子連れ冒険国内・海外旅行、香港駐在生活、長野県の発酵・加工食品、生活に役立つ情報などを発信します!

カンボジア子連れ旅行〜観るだけでない!理解も深まる観光プラン紹介

WRITER
 
アンコールの遺跡アイキャッチ画像
この記事を書いている人 - WRITER -
はじめまして!Satokoです。 子連れアドベンチャー旅行専門家。 北はアラスカから南はオーストリア・カンガルー島まで、アジアを中心に子連れで14ヶ国訪問済。 自然豊かな場所での生活を夢み神奈川から群馬へ引っ越したものの、主人の転勤で大都会の香港へ。右往左往の子連れ香港駐在生活を4年3ヶ月送り、2018年3月、日本に帰国。現在、群馬県在住。 子連れ冒険国内・海外旅行、香港駐在生活、生活に役立つグッズや情報などを発信しています!
詳しいプロフィールはこちら

小学生・中学生の子供を連れてカンボジアのシェムリアップでアンコールの遺跡観光をしたい!

そう思っているお父さん、お母さん。

  • はじめてのカンボジア旅行
  • はじめてのシェムリアップ観光
  • はじめてのアンコールの世界遺産巡り

はじめて尽くしで、何から手をつければいいのかわかりませんよね。

アンコール・ワットやアンコール・トムは必須としても、他にも魅力的な遺跡の数々…。

 

見たいものはたくさんあるけど、とっても暑そうな場所でもあり、子供と一緒に観光に行く場所ではないのかな?

夢は膨らみますが、一瞬悩んでしまいますよね。

 

でも、大丈夫です。

子連れでカンボジア・シェムリアップに行けます!

 

14歳、10歳、9歳の3人の子供を連れて6泊7日でシェムリアップを観光しました。

 

この記事を読めば、カンボジア・シェムリアップをただ観るだけでなく、理解も深まる観光ができます。

子供と一緒に思い出に残るカンボジア旅行を計画してみたい方は是非参考にしてくださいね。

スポンサーリンク

カンボジア旅行のスケジュール

アンコール・トム写真

まず、我が家の子連れカンボジア旅行のスケジュールは、6泊7日。

  • 1日目  シェムリアップ到着
  • 2日目    子供とアンコール遺跡観光ツアー
  • 3日目    カンボジアカルチャー体験ツアー
  • 4日目    アンコールの森で自然観察体験ツアー
  • 5日目    自由行動
  • 6日目    シェムリアップ発
  • 7日目     帰国

という日程です。

2日目〜4日目のツアーは、子供が疲れていたり体調が悪い場合に柔軟に対応できるよう現地の貸切ツアーをお願いしました。

これから、上記のプランに沿って内容を詳しくみていきます。

旅行プラン作りの参考にしてみてくださいね。

 

1日目 シェムリアップ到着

シェムリアップ到着日は、翌日の観光に備え予定は入れません。

 

2日目 子供とアンコール遺跡観光ツアー

アンコール・ワット写真

子供とアンコール遺跡観光は、ガイド付きの貸切ツアーがおすすめです。

理由は3つあります。

  • 効率よく観光できること
  • 遺跡に関する説明が聞けること
  • スケジュールを柔軟に変更できること

自力での観光は、無駄に時間を消費するだけなので、おすすめできません。

上記の3つの理由について詳しくみていきます。

効率よく観光できること

はじめてのアンコール遺跡観光では、

入場券の購入の仕方や遺跡巡りの順番など初心者には分からないことばかり

です。

しかも暑い日差しの中で子供と遺跡観光が無事できるか不安です。

 

でもガイドさん付きの貸切ツアーなら心配いりません。

なぜなら、

  • エアコンの効いた車で移動できる
  • 大人も子供も体力の消耗が防げる
  • 遺跡の場所、観光ルートはガイドさんがわかっている
  • 1日だけの遺跡巡りでも効率良く観光できる

からです。

実際に参加した1日ツアーでも、

  • 城壁に囲まれた大きな街、アンコール・トム
  • アンコール・トムの中核をなす仏教寺院のバイヨン
  • 天と地を結ぶ架け橋とされたパブーオン
  • 巨大な根が遺跡を覆い尽くしているタ・プローム
  • スールヤヴァルマン2世によって30年以上もの歳月をかけて作られたアンコール・ワット

などを見学することができました。

 

遺跡に関する説明が聞けること

アンコール遺跡のツアー写真

日本語が話せる現地のガイドさんがいれば、アンコール遺跡の歴史やレリーフのある場所・物語を詳しく教えてもらえます。

ガイドブックがあればガイドさんは必要ない…。

確かにその通りかもしれません。

でも、

巨大な遺跡の中から見たいものを探しだすのは、初めて観光に行く人には難易度が高い

です。

ガイドさんの説明を受けてからガイドブックで復習するとより理解が深まりますよ。

 

スケジュールを柔軟に変更できること

貸切ツアーであれば予定をカットすることも可能です。

アンコールの遺跡巡りの1日ツアーは、一般的に朝8時半から遺跡巡りがスタートし夕日鑑賞まで、時間にして10時間近くかかります。

 

例えば我が家の事例ですが、アンコールの遺跡巡りが全て終了したのは17:30。

家族が歩き疲れ、予定していた夕日鑑賞はやめてホテルに戻ることにしました。

 

もし、これが団体のツアーであれば無理をしてでも、夕日鑑賞に行かなければなりません。

融通が利くのも貸切ツアーの良いところ

です。

日本語ガイド付き貸切チャーターを確認

子連れでアンコール遺跡巡りは、貸切ツアーがポイントです。

 

3日目 カンボジアカルチャー体験ツアー

シェムリアップを訪れるなら、

子供と一緒にカンボジアのカルチャー体験

もおすすめです。

理由として、カンボジアに

アンコールの遺跡見学に行く人はいても、本当のカンボジアの姿を知って帰る人は少ない

からです。

シェムリアップでカンボジアのカルチャーツアーを企画しているアメリカ人、ダニ・ジャンプ(Dani Jump)さん。

市場にいるダニさんの写真

彼が案内する『カンボジアコンボツアー』は、カンボジアの食と生活を知るカルチャーツアーです。

シェムリアップの市場を観光しながら朝食を食べ、トゥクトゥクに乗って地元の小学校、寺院、農家、鍛冶屋などを訪れ、カンボジア式マッサージなど体験できます。

日本とは違ったカンボジアの人たちの食や生活がわかるので、子供も必ず興味を持ちますよ。

公式サイト:Bees Unlimited

詳しい内容については、遺跡以外の観光もおすすめ!シェムリアップでカンボジア発見ツアー体験!の記事も参考にどうぞ!

 

日本語のガイドが付いたカルチャー体験ツアーも参考になりますよ。

日本語のカルチャー体験ツアーをチェック

 

4日目 アンコールの森で自然観察体験ツアー

アンコールの森で自然観察ができるツアーもあります。

ダニさんと森を歩く写真

案内人は先程カンボジアのカルチャー体験ツアーで紹介したダニさん。

アンコールの遺跡がある豊かな森に住む生き物をハイキングしながら探します。

 

アンコールワットの隣に位置する森の中は、遺跡観光の人混みとは無縁の世界で、森の中では、カラフルな蝶、毛虫、ヤスデ、蛇、などに遭遇できます。

木の隙間に隠れているヤモリにも会えます。

ヤモリの写真

運が良ければ、アリのV字行進やセミの孵化などにも遭遇します。

アリの行列の写真

誰もいない森の中を歩くので、全くストレスを感じませんし、ハイキングとしても楽しめますよ。

カンボジアの自然、生き物についての理解も深まる観光

です。

アンコールの森に住む生き物をもっとみたい方は、アンコールワットで子供向け観光!ネイチャーツアーおすすめ!の記事を参考にどうぞ。

 

5日目 自由行動

プラサット・クラヴァンの写真

自由な時間があれば、気に入った遺跡をもう一度観光したり、お土産を買ったり、やり残したことができますよ。

6日目 シェムリアップ発

出発まで自由行動

夜、シェムリアップ発

7日目 帰国

朝、日本帰国

 

シェムリアップの宿泊について

シェムリアップの宿泊は、アゴダという検索サイトを利用して、パームビレッジリゾート&スパ(palm village resort & spa )というホテルに宿泊しました。

パームビレッジリゾート&スパ写真

パームビレッジリゾート&スパは全部で16棟のコテージからなります。

この宿泊施設を選んだ理由は、

  • コテージに宿泊できる
  • お得な料金設定
  • 敷地内にクメール料理のレストランがある

という点です。

シェムリアップには選びきれないほど、たくさんのホテルがあります。

 

その中でパームビレッジリゾート&スパ は、

広々としたお部屋に安く泊まれるコスパ抜群の宿。

シェムリアップの中心地からは少し離れていますが、美味しいレストランがあるので、不自由は全く感じませんでした。

  • 自然の中で静かに過ごしたい
  • 予算に限りがある
  • 広々とした部屋に泊まりたい

というご家庭におすすめです。

パームビレッジリゾート&スパをチェック

興味のある方は、シェムリアップでコテージに宿泊できる!子連れにおすすめのホテル!の記事を参考にどうぞ。

 

シェムリアップは素敵なホテルがお手頃価格で宿泊できるので、ぜひこの機会に試されるといいですよ。

》》シェムリアップのホテルをアゴダでチェック

 

シェムリアップの食事について

クメール料理の写真

どの料理にも野菜がたっぷり使われて、非常にヘルシーな食事

です。

味もマイルド。

タイ料理のように辛くないので子供でも食べられます。

生水が原因でお腹を壊すと困るので、

サラダやカットフルーツを避け、火の通ったメニューを選ぶ

と安心です。

子供が体調を崩した時に備えて、日本から携帯食を持参するといいですよ。


子供の食事については、【子連れ海外旅行】非常食、準備すると役立つもの9選の記事を参考にしてみてください。

 

シェムリアップの治安について

シェムリアップの街の写真

アンコールの遺跡観光やカルチャー体験など、

ガイドさんと一緒に行動している限りは特に危険を感じることもありません。

ただし、

身の回りの貴重品管理を意識して、スリや引ったくりに遭わないように気をつけること

が大切です。

子連れ旅行では荷物が多くなるのでリュックを使うことが多いですが、おすすめはショルダーバッグ。


WISE-WALKERのショルダーバッグは、丈夫で軽量。

A4サイズの大きさで機能的なポケットがたくさんついています。

家族のパスポート、ボールペン、パンフレット、ペットボトル、などをそれぞれ収容できます。

私は旅行中、一眼レフカメラも一緒に入れて持ち歩いています。

荷物を常に目の前に下げていられる防犯上の安心感もあり。

参考までにどうぞ。

シェムリアップ観光の服装について

アンコールを遺跡観光している写真

アンコールの遺跡観光では、肌を露出しない服装がおすすめです。

  • 通気性のよい服装
  • 強い日差しを避けるための帽子
  • 動きやすい靴

を準備しましょう。

ノースリーブ、短パンは遺跡観光では厳禁です。

ルーズな服装の場合、遺跡観光ができない場合があります。

 

日差しが強く、暑い中での観光なので通気性のよいものを選ぶといいですよ。

熱中症対策として、外を歩く時は必ず帽子をかぶりましょう。

サンダルはやめて、動きやすい靴がおすすめ

です。

遺跡観光はかなり歩きます。

高い階段を登ったりすることもあり、サンダルでは足を滑らせる危険性もあります。

道路は舗装されていないので、汚れてもいい靴がおすすめです。

子供も同じような服装で観光すれば、特に問題はありません。

 

カンボジア旅行であると便利なものについて

トゥクトゥクの写真’

カンボジア旅行であると便利なものは2つ。

  • サングラス
  • スカーフや手ぬぐい

トゥクトゥクに乗ると走行中に砂埃が舞います。

サングラスがあると目にホコリが入らなくて済みますよ。

また、

カンボジアはものすごく暑い国

です。

アンコールの遺跡観光で1日外を歩けば、かなり汗を書きます。

強い日差しが照りつけるので、首の後ろも焼けます。

日差しから首を保護するスカーフや手ぬぐいなどがあると便利。

手ぬぐいは首に巻いたり、タオル代わりに使えます。

かさばらないのもいいですよ。

 

カンボジア旅行の手配は?

カンボジア旅行の手配は、

  • ツアーで参加する
  • 個人手配する
いずれかになります。

カンボジアのハスの写真

ツアーで参加するなら、大手旅行会社のツアーがおすすめです。

》》JTBのシェムリアップツアーをチェック

》》HISのシェムリアップツアーをチェック

航空券とホテルのセット料金で、空港の往復送迎がついていたりするので初めてカンボジアを旅行される方には大変便利です。

また、大手旅行会社のツアーのツアーなら、何か困ったことがあれば、すぐに連絡できるのも安心です。

 

ちなみに我が家は個人手配で行きました。

航空券は、エアトリというオンラインの旅行会社が出発や到着時間が選べるので、家族連れにおすすめです。

ホテルは、アゴダがお得な料金のホテルが探せるのでお財布にやさしいですよ。

》》アゴダでシェムリアップのホテルをチェック

 

まとめ

この記事では『カンボジア子連れ旅行〜観るだけでない!理解も深まる観光プラン紹介』を通して、子連れでシェムリアップを観光するプランについてまとめてみました。

簡単にまとめると、

  • 子連れでアンコール遺跡巡りは貸切ツアーがポイント
  • カンボジアのカルチャー体験もおすすめ
  • アンコールの自然探索も面白い

です。

子連れでカンボジア旅行は日本と違う環境なので不安が多いと思いますが、ガイドさんに案内してもらえば安心して観光できます。

あなたの知らないカンボジアをガイドさんが教えてくれるので、有意義な旅になりますよ。

子供と一緒に楽しい思い出が残る旅行になるといいですね!

 

この記事を書いている人 - WRITER -
はじめまして!Satokoです。 子連れアドベンチャー旅行専門家。 北はアラスカから南はオーストリア・カンガルー島まで、アジアを中心に子連れで14ヶ国訪問済。 自然豊かな場所での生活を夢み神奈川から群馬へ引っ越したものの、主人の転勤で大都会の香港へ。右往左往の子連れ香港駐在生活を4年3ヶ月送り、2018年3月、日本に帰国。現在、群馬県在住。 子連れ冒険国内・海外旅行、香港駐在生活、生活に役立つグッズや情報などを発信しています!
詳しいプロフィールはこちら

Copyright© アドベンチャー家族旅行 , 2019 All Rights Reserved.