の記事を読めば、生後3カ月の赤ちゃんとでも旅行に行けます。

赤ちゃんと旅行を考えている方は、是非参考にしてくださいね。

スポンサーリンク

赤ちゃんとの旅行はいつ頃からいける?

赤ちゃんバギーの写真

赤ちゃんと一緒のはじめての旅行。いつからいけるのか興味がありますよね。

生後1カ月では、

  • 赤ちゃんに免疫力がない
  • 授乳の回数も多く安定しない
  • 母体が回復していない

といった理由から、旅行をすることはあまりおすすめできません。

実際、赤ちゃんが生まれてはじめて分かるのですが、出産後1カ月は旅行に行くことを考える余裕もないほど、慣れない育児に奮闘してる頃。

これが生後3カ月になると、授乳時間も安定して、お母さんの気持ちにも少し余裕が出てくるんですね。はじめての育児でお父さん、お母さんの疲れもピークに達するのがこの頃。

夫婦でお互いをねぎらい慰労会を兼ねて、思い切って赤ちゃんと一泊旅行に行く時期としてちょうどいいんですよ。

スポンサーリンク

旅行先にはどんな場所を選ぶと良い?

親も赤ちゃんもまだお出かけに慣れていないので、自宅からあまり遠くない所要時間1時間以内の場所が理想的です。

近くに温泉がある人は、温泉旅館に行くと良いですよ。

身も心も癒されます!

スポンサーリンク

移動手段は何がおすすめ?

赤ちゃんとの旅行では、車が便利です。

理由は、

  • 荷物がいっぱい積めること
  • 家族だけのプライベートな空間を保て、赤ちゃんにストレスがかからないこと
  • 赤ちゃんが泣いても周囲に気兼ねしなくていいこと

があげられます。

もちろん、電車しか移動手段がないという人もいます。

そのような場合は、

  • 混んでる時間を避けること
  • 移動の負担を減らすため、指定券があれば使ってみる

ということもおすすめです。

スポンサーリンク

どんな宿泊施設を選ぶと良い?

3カ月の赤ちゃんとの旅行で宿泊施設を選ぶポイントは以下の3点をみることをおすすめします。

  • 食事が部屋だし
  • 畳のお部屋、もしくはベビーベッドがあるお部屋
  • 風呂付のお部屋

生後3カ月の赤ちゃんの平均睡眠時間は1日、14〜15時間といわれています。赤ちゃんと一緒の旅行では、赤ちゃんが寝るための良い環境を作ってあげることが何よりも大切です。

上記の3点を満たした旅館やホテルを選ぶと良いでしょう。

それぞれのポイントについてみていきます!

食事が部屋だし

食事が部屋だしであれば、食事のために寝ている赤ちゃんを起こして連れて行く必要もありません。赤ちゃんを横目に、夫婦でゆっくりと部屋で食事をしながら会話ができます。

普段、赤ちゃんがいると何を食べているか覚えてないくらい忙しいですよね。

こんな時こそ、食事の部屋だしやルームサービスを使って、美味しいものを食べながらお互いをねぎらうと良いですよ。

畳のお部屋、もしくはベビーベッドがある

赤ちゃんを安心して寝させられる空間があれば、親も気疲れしません。

風呂付のお部屋

室内に浴槽があれぱ、赤ちゃんをお風呂に入れてあげることができ、お風呂上がりの着替えも楽にできますよ。

 

スポンサーリンク

旅行で準備して良かった1番のものは?

赤ちゃんの布団です。大物の荷物になるのですが、赤ちゃんにいつもと変わらない寝る環境を作ってあげられます。車で旅行に行ける人は準備していくことをおすすめします。

その他、母子手帳、保険証、着替え、必要ならミルクセット一式は必ず忘れないようにしましょう。

宿泊で気をつけることは?

赤ちゃんのイメージ写真

赤ちゃんとの宿泊で気をつけてほしいことが3つあります。

  • 宿泊先に事前に伝えておく
  • 温泉には入れない
  • 無理をしない

宿泊先に赤ちゃん連れということを事前に伝えておく

宿泊先が決まったら、宿泊先へ事前に連絡しておきましょう。

混雑具合にもよりますが、角部屋を準備してくれたり、静かなお部屋を準備してくれる場合があります。

温泉には入れない

温泉宿に宿泊する場合、赤ちゃんを温泉に入れるのは控えましょう。

室内風呂のお湯が温泉でないことを確認しておくと心配もありません。

無理をしない

赤ちゃんとのはじめての旅行は無理をしないことが大切です。

旅行に行って、赤ちゃんが体調を崩してしまったら大変です。宿泊先で食事をするくらいのゆとりあるペースで旅行すると良いですよ。

まとめ

いかがでしたか?

『赤ちゃんとの旅行はいつから?生後3カ月でも行ける秘訣』をお伝えしました。

赤ちゃんとの旅行は、

生後3カ月でも工夫次第で可能です。

  • 食事が部屋だし
  • 畳のお部屋、もしくはベビーベッドがある
  • 部屋風呂付

まずは上記の3点を満たす旅館やホテルを探してみましょう。

自宅から1時間くらいで行ける場所を探し、可能であれば車を利用すること。そうすれば、お父さん、お母さん、赤ちゃんにも負担がかかりません。

夫婦でお互いにいたわりあう時間も大事!

赤ちゃん連れ旅行のホテル・宿を探す

初めて生後三カ月の我が子を連れて箱根の温泉に行った日が懐かしいなぁ♬。

山梨で赤ちゃんから小学生に優しい宿!キッズペンションめーぷるおすすめも参考にどうぞ!

 

この記事を書いている人 - WRITER -
はじめまして!Satokoです。 子連れアドベンチャー旅行専門家。 北はアラスカから南はオーストリア・カンガルー島まで、アジアを中心に子連れで14ヶ国訪問済。 自然豊かな場所での生活を夢み神奈川から群馬へ引っ越したものの、主人の転勤で大都会の香港へ。右往左往の子連れ香港駐在生活を4年3ヶ月送り、2018年3月、日本に帰国。現在、群馬県在住。 子連れ冒険国内・海外旅行、香港駐在生活、生活に役立つグッズや情報などを発信しています!
詳しいプロフィールはこちら

Copyright© アドベンチャー家族旅行 , 2019 All Rights Reserved.