子連れ冒険国内・海外旅行、香港駐在生活、長野県の発酵・加工食品、生活に役立つ情報などを発信します!

【子連れモンゴル旅行】非日常のアウトドア体験を8つ紹介!

WRITER
 
ヘルレン川と馬のアイキャッチ画像
この記事を書いている人 - WRITER -
はじめまして!Satokoです。 子連れアドベンチャー旅行専門家。 北はアラスカから南はオーストリア・カンガルー島まで、アジアを中心に子連れで14ヶ国訪問済。 自然豊かな場所での生活を夢み神奈川から群馬へ引っ越したものの、主人の転勤で大都会の香港へ。右往左往の子連れ香港駐在生活を4年3ヶ月送り、2018年3月、日本に帰国。現在、群馬県在住。 子連れ冒険国内・海外旅行、香港駐在生活、生活に役立つグッズや情報などを発信しています!
詳しいプロフィールはこちら

こんにちは〜。Satokoです。

子供と一緒にモンゴル旅行に行こうと考えているあなた。

モンゴルの大草原に行ったらどんな体験ができるか興味はありませんか?

今回は、モンゴルの大草原でできるアウトドア体験を紹介します。

子供と一緒に非日常体験をしてみませんか?

スポンサーリンク

360度見渡す限りの大草原をみる

360度見渡すモンゴル大草原写真

モンゴルを旅行する人が一番みたいのが、見渡す限りの大草原と言っても過言ではないでしょう。

ツーリストキャンプの裏山に登ってみれば、360度見渡す限りの大草原!

世界一人口密度が低い国(約1.9人/㎢)というのも納得です。

どこまでも続く緑の丘陵とゆったりとした川の流れ。

大昔から変わらない絶景が今の時代にも残っています。

 

スポンサーリンク

川下りで馬の大集団に遭遇する

ヘルレン川で川下りの写真

モンゴルの大草原を流れるへルレン川。

インフレータブルカヤックで川下りをするのもおすすめです。

川の上流まで車で送迎してもらい、そこからカヤックに乗って家族で川下り。

モンゴルの8月、午後3時の日差しはまだ強いですが、川の水はかなりヒンヤリしています。

ゆるやかに流れるへルレン川を2時間かけて下ります。

カヤックは方向転換する時以外、ほとんど漕ぐ必要はありません。

水鳥を眺めたり、地元の人が川で水浴びをしていたり。

運が良ければ、100頭近い馬が水浴びしている間をカヤックで抜けていく体験もできます。

ヘルレン川にいる馬の写真

馬のまさに真横を通るので、スリル満点。

馬の大集団に遭遇できるのもモンゴルのならではの魅力ですね。

 

スポンサーリンク

馬に乗りトレッキングする

モンゴルで乗馬の写真

ポニーに乗った経験があっても、馬に乗ったことがある人は少ないでしょう。

初めて乗る馬の背中は硬くて、走り出すとお尻と太ももに力が加わるのがわかります。

遊牧民のガイドさんが引き馬をしてくれるので、馬が突然走り出す心配はないのですが、馬の性格も色々。

おとなしい馬もいれば、ブンブン顔を左右に揺らして落ち着かない馬。

走りたがらない馬などいろいろいます。

 

大草原を馬に乗って移動すると発見もあります。

平に見える草原が意外とボコボコしていたり、歩くよりスピードが速かったり、馬が走りながらウンチをしたり…。

モンゴルの大帝国の騎馬隊は1日に何キロくらい移動したのかなぁとか、親子で会話しながら騎馬民族の気分が味わえます。

 

それにしても、馬を乗りこなすのは難しい!

4時間の乗馬が終わる頃、私のお尻は擦りむけて全治10日かかりました(笑)。

颯爽と馬にのる遊牧民に比べて、私はなんとひ弱な現代人。

モンゴル人のたくましさが実感できますよ。

 

現代的な遊牧民の生活を見学する

遊牧民のゲルの写真

馬に乗ってトレッキングしながら、遊牧民のゲルを訪ねるのもオススメです。

ゲルを訪れる際は、ちょっとしたお土産(鉛筆や画用紙など)を持参すると喜ばれます。

 

お茶とお菓子で歓迎を受け、しばし歓談。

室内を見渡せば、ゲルの中は至ってシンプルです。

少しの家具とベッド、食器。

一つのゲルに家族6人が暮らしています。

 

そこでは現在の遊牧民の生活がリアルにわかります。

 

高校生の娘さんは夏の間、引き馬のガイドとして馬を操る一方、家庭の所有するトヨタのプリウスも運転します。

ゲルにはパラボラアンテナ。

テレビも、風力発電もあり。

携帯電話も使っています。

 

家族は夏の間、大草原で家畜の世話をし寒くなるとウランバートルに戻って生活します。

親の世代は学校には行きませんでしたが、子供の世代は高校に行くためにウランバートルで暮らします。

遊牧民のゲルを訪れると現代の遊牧民の暮らしがわかり大変興味深いです。

 

スポンサーリンク

ゲルの中で生活することを考える

ゲルの写真

大草原の中にあるゲルに子供と一緒に泊まってみると、そこは無い無い尽くし。

 

ゲルの中に電気はない。

水道もない。

トイレもない。

洗濯機もない。

冷蔵庫もない。

 

便利な生活とは正反対の環境でモンゴルの遊牧民たちが暮らしているということをリアルに体験できます。

もちろん、無い無い尽くしの環境で長く暮らすことは多分不可能ですが、なくても暮らせることをゲルを通して学べます。

 

空を見上げる

雲が近い写真

草原に寝転んで空を見上げてみよう。

いつもと違う空の景色に気づくはず。

空がどこまでも青く、広い!

雲に手が届きそうなくらい近い。

雨雲が移動している写真

雨を降らせている雲が草原の上を移動しているのが見えます。

地上の景色だけでなく、空を見上げる楽しさもあります。

 

美しい夕焼けをみる

夕焼けの写真

モンゴルの夏の日没は遅く、夜10時頃まで明るい。

山の端に太陽がゆっくりと沈んでいきます。

大草原が夕日に照らされ、刻々と夕焼けの景色が変わっていく様子の中、家族で食後のお散歩を楽しめます。

 

満天の星空をみる

日中の草原は遠くまで見渡せますが、夜の草原は闇の中。

もし、夜の草原に一人で置いていかれたら方向感覚を失うくらい真っ暗です。

そんな闇を体験しながら外のお手洗いに行くと、空には満天の星が輝いています。

広大なモンゴルの空にある無数の星はここでしかみられません。

子供達が遊び疲れて眠りにつく頃、もう一度暖かい格好をして夜空を見上げて1日を振り返るのもオススメです。

 

まとめ

いかがでしたか。

子連れモンゴル旅行で体験できる8つの非日常アウトドア体験を紹介しました。

  1. 360度見渡す限りの大草原をみる
  2. 川下りで馬の大集団に遭遇する
  3. 馬に乗りトレッキングする
  4. 現代的な遊牧民の生活を見学する
  5. ゲルの中で生活することを考える
  6. 空を見上げる
  7. 美しい夕焼けをみる
  8. 満天の星空をみる

子供と一緒に異文化体験をアウトドアでできるのがモンゴルの魅力ですね。

 

モンゴルは医療整備があまり整っていないので、何かあった時のために事前に海外旅行保険、特に緊急移送を含む海外旅行傷害保険の加入をお勧めします。

また、体調を崩した時のために家庭の常備薬を持参しておくと安心ですね。

 

今回紹介した体験に興味のある方、自分で旅行を手配してみたい方には、【モンゴルのゲルに家族で宿泊】自分でアレンジしてみませんか?の記事も宿泊先の参考になります。

以上、『【子連れモンゴル旅行】非日常のアウトドア体験を8つ紹介!』でした。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

 

この記事を書いている人 - WRITER -
はじめまして!Satokoです。 子連れアドベンチャー旅行専門家。 北はアラスカから南はオーストリア・カンガルー島まで、アジアを中心に子連れで14ヶ国訪問済。 自然豊かな場所での生活を夢み神奈川から群馬へ引っ越したものの、主人の転勤で大都会の香港へ。右往左往の子連れ香港駐在生活を4年3ヶ月送り、2018年3月、日本に帰国。現在、群馬県在住。 子連れ冒険国内・海外旅行、香港駐在生活、生活に役立つグッズや情報などを発信しています!
詳しいプロフィールはこちら

Copyright© アドベンチャー家族旅行 , 2018 All Rights Reserved.