子連れ冒険国内・海外旅行、香港駐在生活、長野県の発酵・加工食品、生活に役立つ情報などを発信します!

【香港赴任必需品】香港生活で必ず役立つもの7選!

WRITER
 
香港生活アイキャッチ画像
この記事を書いている人 - WRITER -
はじめまして!Satokoです。 子連れアドベンチャー旅行専門家。 北はアラスカから南はオーストリア・カンガルー島まで、アジアを中心に子連れで14ヶ国訪問済。 自然豊かな場所での生活を夢み神奈川から群馬へ引っ越したものの、主人の転勤で大都会の香港へ。右往左往の子連れ香港駐在生活を4年3ヶ月送り、2018年3月、日本に帰国。現在、群馬県在住。 子連れ冒険国内・海外旅行、香港駐在悩み、生活に役立つグッズや情報などを発信していきます!
詳しいプロフィールはこちら
スポンサーリンク

こんにちは〜。Satokoです。

 

2月になりました。

そろそろ海外に転勤が決まったり、日本帰国が決まったりする時期ですね。

はじめて海外生活をする人にとって、日本からどんなものを準備すれば良いか気になりますよね。

 

今回は、香港で4年間暮らした経験から、香港生活で必ず役立つもの7選について紹介します。

 

香港で新生活をされる方、必見ですよ。

satoko

 

香港赴任必需品7選

香港で生活に必要なものは、ほぼ手に入ります。

日用品、食品とも日本のものがかなり浸透しているので、値は張りますが大抵のものは揃います。

なので、これといって準備するものは特にありません。

 

でも、暮らしてみると「持ってきてよかった!」と思えるものがあるのは事実です。

 

香港で日本のものがなんでも手に入るといっても、日本で買うのとは違って商品の選択肢は限られ、値段もびっくりするほど高くなります。

 

今回おすすめする生活必需品は、地元の人の生活ではあまり必要としない、だけど日本人の生活スタイルなら必ず役立つもの7選を紹介します。

 

是非、引越し前の参考にしてみてくださいね。

 

変換アダプター

日本の家電製品を香港で使用したい場合、日本の電圧は100V、香港の電圧は220Vと異なるため変換アダプターが必要です。

 

日本のコンセントは差し込み口が2つありますが、香港は3つあります。

 

変換プラグは日本の2つの差し込み口を香港の3つ口に対応させるBFタイプが必要で、いくつか準備しておくと便利です。

 

こちらの変換アダプターは203カ国で使用できるので、海外旅行に行くときも使えて大変便利です。

 

変圧器

日本の掃除機やグリルを使用したい場合は、ワット数の大きい変圧器を利用することをおすすめします。

 

容量の小さなものを使用した場合、日本から持参した家電がヒートして壊れる場合もあります。

 

日章工業のトランスフォーマーNDFシリーズ変圧器は、日本の掃除機や布団乾燥機などの家電を使用する時に使っていますが、特に問題を起こしたことはありません。

ただし、かなり重いです。

 

手荷物で持って行くと大変なので、引っ越しの荷物と一緒に送るのをおすすめします。

 

ロボット掃除機

言葉もわからない知らない土地で、新生活に慣れるのに精一杯。

食べ物の買い出しに行くこと、日本とは違う環境に適応すること。

とても掃除まで手がまわりません。

 

でも、掃除をしないといけませんよね。

 

掃除機は香港で購入すればいいのですが、ロボット掃除機を日本で購入しておくと家事の時間も格段に短縮されます

自分で掃除をするより、格段に綺麗になり、部屋の隅々まで綺麗になり、床がピカピカになります。

カーブのある壁面も難なくホコリを吸い取るので優秀です。

 

お出かけする前にロボット掃除機のスイッチを入れたおけば、帰宅した時には部屋がピカピカ。

 

最近我が家に導入されたものですが『もっと早く買っておけばよかった!』と思えるほど活躍しています。

 

心の余裕も生み出してくれるので、試す価値ありの一品です。

 

室内用物干し

香港の高層アパート暮らしでは、日本のようにベランダがついている物件はあまりありません。

したがって、洗濯物は室内干しが一般的です。

香港のイケアや無印でも物干しは売っていますが、ハンガーを掛けたり、シーツが干せるような『幅のある物干し』は売っていません。

洗濯物の枚数の多いご家庭には、アイリスオーヤマの室内物干しがおすすめです。

この物干しの良い点は、ハンガー掛けで6人分の洗濯物も干せ、しかも耐久性があります。

 

4人用もあります。

 

魚焼きグリル

海外生活していると、時々焼き魚を食べたくなります。

でも、この焼き魚の煙と匂いが海外では問題になります。

私は過去、焼き魚事件でアパートの警備員から注意を受けたことがあります。

 

ある日、サンマが食べたくなって日本から持参した魚焼きの網を使って焼いていたんですね。

香港の外は暑いのでエアコンをかけて窓は閉めていたのですが、室内は煙がもくもくと充満し、秋刀魚の匂い…

ちょっとすごい煙だったので、何気なく窓を開けたんですね。

しばらくして、近所から焦げ臭い、火事かもしれない!」という通報で、アパートの警備員が確認しにきたという一件がありました。

 

キッチンに換気扇はありましたが、焼き魚の煙の量に追いつかなかったようです。

 

以来、魚を料理する際は調理方法を変えて気をつけていますが、今は優れた魚焼きグリルが登場しています。

パナソニックのロースター・けむらん亭は、煙も出ないし、魚の焼いた匂いも充満しません。

私のような一件を起こさないためにも、焼き魚が食べたい人は準備しておくと安心です。

 

布団乾燥機

香港の湿度は、驚くほどムシムシしています。

夏は湿度が70-90%、冬も50-70%。

 

寝具はベッドを使用するのが一般的ですが、日本の住宅のようにベランダのあるアパートは少ないので、掛け布団や毛布を外に干すことはできません。

 

サラッとした寝具で眠るのが幸せ!

 

そう思うあなたには、布団乾燥機を準備するのがおすすめです。

乾燥機をベッドと掛け布団の間にセットしてスイッチオン!

約60分でベッドと掛け布団がサラサラになりますよ。

 

湿度の高い香港でも快適な睡眠が保証されます。

 

お風呂のフタ

浴槽のあるアパートなら、おすすめしたいのがお風呂のフタです。

 

普段はシャワーで済ましてしまいますが、寒くなるとお風呂が恋しくなります。

香港のバスタブは大きいので、フタがないとお湯を入れているうちにどんどんお湯が冷めていきます。

お風呂のフタがあれば、お湯が冷めることもありません。

 

当然、追い炊き機能などありませんからお風呂のフタがあると便利。

バスタブの幅が日本のものと比べて広めなので、幅が大きく、折りたたみでサイズの調節が可能なものを2枚準備しておくと便利です。

 

 

まとめ

いかがでしたか。

香港生活で必ず役立つもの7選を紹介しました。

  • 変換アダプター
  • 変圧器
  • ロボット掃除機
  • 室内用物干し
  • 魚焼きグリル
  • 布団乾燥機
  • お風呂のフタ

基本的に、香港で生活に必要なものはほとんど手に入ります。

 

でも『手に入る商品』と『必ず役立つ商品』は全く異なりますよ。

 

「海外に行ってまで、こんなもの必要ない」と思うかもしれませんが、あると役立つと思い紹介させていただきました。

 

香港での新生活の準備に少しでもお役に立てれば、幸いです!

 

スポンサーリンク
この記事を書いている人 - WRITER -
はじめまして!Satokoです。 子連れアドベンチャー旅行専門家。 北はアラスカから南はオーストリア・カンガルー島まで、アジアを中心に子連れで14ヶ国訪問済。 自然豊かな場所での生活を夢み神奈川から群馬へ引っ越したものの、主人の転勤で大都会の香港へ。右往左往の子連れ香港駐在生活を4年3ヶ月送り、2018年3月、日本に帰国。現在、群馬県在住。 子連れ冒険国内・海外旅行、香港駐在悩み、生活に役立つグッズや情報などを発信していきます!
詳しいプロフィールはこちら

Copyright© アドベンチャー家族旅行 , 2018 All Rights Reserved.