子連れ冒険国内・海外旅行、香港駐在生活、長野県の発酵・加工食品、生活に役立つ情報などを発信します!

【ベトナム子連れ旅行】フエ・ホイアンを観光してみた感想と気づいたこと5つ!

WRITER
 
ベトナム子連れ旅行のアイキャッチ画像
この記事を書いている人 - WRITER -
はじめまして!Satokoです。 子連れアドベンチャー旅行専門家。 北はアラスカから南はオーストリア・カンガルー島まで、アジアを中心に子連れで14ヶ国訪問済。 自然豊かな場所での生活を夢み神奈川から群馬へ引っ越したものの、主人の転勤で大都会の香港へ。右往左往の子連れ香港駐在生活を4年3ヶ月送り、2018年3月、日本に帰国。現在、群馬県在住。 子連れ冒険国内・海外旅行、香港駐在生活、生活に役立つグッズや情報などを発信しています!
詳しいプロフィールはこちら

ベトナムに子連れ旅行。

ベトナムのどこに行こうか迷った挙げ句の果て、ベトナム中部・フエとホイアン を選びました。

この記事では、

  • フエとホイアン に5日間ほど子連れで旅行してみた感想
  • 気付いたこと5つ

についてまとめています。

ベトナム中部の旅行はダナンのリゾートが人気がありますが、フエとホイアン の歴史ある街並みも、のんびり観光できるので子連れにおすすめです。

これから子連れでフエとホイアンを観光したい方が安心して旅行できるように、ベトナム子連れ旅行4泊5日をまとめてみました。

参考にしていただけると嬉しいです。

スポンサーリンク

ベトナム旅行の日程は?

今回のベトナム子連れ旅行の日程は、全部で4泊5日。

  • 1日目 ホーチミン→フエ着(フエ泊)
  • 2日目 フエ(フエ泊)
  • 3日目 フエ→ホイアン(ホイアン泊)
  • 4日目 ホイアン(ホイアン 泊)
  • 5日目 ダナン発

旅の目的は、

  • フエの世界遺産の王宮観光
  • ベトナム料理教室体験
  • ベトナム鉄道乗車
  • ビーチで遊ぶ
  • ホイアンの世界遺産・旧市街観光

以上の5つです。

我が家が旅行した時の内容をみてみましょう。

1日目 フエ到着

翌日からの観光に備え予定は入れてません。

 

2日目 午前…ベトナム料理教室体験、午後…世界遺産・フエの王宮観光

野菜を串に刺す写真

午前…ベトナム料理教室体験

子供が楽しめるアクテビティとしてベトナム料理教室を体験してみました。

我が家が体験した料理教室は、ヴィラフエ(Villa Hue)というホテルが開催しているもの。

ヴィラフエ(Villa Hue)は、フエ ツーリズム カレッジに在籍する観光学校の生徒さんが実践的な訓練をするために作られたホテルです。

約3時間の料理教室は制服の着替えから始まり、ホテルの厨房に立ってシェフから直接ベトナム料理を学べます。

料理教室の流れは、

  • Villa Hue (ヴィラ フエ)ホテルのロビーに集合・受付
  • 料理教室用の服に着替え
  • 本日の料理と手順についての簡単な説明
  • 料理の開始
  • 料理の出来上がり
  • 食事をして終了

※料理教室には英語の通訳がつきます。日本語通訳はありません。

料理教室で2時間、食事の時間で1時間。合計3時間かかります。

 

体験教室の料金は選択するコースによって変わります。

料金の単位はUSドルです。

いずれか選択一人二人以上参加
1. 料理体験(3皿)40USD24USD
2. 料理体験(3皿)+ 野菜のデコレーション体験46USD27USD
3 .野菜のデコレーション体験28USD17USD

12歳以下のお子さんは30%割引になります。

ベトナム料理教室では全6種類のメニューの中から好きなものを1つ選ぶことができます。

ベジタリアンメニューも2種類あり、ビール一本、またはソフトドリンクが付きます。

メニュー内容
メニュー1
  1. ヴィラ フエサラダ
  2. 揚げ春巻き
  3. グリルしたポーク(ひき肉)とピーナッツソース添え
メニュー2
  1. 海老の生春巻き
  2. フエの王宮スープ
  3. グリルチキンとレモンの葉添え
メニュー3
  1. ビーフサラダ セロリ付き
  2. 野菜の生春巻き
  3. フエの美味しいパンケーキ ピーナッツソース付き
メニュー4
  1. 牛肉の香草巻き
  2. 豚と野菜の串さし
  3. 白身魚のキャラメル風ソテー

ベジタリアン用のメニューもあります。

メニュー内容
メニュー5
  1. 野菜の揚げ春巻き
  2. 揚げ出し豆腐と野菜のトマトソース煮
  3. 蓮の実入りチャーハン
メニュー6
  1. 野菜の生春巻き
  2. 香草と醤油味のナスの炒め物
  3. 野菜入り焼きそば

 

ちなみに我が家はメニュー4を選びました。

  • 牛肉の香草巻き
  • 豚と野菜の串さし
  • 白身魚のキャラメル風ソテー

ヴィラフエのシェフの写真料理教室は、食材の簡単な説明から始まります。

料理教室体験の写真

シェフとヘルパーさんを見本にして、肉を切ったり。

野菜を串に刺す写真

切った野菜や肉を串に刺したりしていきます。

最後はガスコンロで炒めたり、オーブンに入れてシェフが仕上げをしてくれます。

 

料理完成後は、ホテルのレストランでいただきます。

これは、豚と野菜の串さし。

豚と野菜の串さし写真

 

牛肉の香草巻き

牛肉の香草巻きの写真

白身魚のキャラメル風ソテーの写真は、食べるのに夢中で撮り忘れてしまいました…。

 

実際に家族で料理教室を体験してみた感想は、

  • はじめて見る野菜が出てきて、発見があった
  • 普段料理を作らない子供が楽しそうに料理に励んでた
  • 出来上がったベトナム料理が思いのほか美味しかった
  • 料理教室を通じて、ベトナムの学生さんたちと仲良くなれた
  • コックさんの制服が着られてうれしかった

と、旅先で現地の料理を学ぶのも楽しい体験でした。

料理教室は宿泊者以外でも体験できますが、我が家は観光学校が運営するホテルにも興味があったのでヴィラフエ(Villa Hue)に宿泊しました。

ヴィラ フエの宿泊施設は

  • コロニアル調の雰囲気あり
  • 日中の暑い時間帯に涼めるプールあり
  • 朝食のブュッフェが美味しい

と、値段がお得な割に快適なホテルでした。

》》agodaでヴィラ フエをチェック

 

料理教室の申し込みは、宿泊予約の際、宿泊施設への要望欄に以下3点を記入するとヴィラ フエから返信がもらえます。

  • I would like to book a cooking class (料理教室を予約したい)
  • 希望日
  • 予約人数

フエで料理教室を体験してみたいご家族の参考になればうれしいです。

 

午後…世界遺産・フエの王宮観光

ベトナム料理教室を体験した後は、ベトナムで最初に世界遺産に認定されたフエの王宮を観光してみました。

1802年から1945年にかけてベトナム最後の王朝「阮朝(グエン朝)」の都があったベトナム中部の都市・フエ。

1993年にフエの歴史的建築群がベトナム初の世界文化遺産に登録。

「王宮」は世界遺産として大変有名になり多くの観光客が訪れていました。

フエ王宮アイキャッチ画像
世界文化遺産のフエの王宮は中国北京の紫禁城を真似て作ったと言われています。

ベトナム戦争の激戦地で王宮の多くの建物は破壊されてしまったのですが、建物の中を見てまわり、写真を撮りながら世界遺産が楽しめます。

フエ王宮内写真

歴史がわからなくても『ベトナムの世界遺産に行った』ということで後々興味を持ってくれれば価値ありの観光です。

歴史を肌で感じることができ、王宮の建物を見学したりお庭をぐるりと回ると所要時間3時間。

王宮の広い庭の写真

結構歩きますよ。

 

王宮観光で歩き疲れたので、シクロに乗ってホテルまで戻ってみることにしました。

シクロの写真

『シクロ』は、前輪に2輪、後輪に1輪の自転車タクシーです。

 

シクロに乗っている写真

シクロは基本、運転手を含めて2〜3人乗りです。

総重量が軽ければ、運転手さんの力量次第で4人までいけます。

乗ってみたらスリル満点!

satoko

道路を走るときは一応車やバイクを避けて端を走るのですが、大きな交差点に入るときが一番緊張します。

交差点をシクロで横断する写真

どこに、何をしに行くのか不思議なくらいオートバイが集まってきます。

 

バイクの通る中シクロで走る写真

オートバイがシクロをすり抜けるように走って行き、

遊園地のアトラクション以上のスリルが体験できますよ!

 

夕食はホテルの近くの『ハンレストラン』でフエ料理を食べてみることにしました。

ベトナムの郷土料理で有名なのが『フエ料理』です。

フエ料理は宮廷料理ともいわれています。

一般的に、フエの庶民が日常的に食べるのをフエ料理、高級な場所で高級食材を使い装飾したものを宮廷料理と呼んでいます。

子連れで食べるなら、庶民的なフエ料理がおすすめです。

パインベオ写真

小さな小皿に米粉を生地で固め、干しエビと刻みネギを加えたバインベオ(Banh Beo)。

ネムルイ写真

レモングラスの茎に豚肉のつくねを巻いたネムルイ(Nem Lui)。

ライスペーパーに包んで食べます。

ビールにとっても合います!

バイン・ボ・ロック写真

中に海老が入り、もちもちとした食感を楽しめるバイン・ボ・ロック(Banh Bot Loc)。

パッションフルーツのプリン写真

デザートで頼んだプリンにはパッションフルーツのソース。

パッションフルーツの酸味とプリンの甘みがお見事でした。

『ハンレストラン』は、全体的に子供が食べやすいマイルドな味つけでおすすめですよ。

 

3日目 ベトナム鉄道に乗車 (フエ〜ダナン間) 、 世界遺産・ホイアンの旧市街散策

ベトナム統一鉄道の写真

ベトナム鉄道に乗車 (フエ〜ダナン間)

フエからホイアンの移動にベトナム鉄道を利用しました。

フエからダナンまで、約1時間半の列車の旅です。

 

列車は、フエからダナンへ移動する途中、山道を登っていきます。

ハイバン峠に差し掛かるとそこから、ベトナムの美しい海が見渡せます。

列車がトンネルに入って、車内が真っ暗になります!

電気がつかないから、なおさら面白い体験ですよ。

 

ベトナム鉄道での移動方法は フエ〜ホイアンの子連れ移動は列車+チャータータクシーがおすすめの理由の記事で紹介しています。

詳しく知りたい方は参考までにごらんください。

 

世界遺産・ホイアンの旧市街散策

ホイアン世界遺産アイキャッチ画像

ベトナム鉄道乗車体験後、夕方からホイアンを散策することにしました。

5月〜8月のホイアンの最高気温は33度〜34度。

 

夕方のホイアンの写真
世界文化遺産に登録されている『ホイアンの古い町並み』は、夕方涼しくなってからの散策がおすすめです。

 

ランタンに照らされた街を眺めながら、お土産探しをするのが楽しいですよ。

子供用のお土産は、Tシャツ、ランタン、絵葉書、小物入れ、アクセサリーなどが手頃な値段で買えます。

ランタンの写真ランタンの灯りは『ランタン祭り』日程以外の日でも見学できます。

子供と一緒に灯籠流しの体験をしても楽しいですよ。

 

夕食はホイアンのレストランでベトナム料理と考えていましたが、実際はどこのレストランも超満員。

レストランの写真レストランの予約をしなかったので、コーヒーとチョコマフィンで終わってしまいました。

ホイアンで食事をするならお店の開店時に入店するか、予約がおすすめです。

 

4日目 アンバンビーチで海水浴

アンバンビーチの写真

アンバンビーチで海水浴

宿泊先の『ライフ ビーチ ビラ』の目の前にあるアンバンビーチで海水浴をしてみました。

アンバンビーチはホイアンの旧市街から車で10分ほどの場所にあります。

アンバンビーチの写真有料ですが、デッキチェア、更衣室、レストランもあるので気楽にベトナムのビーチを満喫できます。

チェアは有料、3つで500円位でした。

椰子のパラソルやお椀の形をしたバスケットボートがあり、アジアのビーチが楽しめます。

アンバンビーチの写真
貴重品を預けるところがないので所持品は最小限に、日差しが強いのでサングラスを持参するのをおすすめします。

ライフビーチヴィラについて興味のある方は、ホイアンのホテル・ライフ ビーチ ヴィラ〜子連れに超お得!おすすめの記事を参考にごらんください。

 

5日目 ダナン国際空港発

最終日はチェックアウトをしてから、安くて美味しいホイアンのレストラン『Cafe 43』でランチ。

ホイアンで美味しいと言われる三大名物が食べられます。

  • カオラウ
  • ホワイトローズ
  • 揚げワンタン

ビールも樽から注いで一杯3000VND(日本円で約15円!)。

ランチ終了後、ホイアンの旧市街でショッピングを楽しみ、ダナン国際空港へ向かいました。

 

スポンサーリンク

ベトナム旅行で気づいたことは?

今回はじめてベトナム旅行をして気づいたことが5つあります。

  • 空港とホテルの送迎は事前にお願いしておく
  • 世界遺産の観光はガイドさんがいる方が良い
  • シクロはとても楽しいが、値段交渉が難しい
  • 世界遺産のホイアンで夕食を食べるなら予約が必須
  • 宿泊先に悩んだらダナンがおすすめ

それぞれの理由についてお話しますね。

空港とホテルの送迎をお願いしておく

空港とホテル、駅とホテルの送迎は事前にお願いしておくとよいです。

空港や駅に到着して、まず目にするベトナム語。

普通の日本人なら、絶対に理解できません。

当然、話すこともできません。

仮にタクシーに乗ったとしても、現地に無事に到着するか不安になります。

送迎は宿泊先のホテルにお願いしておくと安心です。

日本語でも送迎をお願いできますよ。

》》フエ・フバイ空港からの貸切送迎をチェック
》》ダナン空港からの貸切送迎をチェック

 

世界遺産の観光はガイドさんがいる方が良い

ベトナムの世界遺産を観光するなら、ガイドさんがいる方が何倍も楽しめます。

世界遺産の王宮をガイドさんなしで見学したのですが、日本語のガイドさんがいたら「もっと深く王宮を理解することができたんだろうな」と思いました。

なぜならガイドさんは、

  • 世界遺産の歴史的背景
  • 世界遺産の見どころ
  • 宿泊先周辺のおすすめレストラン
  • 地元のおすすめスポット

など、旅行者に必要な情報を短時間で教えてくれます。

小学校高学年以上の子供がいれば、なおさらガイドさんのお話が楽しめますよ。

》》日本語でフエの王宮観光3時間ツアーをベルトラでチェック

》》世界遺産ホイアン観光+夜のランタン見学・夕食付きツアーをベルトラでチェック

参考までにどうぞ。

 

シクロはとても楽しいが、お金のやりとりが難しい

ベトナム子連れ旅行でシクロ乗車は一押しです。ただし、お金のやりとりが難しいです。

我が家がフエの王宮の前でシクロをお願いした時、ホテルまでの料金は言い値で日本円にして2000円。

翌日、同じコースでお願いしたら、なんと500円!

日本人とわかると多額に請求される場合があるので、オプショナルツアーをうまく利用するのがおすすめです。

》》フエの世界遺産をシクロで巡る3時間ツアーをベルトラでチェック

》》シクロに乗ってホイアン半日観光(英語)をベルトラでチェック

 

世界遺産のホイアンで夕食を食べるなら予約が必須

世界遺産のホイアンで夕食を食べるなら、レストランの予約は必須です。

『夜景を見ながら、家族で夕食を』と思って出かけたものの、レストランはどこも一杯でした。

カフェは至るところにありますが、夜になるとベーカリー類は全て売り切れ。

飲み物くらいしかありません。

食べたいものが決まっているなら、レストランは事前に予約がおすすめです。

ホイアンの夜景とセットで楽しめるツアーもありますよ。

》》夜のホイアン散策・灯籠流し・夕食付きツアーをベルトラでチェック

 

宿泊先に悩んだらダナンがおすすめ

ホイアンとダナンの宿泊を迷ったら、ダナンをおすすめします。

我が家はホイアンの旧市街をのんびりと観光してみたくて、ホイアンに2泊しました。

田園風景を眺めたり、小さなコテージに滞在してのんびりと過ごしたい方にはホイアンはおすすめです。

ただ実際に観光してみて、子供は1日滞在すれば充分かなというのが感想です。

 

ダナンに宿泊すれば、ダナンからフエに日帰りで行くことも可能です。

ただし、車で片道2時間半近くかかるので往復5時間のドライブ。

少し覚悟が必要になります。

 

ダナンで変わった観光なら、生鮮食料品が売られているハン市場観光も面白そうです。

日本ではみられない果物や新鮮な野菜、鮮魚、肉が所狭しと売られています。

市場の中はちょっと独特の匂いがするので、きっと忘れられない『懐かしい⁉︎』思い出の1つとなるはず。

東南アジアの市場の活気も味わえます!

ベトナム・ダナンのハン川にかかる全長666mの橋『ドラゴンブリッジ(ロン橋)』観光もおすすめです。

毎週土・日・祝日の20:45~21:00に、ドラゴンの口から炎が吹き出すファイヤーショーが開催。

何度も炎が吹き出されるので、お子さんも大興奮!炎のショーが終わると今度は噴水のショーが始まります。

大量の水が龍の口から吐き出されるので、近くで見学するとずぶ濡れにも。

新興国ベトナムの活気が伝わってくるドラゴンブリッジのナイトショーも必見ですね。

話題の新名所『サンワールド バーナーヒルズ』では、飛行機のチェックインギリギリまで遊べます。
》》話題のバーナーヒルズで遊ぶツアーをベルトラでチェック

午前8時にホテルを出発して、午後3時にダナンのホテルに戻れます。

  • 家族とのんびり過ごしたいなら、ホイアン
  • アクティブに過ごしたいなら、ダナン

が、おすすめです。

スポンサーリンク

ベトナム旅行の手配はどうする?

ベトナム旅行の手配は、

  • ツアーを選ぶ
  • 個人手配を選ぶ
いずれかになります。

ツアーを選ぶなら、大手の旅行会社のプランのものが、航空券・宿泊料・食事などが含まれてお得なものが見つかります。

何か困ったことがおこったら、すぐに連絡して相談できる安心感もありますよ。

フエ・ホイアンをツアーで旅行するなら、ダナンを宿泊拠点にオプショナルツアーを組み合わせると観光しやすいですよ。

》》HISでベトナム中部のツアーをチェック

 

ベトナム中部だけを巡るツアーは、近畿日本ツーリストが唯一取り扱っています。

》》近畿日本ツーリストのベトナム中部ツアーをチェック

ベトナム鉄道の乗車体験もできるのでぜひ参考にしてみてください。

 

ちなみに我が家は個人手配で旅行しました。

海外格安航空券は『エアトリ』のサイトが出発の2時間前までチケットが購入でき、使いやすくておすすめです。


ベトナム航空とベトジェットに日本〜ダナン間の直行便があります。

 

フエのフバイ空港へは日本からの直行便はありません。

ハノイ、ホーチミンで乗り換え、ベトナム航空、ベトジェットを利用してフエのフバイ国際空港に行くことになります。

ご家庭の都合に合わせて航空機の出発時間や料金をチェックしてみるといいですよ。

オプショナルツアーを利用すれば、個人でも楽に旅行できます。

 

まとめ

この記事では、

【ベトナム子連れ旅行】フエ・ホイアンを観光してみた感想と気づいたこと5つ!

についてまとめてみました。

フエとホイアンでは子連れで、

  • フエの世界遺産の王宮観光
  • ベトナム料理教室体験
  • シクロ乗車体験
  • ベトナム鉄道乗車
  • ビーチで遊ぶ
  • ホイアンの世界遺産・旧市街観光

が楽しめます。

実際に旅行して気づいたことは、以下の5点です。

  • 空港とホテルの送迎は事前にお願いしておく
  • 世界遺産の観光はガイドさんがいる方が良い
  • シクロはとても楽しいが、値段交渉が難しい
  • 世界遺産のホイアンで夕食を食べるなら予約が必須
  • 宿泊先に悩んだらダナンがおすすめ

これから子連れでベトナム旅行を考えているご家族のお役に立てればうれしいです。

家族で思い出に残る旅行になるといいですね。

 

この記事を書いている人 - WRITER -
はじめまして!Satokoです。 子連れアドベンチャー旅行専門家。 北はアラスカから南はオーストリア・カンガルー島まで、アジアを中心に子連れで14ヶ国訪問済。 自然豊かな場所での生活を夢み神奈川から群馬へ引っ越したものの、主人の転勤で大都会の香港へ。右往左往の子連れ香港駐在生活を4年3ヶ月送り、2018年3月、日本に帰国。現在、群馬県在住。 子連れ冒険国内・海外旅行、香港駐在生活、生活に役立つグッズや情報などを発信しています!
詳しいプロフィールはこちら

Copyright© アドベンチャー家族旅行 , 2019 All Rights Reserved.