子連れ冒険国内・海外旅行、香港駐在生活、長野県の発酵・加工食品、生活に役立つ情報などを発信します!

卒業旅行で何をする?2月〜3月におすすめの国内の穴場7選!

WRITER
 
国内卒業旅行のアイキャッチ画像
この記事を書いている人 - WRITER -
はじめまして!Satokoです。 子連れアドベンチャー旅行専門家。 北はアラスカから南はオーストリア・カンガルー島まで、アジアを中心に子連れで14ヶ国訪問済。 自然豊かな場所での生活を夢み神奈川から群馬へ引っ越したものの、主人の転勤で大都会の香港へ。右往左往の子連れ香港駐在生活を4年3ヶ月送り、2018年3月、日本に帰国。現在、群馬県在住。 子連れ冒険国内・海外旅行、香港駐在生活、生活に役立つグッズや情報などを発信しています!
詳しいプロフィールはこちら

こんにちは!

卒業旅行のシーズンに差し掛かってきましたね。

行き先はもう決めましたか?

国内・海外と3人の子供を連れてアドベンチャー旅行をしてきた母ちゃんが、2月〜3月に卒業旅行におすすめの国内の穴場を7つ紹介します。

 

行き先を選んだポイントは以下のいずれかです。

  • 2〜3月が中心のアクティビティ
  • 世界遺産
  • 特別な体験ができる

ぜひ、一生に一度の記念すべき卒業旅行を有意義なものにしてくださいね!

スポンサーリンク

【北海道】網走で流氷をみる!

流氷クルーズの写真

網走といえば、『監獄』や『刑務所』のイメージがありますよね。

でも実は、それだけではありません。

 

網走は、北海道北東部のオホーツク海に面し、能取湖や濤沸湖など雄大な自然が感じられるスポットに満ちています。

特に冬になるとオホーツク海からの流氷が流れてくるほど、厳しい寒さに見舞われる場所です。

 

網走では、中国とロシアを流れるアムール川から流氷が南下し、1月下旬〜4月中旬にかけて流氷が観察できます。

流氷の上には、アザラシやオオワシなど野生動物も観察できることだってあるんです。

流氷を砕きながら進む砕氷船に乗って、日本で唯一、この時期しか見られない流氷が体験できるのですよ。

 

会社勤めをすると2月に連休を取得するのは難しいです。

ましてや子供が生まれたら学校があるので、なかなか行けませんよ。

公式サイト:網走流氷観光砕氷船おーろら

スポンサーリンク

【東京】小笠原諸島でホエール・ウォッチング!

ザトウクジラの写真

自然や動物が好きなら小笠原諸島がおすすめです。

小笠原諸島は東京都小笠原村に属していて、広大な海に囲まれた手付かずの自然、固有種、美しい森や海など見どころ満載の観光地。

2011年には、世界自然遺産に登録されています。

 

特に国立公園特別保護区に指定されている無人島の南島は、東京都と思えない絶景と白い砂浜が楽しめますが、貴重な自然を守るため1日に上陸できる人数はなんと100人のみ。

2月の中旬から上陸が解禁になるので、卒業シーズンのこの機会がチャンスなんです!

しかも遭遇率90%といわれるホエールウォッチングもでき、2〜4月はザトウクジラを観察するベストシーズンなのです。

 

小笠原諸島へ行く定期船『おがさわら丸』は、通常6日に1度の就航のため、最短でも5泊6日を必要とします。

小笠原諸島への唯一の交通手段は船で、東京の竹芝桟橋から小笠原の父島までの距離は約1000km。

所要時間は、なんと約24時間!

 

時間的に余裕がある卒業旅行で行っておくと良いですよ!

公式サイト:小笠原村観光協会

スポンサーリンク

【長野】白馬でスキー!

1998年に開催された長野オリンピック・パラリンピックでアルペンスキーやジャンプの会場となっていたのが、長野県の『白馬』のスキー場です。

初級、中級、上級コースがあり誰もが楽しめる国際的なスキーリゾート地です。

 

白馬コルチナスキー場はゲレンデがすり鉢状になっているので冷たい風がさえぎられ快適にスキーを楽しむことができます。

しかもパウダースノーなので、スキー初心者から上級者も安心して滑れます。

 

『ホテルグリーンプラザ白馬』は、ゲレンデがすぐ目の前の白馬コルチナスキー場の直営ホテル。

学生証の提示で『一泊二食+リフト2日券付き』で、11000円〜。

レンタルスキー&スノーボードセット&ウエアが各1日1000でレンタルが可能です。

学生応援のバイキングプランもあり、卒業旅行におすすめです。

外国人観光客に人気のある白馬は、大都市圏から離れた場所に位置しているので社会人になってから『週末にちょっと白馬へ』とは簡単には行けません。

海外の観光客が日本でどのように過ごしているかを観察するのも良い体験になりますよ。

公式サイト:白馬コルチナスキー場

【広島】原爆ドームを見学する!

原爆ドームの写真

広島の原爆ドームは、1915年に広島県内の物産を展示・販売する目的で建設されました。

1945年の8月6日に人類史状最初の原子爆弾が投下され多くの人がなくなりましたが、その正確な数はわかっていません。

広島の原爆ドームは中に入ってみることはできないので、外から見ることになります。

原爆ドームの近くにある平和記念公園内にある『広島平和記念資料館』には、被爆者の遺品や被曝の惨状を示す資料や写真が展示されています。

広島の原爆ドームは1996年に世界文化遺産に登録されています。

 

これから、海外の人と知り合いになって日本のことを聞かれることがあるかもしれません。

 

その時に、

広島の原爆ドームに行ったことがある?

と結構聞かれます。

 

夏の広島はとても暑いです。

 

卒業シーズンの2〜3月に、一度、戦争について学んでおくと必ず役立ちますよ。

公式サイト:広島平和記念資料館

スポンサーリンク

【愛媛】しまなみ海道をサイクリング!

しまなみ海道の写真

広島県の尾道と愛媛県の今治を結ぶ『しまなみ海道』は日本が誇るサイクリングコースで、瀬戸内海に架かる6つの橋を渡って自転車で走ることができます。


瀬戸内らしいのんびりとした街並みを寄り道をしながらサイクリングで観光するのがポイントで、タコ飯、レモンのジェラート、伯方の塩ソフト、コロッケ等、食べ物も美味しいです。

しまなみ海道で必ず寄って欲しい穴場は、愛媛県今治市の大三島にある『大山祇神社』。

この神社のすごいところは、樹齢2600年のクスノキが鎮座しているパワースポットなんです。

さらに『大山祇神社』にある宝物館は国宝の山で、源頼朝と源義経が着ていた本物の鎧が展示されていて見学できるのです!

しまなみ海道の全長は約80km。

学生さんは夜行バスで今治に向かい、サイクリングで2〜3日かけて尾道を目指すのがおすすめです♫。

公式サイト:しまなみJAPAN

【長崎】軍艦島(端島)をクルーズ!

軍艦島の写真

長崎県にある軍艦島(端島)は明治時代に炭鉱の町として栄え、1959年までには5200人もの住民が住んでいました。、1974年に閉山してからは無人島になっています。

軍艦島では、炭鉱が栄えていた頃にあった病院、理髪店、銀行、食堂、学校などの住民が軍艦島を慌てて避難したかのように当時のままの姿をみることができます。

2015年7月に世界文化遺産に登録されています。

 

歴史的価値が高い観光スポットに上陸したり、船で周遊したりできます。

風化や劣化が進み、数十人後にはなくなってしまうかもしれない世界遺産なので、今のうちに行っておくと良いですよ。

軍艦島は長崎港から船で行くことができますよ。

軍艦島上陸クルーズは、ながさき旅ネットが参考になります。

スポンサーリンク

【沖縄】八重山諸島でのんびり過ごす!

石垣島の写真

沖縄県にある八重山諸島は、東京から約2000km離れた日本最南西端の島々です。

石垣島、竹富島、小浜島、黒島、鳩間島、新城島、西表島、由布島、西表島、波照間島、与那国島など、それぞれ特徴ある島が集まっています。

八重山諸島の島々はどれも魅力的ですが、卒業旅行で訪れるなら石垣島、竹富島、波照間島、西表島が宿泊施設も多くおすすめです。

 

石垣島は沖縄本島、西表島についで、沖縄で3番目に大きな島です。

シュノーケリングやフィッシングなどのマリンスポーツが楽しめ、八重山諸島観光の交通の拠点となっています。

 

石垣島から船でわずか10分の竹富島は、周囲がわずか10kmしかない小さな島。

レンタサイクルに乗って離島を巡ったり、ビーチで星砂を探してみるのも楽しいです♫。

 

石垣島から高速船で60分の波照間島は日本最南端の島。

卒業旅行の1〜3月は天の川が、4〜6月頃は南十字星が見られます。


仲間と一緒に夜空の星を眺めながら、思い出を語り合うのもいいですよね。

 

西表島は面積の90%が亜熱帯の原生林におおわれたジャングルの島で、日本最後の秘境といわれています。

マングローブ林の中を散策したり、カヌーに乗って川を探検したりアクティブに過ごせます。

 

八重山諸島は沖縄本島よりもゆっくりした時の流れを感じられます。

卒業旅行シーズンは値段も安く、おすすめですよ。

 

まとめ

いかがでしたか?

『卒業旅行で何をする?2月〜3月におすすめの国内の穴場7選!』をお伝えしました。

  • 【北海道】網走で流氷をみる!
  • 【東京】小笠原諸島でホエール・ウォッチング!
  • 【長野】白馬でスキー!
  • 【広島】原爆ドームを見学する!
  • 【愛媛】しまなみ海道をサイクリング!
  • 【長崎】軍艦島(端島)をクルーズ!
  • 【沖縄】八重山諸島でのんびり過ごす!

卒業旅行の思い出は何十年たっても忘れられない思い出になります。

今回紹介した穴場の観光地にぜひ行ってみてくださいね!

》》お買い得の卒業旅行を探す

 

この記事を書いている人 - WRITER -
はじめまして!Satokoです。 子連れアドベンチャー旅行専門家。 北はアラスカから南はオーストリア・カンガルー島まで、アジアを中心に子連れで14ヶ国訪問済。 自然豊かな場所での生活を夢み神奈川から群馬へ引っ越したものの、主人の転勤で大都会の香港へ。右往左往の子連れ香港駐在生活を4年3ヶ月送り、2018年3月、日本に帰国。現在、群馬県在住。 子連れ冒険国内・海外旅行、香港駐在生活、生活に役立つグッズや情報などを発信しています!
詳しいプロフィールはこちら

Copyright© アドベンチャー家族旅行 , 2019 All Rights Reserved.