子連れ冒険国内・海外旅行、香港駐在生活、長野県の発酵・加工食品、生活に役立つ情報などを発信します!

長野のコテージ〜春夏秋冬きれいな景色!なべくら高原・森の家の3つの魅力

WRITER
 
なべくら高原・森の家のアイキャッチ画像
この記事を書いている人 - WRITER -
はじめまして!Satokoです。 子連れアドベンチャー旅行専門家。 北はアラスカから南はオーストリア・カンガルー島まで、アジアを中心に子連れで14ヶ国訪問済。 自然豊かな場所での生活を夢み神奈川から群馬へ引っ越したものの、主人の転勤で大都会の香港へ。右往左往の子連れ香港駐在生活を4年3ヶ月送り、2018年3月、日本に帰国。現在、群馬県在住。 子連れ冒険国内・海外旅行、香港駐在生活、生活に役立つグッズや情報などを発信しています!
詳しいプロフィールはこちら

今日は、長野県に遊びに行くことを考えている家族におすすめのコテージを紹介します。

首都圏から少し遠いのですが、春夏秋冬、本物の大自然の中で子供と遊べるコテージです。

家に帰りたくな〜い!とよく泣かれました(笑)

satoko

それほど、子供にとって魅力的なコテージです。

是非、参考にしてくださいね。

スポンサーリンク

おすすめのコテージ、なべくら高原・森の家とは?

 

森の家のマップ画像

出典:なべくら高原・森の家公式サイト

 

長野県飯山市の最北部なべくら高原にある『なべくら高原・森の家』は、ブナの里山の景色と自然体験ができる宿泊施設です。

ブナの森の中にあるコテージは全部で10棟。森の家の敷地内にある遊歩道『ブナの里山こみち』は、ベビーカーや車椅子でも気軽に自然を体感できるように整備されています。

なべくら高原・森の家のアイキャッチ画像

それぞれ独立したコテージなので、小さなお子さんがいるご家族でも安心して宿泊することができます。

 

スポンサーリンク

なべくら高原・森の家をおすすめする3つの理由

どうして長野県のコテージとしてなべくら高原・森の家をおすすめするのか、その理由を紹介しますね。

春夏秋冬、きれいな景色が楽しめます!

せっかく長野県のコテージに泊まるなら、きれいな景色の中で過ごしたいですよね。

なべくら高原・森の家に滞在すると一年を通してなべくら高原の大自然の風景が楽しめます。

春夏秋冬と、めくるめく景色が変わります。

 

ワンシーズンだけでは季節の変化がわからないので、できれば、季節を変えて滞在してほしい!

 

なぜかと言うとなべくら高原・森の家周辺の景色が見事に変わるからです。

 

実際にどんな感じか、お見せしますね。

春のなべくら高原の景色写真

春は、雪解けの里山の景色。

 

夏のブナ林の写真

夏は、深い緑に覆われたなべくら高原・森の家のブナ林の景色。

 

秋のなべくら高原の紅葉写真

秋は、黄金色に染まる紅葉の景色。

 

雪に覆われたなべくら高原写真

冬は、なべくら高原・森の家から歩いてすぐの雪景色。

なべくら高原・森の家でひとつ季節を過ごすと、他の季節も滞在したくなってしまう魅力があるんですよ!

 

一年中、なべくら高原の大自然の中で遊べます!

なべくら高原・森の家に滞在すれば、一年中、大自然の中で遊べます。

 

春の遊び

タイヤチューブで遊ぶ写真

3月の春休みでも、森の家から歩いてすぐの大雪原でタイヤチューブに乗って滑れます!

このタイヤも森の家で貸してもらえますよ。

 

雪の壁を登る写真

雪の壁だって、よじ登りたくなります!

 

雪下人参を掘る写真

何メートルも積もっていた雪が溶けると、雪の下に眠っていた人参を掘って、ジュースにして飲んだりすることもできます。

砂糖も入れていないのに、とっても甘いんです。

森の家に滞在して、味わって欲しい『雪下人参ジュース』です。

 

夏の遊び

森の家コテージ周辺で遊ぶ写真夏はコテージ周辺の森で遊んでも楽しいですよ。

森の葉っぱで飛行機を作って飛ばしたり…。

 

カヌーをする写真

川遊びやカヌーも楽しめます。カヌーについて興味のある方は、長野で子供とカヌーを体験!3歳から乗れる!なべくら高原・森の家の記事も参考にしてくださいね。

 

鍋倉山を越えると、そこは日本海です。

海水浴の写真

森の家に滞在しながら、海水浴も楽しめます!

山に滞在しながら、海にも行けるんですよ。

 

秋の遊び

秋は里山をのんびりと散策するのがおすすめです。

きのこの写真

きのこの専門家と一緒にきのこ狩りをして料理を楽しんだり…。

 

そば打ち体験の写真

そば打ち体験もできます。

秋の冷たい雨の日に、もしお出かけできなくても、室内でそば打ちができるんですよ。

長野でお蕎麦もいいですよね〜。

 

りんご狩りの写真

飯山市内でりんご狩りもできます。

こんな大きなりんごが採れたら、うれしくなってしまいますよね。

 

秋に森の家に滞在すれば、きのこ、お蕎麦、りんごと秋の味覚が楽しめます!

 

冬の遊び

冬は豪雪のなべくら高原を体験できます。

一階が埋まるほどの雪に覆われた森の家のコテージに宿泊できます。

 

雪で埋まるコテージの玄関

コテージの玄関を開けると、もうそこは白銀の世界です!

 

森の家で豪雪体験の写真

コテージの屋根の上に登って雪遊びができます。

こんなたくさんの雪を見たら、思わず屋根の上に行きたくなりますよね。

 

かまくらの写真

かまくらを作って遊んだりもできます。

こんな穴を掘るのに、大人二人掛かりで1時間かかりました。

カップラーメンを準備して、かまくらで食べるのも楽しいです。

こんな体験もコテージのすぐ隣でできますよ!

 

なべくら高原・森の家には、自然体験に詳しいスタッフが常駐しているので、わからないことがあれば何でも丁寧に教えてくれます。

特に春休み、ゴールデンウィーク、夏休み、年末年始は、子供も楽しめる自然体験イベントが開催されています。

アウトドア遊びに必要な道具もレンタルできるので、大変便利な宿泊施設です。

》》楽天トラベルで、なべくら高原・森の家の宿泊をチェック

『もう、家に帰りたくな〜い』と帰り際に子供に泣かれたら、これほどうれしいことはないですよ。

 

近くに温泉もあります!

湯滝温泉の写真

なべくら高原・森の家滞在とセットで楽しみたいのが『いいやま湯滝温泉』。

日帰り温泉施設で、森の家から車で15分です。

日帰り入浴

  • 入浴料金 大人(中学生以上) 510円
  • 小学生 250円
  • 小学生未満 無料

※飯山産コシヒカリを使ったみゆきポークとんかつ定食や紫米笹寿司定食などのお食事もできます。

 

スポンサーリンク

なべくら高原・森の家に宿泊するときの注意点

『なべくら高原・森の家』に宿泊する際、注意することを2つ、お伝えします。

自炊が基本です!

なべくら高原・森の家にレストランはありません。

森の家のコテージには、キッチン、冷蔵庫、食器など、一通りの調理器具はついています。

バーベキューコンロの貸し出しもあるので、バーベキューも楽しめます。

最寄りにスーパー( Aコープ みゆき店、ツルヤ飯山店、ベイシア飯山店など )があるので、食材を購入して持参していきましょう。

 

料理をつくるのは、ちょっと…という方は、いいやま湯滝温泉に食堂があります。

夕食・入浴・温泉までの送迎がセットになった「いいやま湯滝温泉 温泉プラン」もあります。

朝食は森の家で、コンチネンタルブレックファースト(パン、チーズ、飲み物のセット)が800円で提供されています。

 

雪のシーズンはチェーンが必須です!

雪のシーズンに『なべくら高原・森の家』に滞在する場合は、豪雪地帯に位置するため、タイヤチェーンが必須です。

安全のため、日没前に宿泊施設に到着するようにしましょう。

 

なべくら高原・森の家の場所

スポンサーリンク

交通アクセス

 

なべくら高原・森の家の行き方マップ画像

出典:なべくら高原・森の家 公式サイト

 

電車を利用する場合

北陸新幹線飯山駅より、森の家行きバス(長電バス)乗車で約50分。

飯山駅〜森の家の運賃(片道)

  • 大人 770円
  • 子供 390円

戸狩野沢温泉駅からの送迎もあります。事前予約が必要です。送迎可能時間は、8:00〜20:30です。

 

車を利用する場合

上信越道豊田飯山ICより車で40分です。

 

まとめ

いかがでしたか?

なべくら高原・森の家に宿泊してみたくなりましたか?

 

なべくら高原・森の家は、ちょっと交通アクセスが不便なので、もう少し家から近いコテージの方がいいのかなぁ

と思ったりもしますよね。

 

でも、森の家は一年を通してアウトドア遊びができる、日本の中でも稀なコテージなんですよ。

 

海外旅行にわざわざ行く必要のないくらい、最高の景色、最高の体験ができるところです。

satoko

是非、一度、家族でなべくら高原・森の家に行ってみてください。

きっと、あなたも、なべくら高原・森の家のファンになりますよ!

》》楽天トラベルで、なべくら高原・森の家の宿泊をチェック

 

この記事を書いている人 - WRITER -
はじめまして!Satokoです。 子連れアドベンチャー旅行専門家。 北はアラスカから南はオーストリア・カンガルー島まで、アジアを中心に子連れで14ヶ国訪問済。 自然豊かな場所での生活を夢み神奈川から群馬へ引っ越したものの、主人の転勤で大都会の香港へ。右往左往の子連れ香港駐在生活を4年3ヶ月送り、2018年3月、日本に帰国。現在、群馬県在住。 子連れ冒険国内・海外旅行、香港駐在生活、生活に役立つグッズや情報などを発信しています!
詳しいプロフィールはこちら

Copyright© アドベンチャー家族旅行 , 2019 All Rights Reserved.