子連れ冒険国内・海外旅行、香港駐在生活、長野県の発酵・加工食品、生活に役立つ情報などを発信します!

【アレッピーでハウスボート宿泊】三食フルコースで王様気分!

WRITER
 
ハウスボートのアイキャッチ画像
この記事を書いている人 - WRITER -
はじめまして!Satokoです。 子連れアドベンチャー旅行専門家。 北はアラスカから南はオーストリア・カンガルー島まで、アジアを中心に子連れで14ヶ国訪問済。 自然豊かな場所での生活を夢み神奈川から群馬へ引っ越したものの、主人の転勤で大都会の香港へ。右往左往の子連れ香港駐在生活を4年3ヶ月送り、2018年3月、日本に帰国。現在、群馬県在住。 子連れ冒険国内・海外旅行、香港駐在生活、生活に役立つグッズや情報などを発信しています!
詳しいプロフィールはこちら

インド・ケララ州アレッピー(Alleppey)で宿泊できるハウスボート を貸し切って、クルーズできることを知ってますか?

 

しかも三食付きで非常にリッチな気分になる豪華な船の旅です。

 

ハウスボートがどんなものか、興味でてきますよね。

 

今回の記事でわかること
  • アレッピー はどこにある?
  • ハウスボートって何?
  • ハウスボートの宿泊について
  • ハウスボートでおすすめの3つのこと

この記事を読めば、インド・アレッピー のハウスボート に宿泊したくなるはずです!

スポンサーリンク

ケララ州のアレッピーはどこにある?

ハウスボートの写真

南インド南部に位置するケララ州にバックウォーター(水郷地帯)で有名なアレッピーがあります。

地元では、アラプッーザ(Alappuzha)と呼ばれています。

コーチから南へ約60キロ、列車で2時間の距離です。

もし個人で行ってみたいという方は『【子連れインド列車の旅】ルート・チケット・乗車まで教えます!』の記事に詳しく書いてあります。興味のある方は、ぜひ参考にしてくださいね。

 

スポンサーリンク

ハウスボートって何?

ハウスボートの写真

ハウスボートとは、かってケララでスパイスや米を運搬していた伝統的な木造船kettuvalamを利用した貸し切りボートのこと。

木造船kettuvalamのkettuは、ロープで縛られたという意味。valamは、ボートを意味します。

ハウスボートはココナッツの繊維からできたロープによってほかの部分と固定された木製のボートで、クギが使われていないのが特徴でカシューナッツの殻を煮沸して得られた黒い脂を船体に塗ることで、船の防水をして腐敗しにくい工夫がされています。

屋根はココナッツの繊維、竹などが使われています。

 

ケララ州は、大航海時代にコショウが主要交易品として高額で取引され、大きな富を生み出していた歴史のある場所でした。

大航海時代の1498年にポルトガル人が訪れ上陸し、拠点を築きました。その後続いてオランダ、イギリス、フランスからも相次いで上陸し、象牙、チーク材、香辛料などを求めてヨーロッパ人の交易が開始され、今日の多文化共生となっています。ケラーラ州の沿岸はマラバール海岸と呼ばれコショウの原産地であります。

引用:ウィキペディア

 

紀元前3世紀頃から使われているハウスボート は、現在、宿泊用の船として利用されています。

 

スポンサーリンク

ハウスボートの宿泊について

ハウスボートに宿泊してみました。

 

一日のスケジュールについて

一般的に、ハウスボートでの一日のスケジュールは次の通りです。

スケジュール
  1. 船乗り場出発(12:00)
  2. ウェルカムドリンク
  3. ランチ(14:00~)
  4. おやつタイム(17:00)
  5. 停泊(18:00)
  6. ディナー(20:00)
  7. ブレックファースト(8:00)
  8. 出航
  9. 船乗り場到着(翌朝9:00)

基本的にクルーズ中、船内では食事の時間以外は全てフリーです。

 

ハウスボート の設備について

ハウスボートには、テラス、キッチン、寝室、シャワー、トイレ、エアコンなどが完備されています

船にはキャプテン1人とコックさん兼乗組員1〜2人が乗船し、船の運行から三食の食事作りまで全てお世話をしてくれます。

昼12時チェックイン、翌朝9時チェックアウトが一般的です。

デッキの写真
ベッドルームの写真
廊下の写真

船の大きさは宿泊する人数によって変わります。

船は1〜6ベッドルームあり、2〜20名宿泊することができます。

 

ハウスボート の宿泊費について

宿泊費は、宿泊人数とベッドルームの数で決まります。

例えば、宿泊者2名、ワンベッドルーム、オフシーズンで6500インドルピー(約10500円)〜。

船貸切、三食付き、二人分の値段です。

インドの休暇に当たる時期やクリスマスシーズンはハイシーズンとなり、13000インドルピー(約21000円)〜。約2倍の値段になります。

 

ハウスボートおすすめのポイント3つ

ハウスボートに宿泊してよかったことを3つまとめてみました。

 

至れり尽くせりの三食付き!

ハウスボートで一番のおすすめは、三食(ランチ、ディナー、翌日のブレックファースト)を船上デッキで食べられること。

 

ハウスボートでの食事風景写真

しかも、専属コックさんがいるので、宿泊者は何もする必要がありません。

ケララ料理1写真
ケララ料理2
ケララ料理魚写真
ケララ料理肉写真
ケララ料理豆写真
ケララ料理スープ写真

ケララの食事はお米、野菜、魚を使った料理が豊富で、肉だけの料理ではないので味もバラエティーに富んでいます。

 

デッキに座ってくつろいでいるだけで食事が出てくるので、夢のような時間を過ごすことができます。

 

バックウォーターの景色に癒されます!

アレッピーのバックウォーターは、『東洋のベニス』とも言われています。

クルーズ中、広大なベンバナード湖 (Vembanad Lake)、ヤシの木の茂った運河、田園地帯、地元の子供たちが学校に行く様子や船に乗って漁をする人などを見ることができます。

田園風景の写真
船から見る村の風景写真
ヤシの木と家の写真

夕方、田園のはるか彼方に沈む夕日や日没後、船のテラスから満天の星空を眺められます。

 

ハウスボートから見る夕焼け写真

年末にハウスボート に乗れば、ヒンズー教のお祭りと重なり、アイヤッパンの神様を崇める音楽が一日中バックウォーター に響き、幻想的な中で宿泊することができますよ。

 

子連れにやさしい!

舵を切る子供の写真
子供たちを可愛がってくれるキャプテンと乗組員の写真

ハウスボートは貸切なので、ほかの人に気を使う必要はありません。

 

子連れでも安心です。

 

言葉が通じなくても、船のキャプテンと乗組員が子供の遊び相手をしてくれます。

 

船がすれ違う度、インドの人たちが、子供たちに向かって大きく手をふって挨拶をしてくれるのでとっても幸せな気分に浸れます。

 

船に乗って、ケララの人たちを知る機会もありますよ。

 

テラスでくつろぐ写真

 

スポンサーリンク

まとめ

いかがでしたか。

インド・ケララ州アレッピー のハウスボートに乗って宿泊してみたいと思いましたか?

 

ケララ州のアレッピーは水が豊富で自然も豊か。

空気もしっとり、人も穏やかです。

楽園という言葉がぴったりな場所なので、子連れでインド旅行を考えている人にもおすすめできる場所です。

 

一週間程度の休みがとれたら、ケララのアレッピーを訪れてみてはいかがでしょうか。

旅行会社のクラブツーリズムのツアーを利用されるとお手軽に予約ができます。

 

まずはツアー内容を確認されてみてはいかが?

『クラブツーリズム』★海外旅行★

 

クラブツーリズムのサイトから入って、アジアをクリックします。

ステップ1の手順

 

インドをクリックします

ステップ2の手順

 

矢印のインド特集をクリック

ステップ3の手順

 

以下のような画面が出るので赤枠、西インドと南インドの周遊ツアーにハウスボート 宿泊が含まれています。

ステップ4の手順

インドに一生行くはずがないと思っていた私ですが、ハウスボート に宿泊して虜になりました。

あなたにもぜひ『王様気分』を味わっていただきたいと思っています。

『クラブツーリズム』 ★海外旅行★

 

以上、『【アレッピーでハウスボート宿泊】三食フルコースで王様気分!』でした。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -
はじめまして!Satokoです。 子連れアドベンチャー旅行専門家。 北はアラスカから南はオーストリア・カンガルー島まで、アジアを中心に子連れで14ヶ国訪問済。 自然豊かな場所での生活を夢み神奈川から群馬へ引っ越したものの、主人の転勤で大都会の香港へ。右往左往の子連れ香港駐在生活を4年3ヶ月送り、2018年3月、日本に帰国。現在、群馬県在住。 子連れ冒険国内・海外旅行、香港駐在生活、生活に役立つグッズや情報などを発信しています!
詳しいプロフィールはこちら

Copyright© アドベンチャー家族旅行 , 2018 All Rights Reserved.