子連れ冒険国内・海外旅行、香港駐在生活、長野県の発酵・加工食品、生活に役立つ情報などを発信します!

2019 夏休みは家族で体験旅行!子供が本当に喜んだ!おすすめ旅行先10選

WRITER
 
夏休みアイキャッチ画像
この記事を書いている人 - WRITER -
はじめまして!Satokoです。 子連れアドベンチャー旅行専門家。 北はアラスカから南はオーストリア・カンガルー島まで、アジアを中心に子連れで14ヶ国訪問済。 自然豊かな場所での生活を夢み神奈川から群馬へ引っ越したものの、主人の転勤で大都会の香港へ。右往左往の子連れ香港駐在生活を4年3ヶ月送り、2018年3月、日本に帰国。現在、群馬県在住。 子連れ冒険国内・海外旅行、香港駐在生活、生活に役立つグッズや情報などを発信しています!
詳しいプロフィールはこちら

子供と過ごす夏休み!。

今年は子供と一緒にどこに行こうかと頭を悩ませているお父さん、お母さん。

子供と一緒にお出かけする情報はたくさんありますが、どこに行けばいいのか探し出すのに一苦労しますよね。子供向けの体験施設にお金を払っても、期待外れだったという経験はありませんか?

そんなお父さん、お母さんに、ぜひ今年の夏の家族旅行にぜひ参考にしてほしい記事を書きました。

これから紹介する子供が夢中になる体験ができるおすすめスポット10選は、実際に我が子と訪れて『ここはおすすめ!』という場所を取り上げてみました。

期待外れのものはありませんよ!

ぜひ、夏休みの旅行計画の参考にしていただけたらうれしいです。

スポンサーリンク

沖縄・西表島 マングローブ体験

マングローブ写真

マングローブって、聞いたことがあるけれど、それなぁに?

子供に大自然を体験をさせたい!

そんなご家族におすすめなのが、西表島のマングローブ体験です。

 

マングローブとは、海水と淡水が混ざり合う場所に生える植物の森のこと。

西表島のマングローブには、熱帯の海岸に生えるヒルギのほか、子供の手のひらサイズもある巨大な『大しじみ』、砂浜の上を集団で移動するカニの『シオマネキ』、あちらこちらを飛び跳ねるハゼの『トントンミー』など、マングローブの生き物を観察するには最高の場所です水辺に足を踏み入れて、潮がどんどんと引いていく不思議な体験もできます。

沖縄の西表島について、興味のある方はこちらの記事も参考にどうぞ!
1歳、2歳の赤ちゃんと沖縄旅行!離島・西表島を楽しむポイント紹介!

西表島の場所

 

スポンサーリンク

広島・しまなみ海道 サイクリング体験

サイクリング写真

子供と一緒にサイクリングがしたい!

そんなご家族には広島県の尾道と愛媛県の今治をつなぐ「しまなみ海道」がおすすめです。

 

瀬戸内海に浮かぶ島々を結び、瀬戸内のゆったりとした景色と雄大な橋が楽しめるサイクリングスポットでアメリカのテレビ局CNNで『世界7大サイクリングロード』の一つとして選ばれてもいます。

しまなみ海道のサイクリングロードの魅力は、家族でも楽しめるように道路が整備されているところ。サイクリングのルートには「ブルーライン」が引かれているので線に従って走るだけで目的地にたどり着きます。全長は70km〜80km。

子供と楽しむならルートを区切ってサイクリングを楽しむのがおすすめです。レンタサイクルは13カ所、乗り捨てはレンタサイクルスポットで自由自在にできます。

おすすめは、生口島にあるレンタサイクルターミナル・瀬戸田町観光案内所で自転車を借りて多々羅大橋で折り返し、戻ってくるルートです。片道約7.5km。往復で15km。道は平坦ですが、広島県と愛媛県を結ぶ世界最大級の多々羅大橋に上がるところが最難関です。しかし、この多々羅大橋にたどり着くと『多々良鳴き龍』というポイントがあって、面白い体験ができます

どんな体験かというと、橋に準備されているバチを両手を使って叩くと、その叩いた音が反響しながら空に向かっていくような体験ができます。

ビヨヨヨヨ〜〜〜〜〜〜〜ン!

と音が鳴り響くので何度も叩きたくなります。

子供が大きくなったら、サイクリングコースを全て制覇したくなる夢のある場所です。

しまなみ海道レンタサイクルの料金についてはこちら

しまなみ海道おすすめコース

スポンサーリンク

愛媛・大山祇神社 お宝体験

大山祇神社のクスの木写真

日本のお宝を子供と一緒に観てみたい!

そんなご家族には、鎧、兜、刀などの国宝が展示されている大山祇神社がおすすめです。

愛媛県今治市の大三島にある大山祇神社は、山の神・海の神・戦いの神として歴代の朝廷や武将から崇められた神社。その境内には、国の天然記念物になっている樹齢2600年にもなる大クスが鎮座しています。

また、全国の国宝・重要文化財の指定を受けた武具の8割がこの大山祇神社に保存されています。

中でも、紫陽殿・国宝館には、源義経や源頼朝が奉納した鎧や源義経、楠正成をうった大太刀など、本物の鎧、兜、刀を観ることができます。

歴史上の有名な人物が目の前に実在しているような体験ができる場所です。

武将好きの子供なら、きっと夢中になる大山祇神社です。

大山祇神社の場所

 

スポンサーリンク

徳島・穴吹川 川遊び体験

穴吹川写真

魚の泳ぐ川を見せてあげたい!

透き通るような綺麗な川で子供と一緒に泳いでみたい!

そんなご家族には、徳島県にある穴吹川がおすすめです。

剣山を源流とする穴吹川は吉野川に注ぐ一級河川。徳島県で日本一の清流として有名で、人気のある川遊びスポットです。

『ブルーヴィラあなぶき』の近くを流れる穴吹川は、バーベキューをしたり、釣りをしたり、川遊びをする人たちで大変賑わっています。子供と一緒にボートに乗ったり、川岸からジャンプして川に飛び込んだりとアクティブに遊べます。穴吹川は日本一の清流と言われているだけに、シュノーケルをすればアユやアメゴがたくさん泳いでいるのを観察できます。

日本一の清流で泳ぐ体験をしてみたいご家族におすすめです。

ブルーヴィラあなぶきと穴吹川の場所

ブルーヴィラあなぶきを確認する

スポンサーリンク

京都・北野天満宮 七夕体験

北野天満宮七夕写真

夏休みに子供と一緒に京都観光したい!

と思っているお父さん、お母さん。

夏の京都観光は……とっても暑いです。

子供を連れて世界遺産巡りをしても、暑さで半日観光すれば十分です。

そこで夏の京都観光でおすすめしたいのが、京都の七夕体験です。

”京の七夕”は「一年に一度、願いごとをする」という七夕の節句の意義やいわれを見つめ直し、京都の伝統産業や和装の振興も含めた現代版・七夕まつりとして2010年から開催されています。

期間中、寺院や神社、笹飾りをライトアップしたり、京都の伝統技術を用いて作られた風鈴灯などが飾られ、暑い夏の京都観光を涼しく楽しめるような工夫が随所にされているイベントです。

 

8月の上旬から中旬にかけて、京都市内の5つのエリア(堀川遊歩道・二条城、鴨川河川敷・鴨川納涼、梅小路、北野紙屋川、岡崎)で開催されています。

特におすすめなのが、学問の神様で有名な北野天満宮の七夕祭で行われている『御手洗川足つけ燈明神事』の体験です。

北野天満宮の七夕祭で行われている『御手洗みたらし川足つけ燈明神事』は、ひんやりとした川の中を歩いて、ろうそくに火を灯す神事が体験ができるだけでなく、川の水に浸して占いをするちょっと変わった水みくじもあります。

夜に行けば、北野天満宮の境内がライトアップされているので幻想的な雰囲気も楽しめます。

笹飾りだけでない京都の七夕を体験できますよ。

『御手洗川足つけ燈明神事』については、【北野天満宮・御手洗川足つけ燈明神事】涼しく京の七夕体験!の記事に詳しく書いています。

京都の貴船神社の七夕祭りもおすすめです。【貴船神社七夕ライトアップ】10代の子供も飽きない5つの魅力とは?

北野天満宮の場所

北野天満宮公式サイト

京都・市内 銭湯体験

京都の銭湯写真

アクティブに動くのはちょっと苦手。

でも温泉は大好きというご家族におすすめしたいのが、京都の銭湯です。

京都市内には至る所に銭湯があります。その銭湯も一般に私たちがイメージする『銭湯といえば富士山』の銭湯ではありません。

お風呂の種類も、くすり風呂、浅風呂、深風呂、水風呂、ジェット風呂だけでなく、『電気風呂』まであります。特に電気風呂は、浴槽に入ると体に静電気が流れたようなピリピリとした感覚を体験できます。心臓の弱い方にはおすすめできませんが、ちょっと変わった体験ができるのが京都の銭湯です。

特におすすめしたい銭湯は船岡温泉です。子供と京都の銭湯を体験したい方には、【京都の穴場カフェ】さらさ西陣は船岡温泉とセットで2倍楽しむ! の記事も参考にどうぞ!

船岡温泉の場所

 

滋賀・甲賀 忍者屋敷体験

忍者屋敷の写真

忍者って本当にいたの?

漫画や映画の世界で見るような人間離れした動きをするの?

忍者に興味がある子供がいるなら、忍者屋敷がおすすめです。

滋賀県甲賀市にある甲賀流忍者屋敷は、江戸時代に建てられた甲賀望月氏本家の忍者屋敷がそのまま公開されています。天井裏の隠し部屋や隠し部屋への入り口、階段下の壁にあるどんでん返しや外につながる隠し階段など、忍者屋敷のからくりなどが見学できます。不測の事態に備えて身を守るために作られた忍者屋敷にただ感心するばかりです。

忍者屋敷を体験するだけでなく、忍者の命がかかった仕事ぶりや厳しい訓練についても学べます。

売店にはまきびしなどの忍者グッズも販売されていて、子供も本物の忍者気分に浸れるおすすめスポットです!

甲賀流忍者屋敷の場所

甲賀流忍者屋敷公式サイト

長野・戸隠 化石発掘体験

化石発掘の写真

化石発掘体験って、面白そう!

そう思ったお父さん、お母さんには、長野県の戸隠地質化石博物館で体験できる化石発掘がおすすめです。

大昔は海底だった戸隠。化石発掘体験では、博物館の指導員の案内で山に入り化石の採集できるポイントに行き、岩場からハンマーを使って石を取り出します。その後、室内に移動して採集した石をクリーニングして化石を採集します。親子で夢中になって発掘体験ができます。化石の発掘体験は事前に電話での予約が必要です。

詳しくは、戸隠地質化石博物館で子供とワクワク化石掘り〜長野は昔、海だったの記事を参考にしてくださいね。

戸隠地質化石博物館の場所

長野・木島平 ホタル鑑賞体験

子供と一緒に蛍が観たい!

そんなご家族におすすめしたいのは木島平でホタル鑑賞。

長野県の木島平は、扇状地の水路や田んぼで天然のゲンジボタル、ヘイケボタルの両方が乱舞するのを観察できます。ゲンジボタルの発光は6月から7月の上旬。ヘイケボタルの発光は6月から8月下旬となります。

ゲンジボタルとヘイケボタルの両方をみる体験がしたいのであれば、毎年6月末から7月上旬にかけて木島平観光協会で行われているホタルの鑑賞会に申し込みをすると良いでしょう。木島平観光交流センターでスライドを見て学習した後、村内のホタルを鑑賞します。

参考までに、我が家は7月上旬に木島平のペンション シエスタに宿泊し、ペンション内のオプショナルツアーで宿のご主人に案内してもらいました。

ペンションシエスタを確認する

映画のワンシーンのような幻想的なホタルの乱舞が体験できます!

ただし、ホタルを守るために写真は撮らないようにしましょうね。

木島平観光交流センターの場所

木島平観光協会公式サイト

石川・増穂浦海岸 サクラ貝体験

増穂浦の生き物写真

貝殻を拾えるビーチで泳ぎたい!

そんなご家族には、石川県志賀町にある増穂浦海岸ますほがうらかいがんがおすすめです。

増穂浦海岸は、和歌山県の和歌浦、神奈川県の由比ヶ浜と並ぶ、日本小貝3名所の一つとして有名な場所です。海岸にはサクラ貝のほか、ニシキ貝、ワスレ貝、マクラ貝などが流れ着き、貝細工にも利用されてもいます。また海岸には、ギネスブックにも掲載されたことのある世界一長いベンチ(全長約460m)もあります。

砂浜でたくさんのサクラ貝を取るのに夢中になってしまいますし、取ったサクラ貝は夏休みの宿題の工作の材料としても使えます!

8月でも海水は冷たいですが、ピンクの可愛らしい貝殻に子供が喜ぶおすすめの海岸です。

増穂浦海岸の場所

 

まとめ

いかがでしたか?

『2019 夏休みは家族で体験旅行!子供が本当に喜んだ!おすすめ旅行先10選』を紹介しました。

 

今回紹介した旅行の出発前に読んでおくと面白い本を紹介させていただきます。

『西表島フィールド図鑑』は西表島のマングローブと森の中にいる動植物がフルカラーで詳しく紹介されてます。

旅行中、子供に動植物について質問されたら、この本ですぐに調べて答えることができるので大変便利です。

 

次に紹介するのは『ひつじの京都銭湯図鑑』。住宅メーカーで設計業務に従事する作者が京都の銭湯に惚れ込んで、記録を兼ねて作られたのがこの本です。

京都の銭湯の内部がイラストで紹介されてます。みているだけで楽しくなる本です。

 

そして次に紹介するのは『忍者の里を旅する』。

戦国時代に全国の6つの地域・伊賀、甲賀、戸隠、雑賀、甲斐、風祭で活躍した忍者たちが住む里について紹介している本。忍者ミュージアムや近所にある美味しい名店も掲載されているので、参考になります。

最後に紹介するのは、川の学校 吉野川・川ガキ養成講座。著者の野田知佑さんはカヌーイストであり、吉野川で『川の学校』で川ガキを養成している校長先生でもあります。『川の学校』での面白い活動に書かれた内容で、子供を川で遊ばせる大切さについて書かれています。この本を読むと子供と一緒に川遊びが必ずしたくなるおすすめの本です。

 

「子供が小さいから、来年旅行に行こう」と思っていると、あっと言う間に子供は大きくなってしまいますよ。

子供にとっても親にとっても、今年の夏は一度だけです。

ぜひ夏の体験旅行を家族で楽しんでくださいね!

 

この記事を書いている人 - WRITER -
はじめまして!Satokoです。 子連れアドベンチャー旅行専門家。 北はアラスカから南はオーストリア・カンガルー島まで、アジアを中心に子連れで14ヶ国訪問済。 自然豊かな場所での生活を夢み神奈川から群馬へ引っ越したものの、主人の転勤で大都会の香港へ。右往左往の子連れ香港駐在生活を4年3ヶ月送り、2018年3月、日本に帰国。現在、群馬県在住。 子連れ冒険国内・海外旅行、香港駐在生活、生活に役立つグッズや情報などを発信しています!
詳しいプロフィールはこちら

Copyright© アドベンチャー家族旅行 , 2019 All Rights Reserved.