子連れ冒険国内・海外旅行、香港駐在生活、長野県の発酵・加工食品、生活に役立つ情報などを発信します!

【香港・西灣】シークレットビーチで子供と海水浴!

WRITER
 
西灣のアイキャッチ画像
この記事を書いている人 - WRITER -
はじめまして!Satokoです。 子連れアドベンチャー旅行専門家。 北はアラスカから南はオーストリア・カンガルー島まで、アジアを中心に子連れで14ヶ国訪問済。 自然豊かな場所での生活を夢み神奈川から群馬へ引っ越したものの、主人の転勤で大都会の香港へ。右往左往の子連れ香港駐在生活を4年3ヶ月送り、2018年3月、日本に帰国。現在、群馬県在住。 子連れ冒険国内・海外旅行、香港駐在生活、生活に役立つグッズや情報などを発信しています!
詳しいプロフィールはこちら

こんにちは〜。Satokoです。

だんだんと暖かくなったきましたね。

香港のビーチシーズンもまもなく開幕を迎えようとしています。

さて、今日は香港のビーチのお話。

 

都会のイメージの強い香港ですが、海に囲まれた土地柄なのでビーチがたくさんあります。

貴重な休日を利用して海に行くからには、思い出に残るような場所に行きたい。

 

そこで選んだ場所が香港・西貢にある西灣(Sai Wan)です。

ここはちょっと交通の便の悪いところにありますが、大自然の中にあるシークレットビーチです。

 

この記事を読めば、今すぐにでも西灣に出かけてみたくなること間違いなし!

スポンサーリンク

西灣(Sai Wan)とは?

西灣の写真

西貢東郊野公園(Said Kung East Country Park)の東側には大浪灣があり、東灣、大灣、鹹田灣、西灣の4つのビーチからなっています。

今回紹介するのは、そのうちの一つ、西灣(Sai Wan)です。

ビーチのポイント

西灣の写真

このビーチをオススメするポイントは、

  • コバルトブルーの海
  • 白い砂浜
  • 緑濃い山並み
  • 空いている
  • 香港の街にある高層ビルが一つも見えない

ところです。

車で直接乗り入れることのできない場所にあるので人もまばら。

人口の過密した香港にあるとは思えないほど別世界の絶景ビーチです。

 

海水浴場は比較的遠浅で程よい波もありますので、子供を安心して遊ばせることができます。

ただし、ライフガードがいない海水浴場なので遊んでいる子供から目を離さないことが大切です。

 

マリーンスポーツが盛んなビーチリゾート

西灣はサーフィンやパドルボートの練習にはもってこいの場所。

近くでは、地元の子供たちがサーフィンのレッスンを楽しそうに受けていました。

海辺にはキャンプ場もあり、キャンプもできますよ。

マリンスポーツの道具やキャンプ用テントのレンタルもあり、大きな荷物を持っていく必要はありません。

ただし、ビーチには日差しを遮る場所がないので、日差しよけのシェード、日焼け止め、飲料水は必須。

お金をかけたくなければシェードは持参で、荷物を軽くしたいなら浜辺にある食堂でレンタルしても良いかもしれません。

沖合いのボートの写真

沖合には貸切ボートが停泊して、船からジャンプをして海に飛び込む子供たちや船に設置された滑り台から海に滑り込む人たちもいて、自分も滑り台から海へ「ドボ〜ン」とやってみたい気分になります。

大自然の中に身を置けて、泳いでも浜辺で休んでもリゾート気分が味わえる西灣は香港の中でもベストビーチといえます。

大変オススメです。

 

スポンサーリンク

西灣の場所

スポンサーリンク

西灣への行き方

西貢の街から大浪西灣への行き方はいくつかありますが、今回はボートを利用する行き方と車を利用する行き方の2つを紹介します。

どちらも一長一短があります。

ご家庭のお好みに合わせて選ぶとよいですね。

 

はじめに西貢の街までの行き方

まずは、西灣観光の拠点となる西貢(Sai Kung)へ行きます。

  • MTR鑽石山(Diamond Hill)駅、出口C2から92番バスで終点の西貢バスターミナル下車。
  • MTR坑口(ハンハウ)駅出口B1からミニバス101Mで西貢下車。

 

西貢から西灣までボートを利用する行き方

西灣へ行くボートの写真

西貢の公衆埠頭(Public Pier)からスピードボートに乗って30-40分。

埠頭前のビーチパラソルでスピードボートのチケットを売っています。

西貢チケット売り場写真

英語は通じませんが、漢字で行き先を伝えるとボートの出発時間を教えてくれます。

片道1人、150HKD。

 

西灣にボートを停める埠頭がないので、写真のように波打ち際までボートを近づけて乗り降りします。

波が来ると大人の太ももあたりまで水に浸かります。

なので、濡れても良い格好でボートに乗ることをオススメします。

 

帰りのチケットは西灣にある食堂で買えます。

ボートの出発時間が決められているので、現地に到着次第購入するとよいです。

 

 

長所

西貢ー西灣までの到着に要する時間が短い。

香港ジオパークに指定された海辺の景色を眺められる

短所

ボート代が高い 片道1人、150HKD。

ボートがかなり跳ねます。

 

西貢から西灣まで車と徒歩を利用する行き方

西貢からタクシーか、白いミニバスNR29に乗って西灣亭(Sai Wan Pavilion)まで行きます。

所用約30分です。

タクシーは片道約100HKD。

ミニバスは片道17HKD。

西灣ー西灣亭のミニバス時刻表

バスの時刻表です

引用:緑洲 Oasistrek

西灣亭から西灣までは下りのハイキングで30分です。

長所

経済的です。

短所

西灣亭から30分歩く必要があります。

海水浴シーズンはかなり日差しが強く、蒸し暑いので飲料水持参は必須。

帰り道は登りの坂道、泳いだ後なのでそれなりの心の準備が必要です。

行きは車、帰りはボートにすれば疲労も少なくすみますよ。

 

スポンサーリンク

まとめ

いかがでしたか?

摩天楼のイメージが強い香港ですが、西灣のような絵に描いたような美しいビーチもあるんですよ。

車では入り込めない場所にあるので秘境度も満点です。

ぜひ一度、香港のシークレットビーチ西灣で子供と一緒に海水浴をしてみてはいかがですか。

絶対後悔しないオススメのビーチです。

 

以上、『【香港・西灣】シークレットビーチで子供と海水浴!』でした。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

 

香港で川遊びもおすすめです→【新娘潭】香港郊外の大自然で蒸し暑さも吹き飛ぶ川遊び!

この記事を書いている人 - WRITER -
はじめまして!Satokoです。 子連れアドベンチャー旅行専門家。 北はアラスカから南はオーストリア・カンガルー島まで、アジアを中心に子連れで14ヶ国訪問済。 自然豊かな場所での生活を夢み神奈川から群馬へ引っ越したものの、主人の転勤で大都会の香港へ。右往左往の子連れ香港駐在生活を4年3ヶ月送り、2018年3月、日本に帰国。現在、群馬県在住。 子連れ冒険国内・海外旅行、香港駐在生活、生活に役立つグッズや情報などを発信しています!
詳しいプロフィールはこちら

Copyright© アドベンチャー家族旅行 , 2018 All Rights Reserved.