子連れ冒険国内・海外旅行、香港駐在生活、長野県の発酵・加工食品、生活に役立つ情報などを発信します!

ベトナム・フエ観光〜小・中学生子連れにおすすめ5つの体験!

WRITER
 
フエ王宮アイキャッチ画像
この記事を書いている人 - WRITER -
はじめまして!Satokoです。 子連れアドベンチャー旅行専門家。 北はアラスカから南はオーストリア・カンガルー島まで、アジアを中心に子連れで14ヶ国訪問済。 自然豊かな場所での生活を夢み神奈川から群馬へ引っ越したものの、主人の転勤で大都会の香港へ。右往左往の子連れ香港駐在生活を4年3ヶ月送り、2018年3月、日本に帰国。現在、群馬県在住。 子連れ冒険国内・海外旅行、香港駐在生活、生活に役立つグッズや情報などを発信しています!
詳しいプロフィールはこちら

小学校と中学生の子供を連れて、ベトナムのフエ旅行を考えているけど、どこがいいの?

子供が楽しめることってある?

小学4、5年生になる娘2人、中学2年生の息子の3人を連れてベトナムのフエに行きましたが「世界遺産あり」「スリルを味わう体験あり」「美味しいものあり」と10代の子供でも楽しめる観光地です。

この記事では小学生と中学生の子供たちを連れてフエ観光をするなら、どこでどんな体験ができるのかを紹介します。

同じような年齢のお子さんを持つご家庭でベトナム旅行を考えている方の参考になれば嬉しいです!

スポンサーリンク

ベトナムのフエってどんなところ?

1802年から1945年にかけてベトナム最後の王朝「阮朝(グエン朝)」の都があったベトナム中部の都市・フエ。

ベトナム最大の都市ホーチミンから飛行機で約1時間半、ベトナム中部のビーチリゾートとして有名なダナンからは車で約2時間の場所にあります。

1993年にフエの歴史的建築群がベトナム初の世界文化遺産に登録され、「王宮」は世界遺産として大変有名になり多くの観光客が訪れています。

フエの観光は王宮のある旧市街とベトナムの暮らしがわかる新市街がメインとなります。落ち着きのある美しい街並みを残しているので散策するだけでも充分楽しめます。

旅行するならいつ?

笹好きパンダ

ベトナム・フエの気候はモンスーン気候で雨季と乾季があります。

観光のベストシーズンは1月から5月。
朝晩は少し冷え込みますが日中は半袖で過ごせます。

6月から8月にかけての平均気温は34度と大変暑く、強い日差しとなります。
観光する際は、日焼け対策とペットボトルの水が必須ですよ。

9月から12月にかけては雨季。
場所によっては洪水になることもあるので注意が必要です。

 

スポンサーリンク

フエ観光・小学生・中学生子連れにおすすめ5つの体験

初めてのベトナム・フエ観光。小学生・中学生が楽しめるおすすめの体験を5つ紹介します。

satoko

世界遺産の王宮を観光する!

フエ王宮写真

フエの観光で外せないのが、ベトナム初の世界文化遺産『グエン朝の王宮』観光。

小学高学年にもなると『世界遺産』という言葉の響きだけで大変興味を示します。

どんなものがあるかは全く知らないのですが。

まず世界遺産に行きましょう!

satoko

『グエン朝の王宮』は中国北京の紫禁城を真似て作ったと言われています。

ベトナム戦争の激戦地で王宮の多くの建物は破壊されてしまったのですが、建物の中を見てまわり「ここはインスタ映え」といって写真を撮りながら世界遺産が楽しめます。

フエ王宮内写真

歴史がわからなくても『ベトナムの世界遺産に行った』ということで後々興味を持ってくれれば価値ありの観光です。

歴史を肌で感じることができ、王宮の建物を見学したりお庭をぐるりと回ると所要時間3時間。

王宮の広い庭の写真

結構歩きます。

世界遺産の王宮をガイドさんなしで見学したのですが、日本語のガイドさんがいたら「もっと深く王宮を理解することができたんだろうな」と思いもしました。

歴史的建築物を見学する時はガイドさんをお願いすると良いですよ。

satoko

スリル満点のシクロに乗車する!

シクロの写真

ベトナムに行ったら一度は試してほしいのが『シクロ』。前輪に2輪、後輪に1輪の自転車タクシーです。

世界遺産の王宮観光で歩き疲れたら、シクロに乗ってホテルまで戻るのもおすすめです。

シクロに乗っている写真

シクロは基本、運転手を含めて2〜3人乗りですが、総重量が軽ければ、運転手さんの力量次第で4人までいけます。

乗ってみたらスリル満点!

satoko

道路を走るときは一応車やバイクを避けて端を走るのですが、大きな交差点に入るときが一番緊張します。

交差点をシクロで横断する写真

どこに、何をしに行くのか不思議なくらいオートバイが集まってきます。

 

バイクの通る中シクロで走る写真

オートバイがシクロをすり抜けるように走って行くのでスリルある体験ができます。これはお子さんにとって遊園地のアトラクション以上の楽しさを感じられますよ。

バイクに乗っている人を観察したり街の景色が楽しめるので、機会があれば是非『シクロ』体験してもらいたいです!

 

名物のフエ料理を味わう!

ベトナムの郷土料理で有名なのが『フエ料理』です。フエ料理は宮廷料理ともいわれています。一般的に、フエの庶民が日常的に食べるのをフエ料理、高級な場所で高級食材を使い装飾したものを宮廷料理と呼んでいます。

皇族や高官が食していたのが『宮廷料理』。

野菜で作られた鶏や亀が華やかに飾られています。

ちょっとお値段は張りますが、王宮観光と兼ねて高貴な雰囲気を体験してみたい方におすすめ。

 

ローカル気分を味わいたい方には『フエ料理』。

小さな小皿に米粉を生地で固め、干しエビと刻みネギを加えたバインベオ(Banh Beo)。

パインベオ写真

 

レモングラスの茎に豚肉のつくねを巻いたネムルイ(Nem Lui)。

ネムルイ写真

ライスペーパーに包んで食べます。ビールにとっても合います!

中に海老が入り、もちもちとした食感を楽しめるバイン・ボ・ロック(Banh Bot Loc)。

バイン・ボ・ロック写真

 

デザートで頼んだプリンにはパッションフルーツがソースとしてかけてありました。

パッションフルーツのプリン写真

パッションフルーツの酸味とプリンの甘みが見事です。

『フエ料理』は、全体的に子供が食べやすそうなマイルドな味です。

 

参考店舗情報

店名Quán Hạnh Huế
公式サイトhttp://banhkhoaihanh.com
住所11-15 Đường Phó Đức Chính, Phú Hội, Thành phố Huế, Thừa Thiên Huế, ベトナム
営業時間9:00~21:00
電話番号+84 358 306 650
場所

 

美容院か床屋で髪を切ってもらう!

髪を切ってもらう写真

小学生の娘が「フエで髪の毛を切りたい」というので、地元の美容院に突然お邪魔してみました。ベトナム語がわからない私たちですが、身振り手振りで「カット」をお願いするとにこやかに受け入れてくれました。

南国ベトナムのお店なのでドアも壁もない開放的な作りの美容院。子供が髪を切っている間、近所の人が私たちを珍しがってニコニコと見に来たりと地元の人との交流も楽しい思い出になりますよ。

フエの人たちはとっても優しいので、時間のあるご家庭は美容院や床屋さんに寄ってみてはいかが?

お値段は日本円で300円でした!

 

ドラゴンボートに乗ってフォーン川を観光する!

ドラゴンボートに乗ってフォーン川を観光することもできます。時間的な都合でボートに乗ることはできなかったんですが、王宮の反対側の川岸からボートが出ているようです。

ボートに屋根がついているので、ちょっとした雨が降ってもこれなら安心ですよね。

夜に乗っても夜景が綺麗なので、フォーン川下りもおすすめです。

スポンサーリンク

まとめ

いかがでしたか?

小・中学生の子連れにおすすめできるベトナム・フエ観光について紹介しました。フエには、ハノイやホーチミンから飛行機で90分以内、ダナンからは車で2時間で行くことができます。

子連れフエ観光のポイント
  • 歴史を学び始めたお子さんにもおすすめできる世界文化遺産がある
  • スリルを味わえるシクロに乗れる
  • フエ料理を味わうことができる
  • 美容院などのローカル体験も楽しめる
  • ドラゴンボートでフォーン川観光できる

シクロに乗る体験はとっても楽しかったのですが、最後にお金を支払う時に「お釣りがない」と言われ、ちょっとぼったくられたことがありました。もし安心してシクロに乗りたい!宮廷料理を食べてみたいと思われる方は下記のリンクを参考にしてみてくださいね。

ベルトラ公式サイト・シクロで宮廷料理のディナーを楽しむコース

ハノイやホーチミンから到着した後に参加できるコースも用意されていますよ。詳しくは公式サイトを参考にしてくださいね。
ベルトラ公式サイト・王宮観光と宮廷料理が楽しめる午後4時間コース

お子さんと一緒にフエで料理教室を体験してみたい方は【ベトナム・フエ】所要3時間!観光学校ホテルの料理教室おすすめ! の記事も参考にどうぞ!

 

この記事を書いている人 - WRITER -
はじめまして!Satokoです。 子連れアドベンチャー旅行専門家。 北はアラスカから南はオーストリア・カンガルー島まで、アジアを中心に子連れで14ヶ国訪問済。 自然豊かな場所での生活を夢み神奈川から群馬へ引っ越したものの、主人の転勤で大都会の香港へ。右往左往の子連れ香港駐在生活を4年3ヶ月送り、2018年3月、日本に帰国。現在、群馬県在住。 子連れ冒険国内・海外旅行、香港駐在生活、生活に役立つグッズや情報などを発信しています!
詳しいプロフィールはこちら

Copyright© アドベンチャー家族旅行 , 2019 All Rights Reserved.