子連れ冒険国内・海外旅行、香港駐在生活、長野県の発酵・加工食品、生活に役立つ情報などを発信します!

【モンゴルのゲルに家族で宿泊】自分でアレンジしてみませんか?

WRITER
 
ステップノマズのアイキャッチ画像
この記事を書いている人 - WRITER -
はじめまして!Satokoです。 子連れアドベンチャー旅行専門家。 北はアラスカから南はオーストリア・カンガルー島まで、アジアを中心に子連れで14ヶ国訪問済。 自然豊かな場所での生活を夢み神奈川から群馬へ引っ越したものの、主人の転勤で大都会の香港へ。右往左往の子連れ香港駐在生活を4年3ヶ月送り、2018年3月、日本に帰国。現在、群馬県在住。 子連れ冒険国内・海外旅行、香港駐在悩み、生活に役立つグッズや情報などを発信していきます!
詳しいプロフィールはこちら
スポンサーリンク

モンゴルに家族で行こうと考えているあなた。

ツアー内容を調べているうちに、こんなことで悩んでいませんか。

 

「ゲルに滞在する日程が短いなぁ」

 

「移動ばかりの旅行のスケジュールに子供がついていけるかなぁ」

 

「日程の割に高いなぁ」

 

 

実はこれらの悩み。

私がモンゴル旅行のツアー情報をネットで調べた時の感想です。

satoko

 

一体どうやったら、家族でお得にモンゴルの大草原にいけるの?

 

それを可能にしたのが、個人旅行です。

 

モンゴルで個人旅行は可能なの?

 

私、モンゴル語全然わかりません。

モンゴルを旅した経験もありません。

だけど、なんとか旅して無事帰ってきました。

 

今回、冒頭の悩みを解消してくれたツーリストキャンプについて紹介します。

この記事を読めば、

  • 自分でツーリストキャンプの宿泊予約
  • 食事、アクティビティの予約
  • 送迎の予約

ができるようになります。

 

しかも意外と簡単にできます。

 

自分でアレンジして、モンゴルの大草原へ家族旅行してみませんか。

 

モンゴルの旅の希望を具体的にイメージしてみました

まずはじめに、自分たちがモンゴルでどんな旅をしたいかイメージしてみました。

  1. 見渡す限りの大草原の中、ゲルに宿泊
  2. 衛生的
  3. 宿泊日数が自由に決められる
  4. 毎日、車で移動するような旅はしない
  5. アクティビティが選べる
  6. 英語が通じる
  7. お得感が感じられる

 

ステップノマズツーリストキャンプ( Steppe Nomads Tourist Camp) について

いくつかツアーや宿泊施設を探し内容を検討した結果、上記の1~7全てを叶えられそうな場所がステップノマズツーリストキャンプでした。

場所

ステップノマズツーリストキャンプはウランバートルから車で東へ約2時間、130km。

舗装された道路を113km、道なき草原の中を17km走ります。

大草原、丘、川、馬、ゲル…モンゴルで理想とする全てのものがあります。

ステップノマズツーリストキャンプのホームページは英語で、しかも料金が明確に表示されているので、旅行の計画・予算が立てやすいのが魅力です。

 

宿泊内容をお好みにアレンジできます

ステップノマズツーリストキャンプはあなたの希望に合わせて宿泊内容をアレンジできます。

しかもお得なサービスもあります。

ここでは、実際どんな感じでアレンジできるのかお伝えしましょう。

宿泊日数が自由に決められます

 

宿泊予約画面の画像

出典:Steppe Nomads Ger Camp

6泊宿泊で一泊無料!

リピーターは10%割引!

ホームページのトップページから宿泊希望日と人数を選べます。

 

宿泊したい建物の種類(ゲルかコテージ)と場所が選べます

ゲルを選択するページの画像

 

自分の宿泊したいゲルやコテージを選び、クリックするだけです。

 

 

ステップノマズツーリストキャンプマップ

上記のCamp Planを参考に、お好みの場所を選んで予約をするのがオススメです。

もし希望があれば、ホームページから直接予約すると良いですよ。

 

食事の有無とアクティビティが選べます

食事、アクティビティの予約画像

昼食と夕食の有無(朝食は付いています)にチェックを入れます。

食事の有無によって金額(Total Amount)が変わります。

各種アクティビィティ(カヤック、釣り、マウンテンバイク、ラフティング、乗馬、アーチェリー)は、当日現地で予約することも可能ですが、オンラインで予約すると3泊宿泊でレンタルアイテムはどれも無料になりお得です。

 

送迎も予約できます

送迎の予約画像

空港およびウランバートルのホテルからの送迎をお願いすることができます。

あらかじめ予約しておけば、予定通りにドライバーがホテルや空港に迎えに来てくれます。

ドライバーは英語が通じませんでしたが、自分の名前、行き先を明確にしておけば自分の送迎の車か確認ができ、安心です。

実際に宿泊してみた感想

インターネットで予約してみたステップノマズツーリストキャンプ。

宿泊までにわかる情報はインターネットからの情報のみ。

ステップノマズツーリストキャンプに実際宿泊した感想を環境・設備・言葉の3つの観点からみてみます。

 

【環境 】何もないけど全てがある

ステップノマズ全景写真

宿泊したゲルから歩いていける範囲に、大草原、ヘルレン川、丘、馬。全てがあります。

人工的な建物は事務所と宿泊施設を除いて皆無です。

何もない大草原の草から、なぜかほのかにブルーベリーの香り。

思いっきり走り回ったり、ボール遊びをしても大地は有り余っています。

 

ヘルレン川の写真

キャンプの隣を流れるヘルレン川。

ユーラシア大陸北東部から中国北部にかけて流れている川です。

昔、チンギス・ハンがヘルレン川一帯を活動範囲にしており、モンゴルの遊牧民の多くが活動した地域です。

その雄大な流れに向かって石を投げて遊んだり、放牧されたヤギやヒツジを眺めたり、家族だけで静かな時を過ごせます。

放牧されたヤギの写真

ステップノマズツーリストキャンプには、何もないけど全てがあります。

 

【設備】何もない場所にいると思えば十分

ゲルの写真

ゲルの宿泊人数は4人ですが、子供用のベッド(身長130cmくらいまで可能)を一台追加して5人まで宿泊できます。

ゲルは大きな柱に支えられて羊の毛で作られたフェルトで覆われ、室内の空間は思ったより広々していてゆったりとした作りです。

ゲル室内写真
ゲルのストーブ写真

シャワー、トイレ、洗面所もあります。

シャワーはお湯が出ない時もありましたが、何もない辺境の地にいて、シャワーが浴びられ、トイレがあると思えば十分な設備です。

 

レストラン写真

レストランでは、毎食、羊の肉が中心のモンゴル料理を味わえます。

我が家は1日3食、ここのレストランで食べました。

モンゴル料理の写真
サラダの写真

肉がメインで野菜は葉物よりもジャガイモ、ニンジンなどが中心。

写真はランチですが、これにパンと紅茶が付きます。

全体的に量が多く、少食の人や子供なら朝と昼か夜の1日2食でちょうどいい量です。

お醤油を持参すると、味にバリエーションが出ますよ。持っていけばよかったものです。

satoko

 

【言葉】指差し会話帳があると、とっても便利

宿泊の予約はホームページから一通りでき、キャンプ内に一人英語を話せる人がいたので宿泊に関して特に問題になることはありません。

 

しかし、非常に役に立ったのが、旅の指さし会話帳16モンゴル (ここ以外のどこかへ!)

宿で働いている女性が休み時間にモンゴルのすごろくを教えてくれ一緒に遊ぶ機会がありました。

ゲームのルールを教えてもらったり、我が家の家族のことを知ってもらうとき、指差しながら楽しく会話が弾みました。

 

お互い共通する言葉がない時、ジェスチャーでもなんとかなりますが、指差し会話帳はもう一歩踏み込んだ会話のツールになります。

旅の指さし会話帳16モンゴル (ここ以外のどこかへ!)

旅の思い出もさらに良いものになり、一冊持参すると大変便利ですが、現在この本の価格はびっくりするほどのお値段。

 

図書館などで探してみても良いかもしれませんね。

 

まとめ

いかがでしたか?

モンゴルの大草原でゲルに宿泊するにはツアーを利用する方法が一般的ですが、ツーリストキャンプのホームページを利用して個人で申し込みをする方法をここでは紹介しました。

モンゴルの旅行では、ホテルや空港から大草原のツーリストキャンプまでの移動が一番のネックですが、ツーリストキャンプの送迎サービスを利用すれば、個人旅行も可能です。

モンゴルを家族で旅してみたいと考え、予算や日程が自分たちの都合に合わないと思った時は、ステップノマズのようなツーリストキャンプを利用して旅のアレンジをしてみるのもオススメです。

ステップノマズツーリストキャンプのご予約はこちらも参考になります。

以上、『【モンゴルのゲルに家族で宿泊】自分でアレンジしてみませんか?』でした。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

スポンサーリンク
この記事を書いている人 - WRITER -
はじめまして!Satokoです。 子連れアドベンチャー旅行専門家。 北はアラスカから南はオーストリア・カンガルー島まで、アジアを中心に子連れで14ヶ国訪問済。 自然豊かな場所での生活を夢み神奈川から群馬へ引っ越したものの、主人の転勤で大都会の香港へ。右往左往の子連れ香港駐在生活を4年3ヶ月送り、2018年3月、日本に帰国。現在、群馬県在住。 子連れ冒険国内・海外旅行、香港駐在悩み、生活に役立つグッズや情報などを発信していきます!
詳しいプロフィールはこちら

Copyright© アドベンチャー家族旅行 , 2018 All Rights Reserved.