子連れ冒険国内・海外旅行、香港駐在生活、長野県の発酵・加工食品、生活に役立つ情報などを発信します!

子連れでインド旅行って大丈夫?きっかけを与えてくれた1冊の本

WRITER
 
インドのイメージアイキャッチ画像
この記事を書いている人 - WRITER -
はじめまして!Satokoです。 子連れアドベンチャー旅行専門家。 北はアラスカから南はオーストリア・カンガルー島まで、アジアを中心に子連れで14ヶ国訪問済。 自然豊かな場所での生活を夢み神奈川から群馬へ引っ越したものの、主人の転勤で大都会の香港へ。右往左往の子連れ香港駐在生活を4年3ヶ月送り、2018年3月、日本に帰国。現在、群馬県在住。 子連れ冒険国内・海外旅行、香港駐在生活、生活に役立つグッズや情報などを発信しています!
詳しいプロフィールはこちら

こんにちは〜。Satoko です。

突然ですが、あなたは子連れでインド旅行をしようと考えたことはありますか。

 

インド旅行って、

  • 水や食べ物は大丈夫?
  • 人混みにもみくちゃにされない?
  • 治安に問題はないの?
  • 野良犬がいっぱいで危険そう…。

本当にそう思いますよね。

 

実は、私もずーと、そう思っていました。

satoko

 

だから、インドに行くことは一生ないだろう。

 

絶対に行くはずがない!

 

インドに行って人生観が変わるなんて、あり得ない!

 

そう思っていたのに、子連れインド旅行に行ってしまいました。

satoko

 

今回は、子連れでインドに行くきっかけを与えてくれた1冊の本について紹介します。

この本を読んだら、インドに対してあなたのイメージが変わるかもしれません。

そして私たち家族のように、子連れでインド旅行に行ってしまうかもしれませんよ。

スポンサーリンク

子連れでインドに行くきっかけを与えてくれた1冊の本

子連れでインドに行くのは不安の種が多いし、自分も行ったことがないので大丈夫という絶対的な確信が持てません。

 

わざわざ子連れでインドに行ってガンジス川から流れてくる死体や火葬のシーンを眺めるなんて耐えられません。

 

旅は楽しい方が良い!

 

でも、インドにそんな場所あるのかな。

satoko

 

そんなことを考えているうちに、愛読している1冊の本を思い出しました。


『100 Places That Can Change Your Child’s LifeFrom Your Backyard to the Ends of the Earth』の著者・故 Keith Bellows(キース・ベローズ)氏はナショナル  ジオグラフィック トラベラーの編集者。

この本は「次世代を受け継ぐ自分の子供たちのために、世界を理解し、知って、体験してほしい…」

著者のそんな気持ちで書かれた本です。

 

「旅を通して人生を変える」がモットーのキース・ベローズ氏が実際に訪れた世界中の国から、旅で子供の人生を変えることができるおすすめの100か所が掲載されています。

 

なんだかとっても素敵ですよね。

 

日本語版は発売されていませんが、地名やおすすめのホームページを知るだけでも参考になります。

本の中には、

  • 現地で買うと良いおすすめのお土産
  • 子供が喜びそうな食べ物
  • 現地の人との交流の仕方
  • 家族におすすめの滞在先

など、子供と一緒に旅を楽しむための情報が満載です。

 

子連れで楽しい旅行を考えたい人には、ぜひ手元に置いてほしい1冊。

 

私の旅のバイブルでもあります。

 

この本でインド旅行の不安が期待へと変わりました!

この本の中でインドは2か所紹介されています。

 

一つはケララ(Kerala)。

もう一つはタージマハル(Taj Mahal)。

 

それぞれの地名の下には簡単な場所をイメージする言葉が書かれていました。

ケララ(Kerala )は、Backwaters Paradise(水郷の楽園)

タージマハル(Taj Mahal)はMonument to Love(愛の記念碑)

中学生と小学生の3人の子供がいる我が家には、愛の記念碑より水郷の楽園の方がピッタリと思い、ケララのページを読んでみました。

するとそこには、冒頭に私のインドに対する不安を除くような文章がありました。

Many parents are intimidated by the thought of visiting the second most populated country in the world with children.(以下省略)”Kerala’s backwaters are great for people who are scared to take their kids to India because of food poisoning, chaotic traffic, and grime. It’s not’ india lite’ but it is much more manageable” , reports Backpack to Buggy blogger Meg Keough, who took her four-year-old daughter to Kerala.

出典:『100 Places That Can Change Your Child’s LifeFrom Your Backyard to the Ends of the Earth』P231より抜粋
著者 Keith Bellows, National Geographic

日本語に訳すと、

多くの親御さんは世界で二番目に人口の多い国へ子供と一緒に訪れることを怖がります。(以下省略)ケララの水郷地帯は食中毒、混沌とした交通、汚れから子供をインドに連れて行くのを恐れている人に向いている場所です。ケララはインド色が軽いのではなく、かなり適応できます」と4歳の娘をケララに連れて行ったバギーブロガーの Meg Keoughは言っています。

出典:『100 Places That Can Change Your Child’s LifeFrom Your Backyard to the Ends of the Earth』P231より抜粋
著者 Keith Bellows, National Geographic

子連れインドに不安のある人に勇気を与えてくれるコメントと思いませんか?

 

本書の中でケララには、560マイルもの運河が張り巡らされ、椰子の木の茂るジャングルや川、湖の中を宿泊できるハウスボート(昔ケララで採れた香辛料をヨーロッパに運ぶために用いられていた船)に乗ってクルーズができる場所があると書いてありました。

 

治安や衛生面で不安と思っていたのは、インドの一部であって全てではない。

 

本書はインドについての不安が興味や期待に変わっていき、インドに行ってみたいと思えるようになる一冊です。

 

スポンサーリンク

まとめ

インドに行くことは絶対ないと思っていたのに、子連れでインドのケララなら行けるかもしれない。

そう思わせてくれた一冊でした。


自分の知らない世界を教えてくれる本の力は偉大です。

『100 Places That Can Change Your Child’s LifeFrom Your Backyard to the Ends of the Earth』を読んで、子連れインド旅行に関心を持って頂けたら幸いです。

以上、『子連れでインド旅行って大丈夫?きっかけを与えてくれた1冊の本』でした。

 

インドの子連れ旅行に必要な持ち物に関心のある方は【子連れ海外旅行インド準備】必須のもの・あると便利な持ち物30選!の記事を参考に プランを練ってくださいね。

たくさんの人に子連れでインド旅行に行ってほしいなぁ。

 

この記事を書いている人 - WRITER -
はじめまして!Satokoです。 子連れアドベンチャー旅行専門家。 北はアラスカから南はオーストリア・カンガルー島まで、アジアを中心に子連れで14ヶ国訪問済。 自然豊かな場所での生活を夢み神奈川から群馬へ引っ越したものの、主人の転勤で大都会の香港へ。右往左往の子連れ香港駐在生活を4年3ヶ月送り、2018年3月、日本に帰国。現在、群馬県在住。 子連れ冒険国内・海外旅行、香港駐在生活、生活に役立つグッズや情報などを発信しています!
詳しいプロフィールはこちら

Copyright© アドベンチャー家族旅行 , 2018 All Rights Reserved.