子連れ冒険国内・海外旅行、香港駐在生活、長野県の発酵・加工食品、生活に役立つ情報などを発信します!

香港タクシーの運転手は個性的!あなたならどのタクシーに乗りたい?

WRITER
 
香港の街の写真
この記事を書いている人 - WRITER -
はじめまして!Satokoです。 子連れアドベンチャー旅行専門家。 北はアラスカから南はオーストリア・カンガルー島まで、アジアを中心に子連れで14ヶ国訪問済。 自然豊かな場所での生活を夢み神奈川から群馬へ引っ越したものの、主人の転勤で大都会の香港へ。右往左往の子連れ香港駐在生活を4年3ヶ月送り、2018年3月、日本に帰国。現在、群馬県在住。 子連れ冒険国内・海外旅行、香港駐在悩み、生活に役立つグッズや情報などを発信していきます!
詳しいプロフィールはこちら
スポンサーリンク

こんにちは〜。Satokoです。

今日は、私が暮らしている香港のタクシーについて、ちょっと話をしますね。

香港のタクシーは初乗りで300円くらいなので、時々タクシーを利用します。

これまで、いろいろなタクシーの運転手さんに乗せてもらったのですが、記憶に残る個性的なタクシーの運転手さんを紹介しますね。

あなたなら、どの運転手さんのタクシーに乗ってみたいですか?

奥さんラブのタクシー

運転中なんども奥さんから電話がかかってくるタクシー。

 

電話が鳴るたびに、携帯の待ち受け画面に奥さんと子供の画面が映る。

 

運転よりも、画面の奥さんとの会話に夢中。

 

声のトーンがちょっと❤。

 

「電話はいいから、まっすぐ向いて運転してくださ〜い」

 

と言いたくなりますが、広東語がわからないのでしょうがないです。

 

競馬夢中のタクシー

携帯の画面は現在進行中の競馬の結果。

 

結果が出るたびに、誰からか電話が入り、画面を確認しては、何かを伝えている様子。

 

『絶対、馬券買いながら仕事している』

 

と推測の私。

 

自由気ままねぇ。

 

初心者のタクシー

最寄りの駅からアパートまでタクシーを使った時のこと。

 

「○△アパートまで、お願いします」

 

「?」

 

「○△アパートまで、お願いします」

 

「ここから、アパートまでの行き方わかる?」

 

「今日から働き始めたから、まだ道がわからなくてねぇ」

 

香港では道がわからなくてもタクシー運転手になれるんですね。

 

 

スピード狂のタクシー

制限速度70kmの一般道を100kmで走るタクシー。

 

高速道路でも、どこにスピードメーターが置かれているか全て把握しているようで、場所によってスピードの出し方が極端に変わります。

 

乗っている方は生きた心地しません。

 

超安全運転のタクシー

スピード狂と対照的なタクシー。

 

制限速度70kmのところを40kmで走るので、なかなか家に帰れません。

 

安全運転なのか、タクシーが古くてスピードが出ないのか。

 

謎。

 

乗車拒否のタクシー

香港のタクシーは三種類の色(赤、緑、水色)に分かれ、それぞれの色で走れる地域が決まっています。

 

タクシーの担当地域を超えるような場所では、それ専用のタクシーに乗る必要があります。

 

その専用のタクシーの乗り場で目的地までの地図を見せても

 

「わからないからダメ」

 

と言われ、乗車拒否されたことがあります。

 

6台全てに乗車拒否。

 

理由は

 

「遠いから」

 

「場所がわからないから」

 

『子供の学校の迎えに間に合わない…』

 

と焦るばかりの自分。

 

7台目。

 

「どうしても急いで家に帰らないと子供の学校の迎えに間に合わない」

 

と半泣きでお願いしたら、

 

初めは拒否していた運転手さん

 

「わかったー!」

 

とニヤリと笑って乗せてくれました。

 

今でもこの運転手さんには感謝の気持ちでいっぱいです。

 

日本歌手ファンのタクシー

最寄り駅からアパートまでタクシーに乗っていた10分あまりの出来事。

 

乗車するなり

 

「韓国人?日本人?」

 

と突然英語で聞かれ

 

「日本人」

 

と答えました。

 

「日本人の歌手で○△□、知ってる?」

 

と聞かれたのですが、

 

○△□の部分だけ広東語。

 

「うーん、わからないねぇ」

 

「知らない?とっても有名な歌手だよ」

 

とタクシーの運転手。

 

「よかったら、歌ってくれる?そしたらわかるかもしれない」

 

と私。

 

「えーっ、歌うの〜」

 

と照れながら、歌ってくれました。

 

日本語で上手に。

 

それは

 

 

 

安全地帯の「悲しみにさようなら」

 

 

 

 

「知ってる〜!」

 

と思わず運転手さんと一緒に歌ってしまいました。

 

「意味はわからないんだけどねぇ」

 

と気を良くした運転手さん。

 

「△△○□の曲知ってる?」

 

「また歌って!」

 

今度は

 

「今以上、それ以上、ワインレッドの…」

 

『ワインレッドの心』

 

を歌い出し、またしても二人で合唱。

 

運転手さんは玉置浩二の大ファンでした。

 

まさか、タクシーの中で日本の歌を運転手さんと一緒に歌うなんて、ビックリ体験でした。

 

まとめ

香港のタクシーでは、時々個性的な運転手さんに出会いますが、

奥さんラブ、競馬夢中、初心者、スピード狂、超安全運転、乗車拒否、日本歌手ファンのような運転手さんばかりでないので、

安心して香港のタクシーをご利用くださいませ。

変わった運転手さんを見つけたら、ぜひ教えてくださいね。

スポンサーリンク
この記事を書いている人 - WRITER -
はじめまして!Satokoです。 子連れアドベンチャー旅行専門家。 北はアラスカから南はオーストリア・カンガルー島まで、アジアを中心に子連れで14ヶ国訪問済。 自然豊かな場所での生活を夢み神奈川から群馬へ引っ越したものの、主人の転勤で大都会の香港へ。右往左往の子連れ香港駐在生活を4年3ヶ月送り、2018年3月、日本に帰国。現在、群馬県在住。 子連れ冒険国内・海外旅行、香港駐在悩み、生活に役立つグッズや情報などを発信していきます!
詳しいプロフィールはこちら

Copyright© アドベンチャー家族旅行 , 2017 All Rights Reserved.