子連れ冒険国内・海外旅行、香港駐在生活、長野県の発酵・加工食品、生活に役立つ情報などを発信します!

子連れでインド旅行って大丈夫?ケララを選んだ理由と観光プラン紹介!

WRITER
 
子連れインド旅行アイキャッチ画像
この記事を書いている人 - WRITER -
はじめまして!Satokoです。 子連れアドベンチャー旅行専門家。 北はアラスカから南はオーストリア・カンガルー島まで、アジアを中心に子連れで14ヶ国訪問済。 自然豊かな場所での生活を夢み神奈川から群馬へ引っ越したものの、主人の転勤で大都会の香港へ。右往左往の子連れ香港駐在生活を4年3ヶ月送り、2018年3月、日本に帰国。現在、群馬県在住。 子連れ冒険国内・海外旅行、香港駐在生活、生活に役立つグッズや情報などを発信しています!
詳しいプロフィールはこちら

突然ですが、あなたは子連れでインド旅行をしようと考えたことはありますか。

インド旅行って、

  • 水や食べ物は大丈夫?
  • 人混みにもみくちゃにされない?
  • 治安に問題はないの?
  • 野良犬がいっぱいで危険そう…。

本当にそう思いますよね。

私もずーと、そう思っていました。

satoko

だから、インドに行くことは一生ないだろう。

 

絶対に行くはずがない!

 

インドに行って人生観が変わるなんて、あり得ない!

 

そう思っていたのに、子連れインド旅行に行ってしまいました。

satoko

この記事では、

  • 子連れでインド旅行・ケララを選んだ理由
  • インド・ケララ旅行8泊9日のスケジュール
  • 子連れインド旅行の注意点

などについてまとめてみました。

この記事を読んだら、インドに対してあなたのイメージが変わるかもしれません。

そして私たち家族のように、子連れでインド旅行に行ってしまうかもしれませんよ。

スポンサーリンク

子連れインド旅行でケララを選んだ理由

子連れでインドに行くのは不安の種が多いし、自分も行ったことがないので大丈夫という絶対的な確信が持てません。

わざわざ子連れでインドに行って、ガンジス川から流れてくる死体や火葬シーンを眺めるなんて耐えられないですよね。

旅は楽しい方が良い!

でも、インドにそんな場所あるのかな?

satoko

 

私がインド旅行にケララ を選んだ理由は、愛読している一冊の本にあります。


その本とは、『100 Places That Can Change Your Child’s LifeFrom Your Backyard to the Ends of the Earth』。

著者・故 Keith Bellows(キース・ベローズ)氏は、ナショナル  ジオグラフィック トラベラーの編集者。

「旅を通して人生を変える」がモットーのキース・ベローズ氏です。

この本は、

次世代を受け継ぐ自分の子供たちのために、世界を理解し、知って、体験してほしい…

著者のそんな気持ちで書かれた本です。

 

実際に訪れた世界中の国から、

旅で子供の人生を変えることができるおすすめの100か所

が掲載されています。

日本語版は発売されていませんが、地名やおすすめのホームページを知るだけでも参考になるんですよ。

本の中には、

  • 現地で買うと良いおすすめのお土産
  • 子供が喜びそうな食べ物
  • 現地の人との交流の仕方
  • 家族におすすめの滞在先

など、子供と一緒に旅を楽しむための情報が満載です。

この本の中で、インドは2か所、

  • ケララ(Kerala)
  • タージマハル(Taj Mahal)

が紹介されています。

ケララ(Kerala )は、Backwaters Paradise(水郷の楽園)

タージマハル(Taj Mahal)はMonument to Love(愛の記念碑)

と書かれているのですね。

 

中学生と小学生の3人の子供がいる我が家には、

愛の記念碑より水郷の楽園の方がピッタリ!

と思い、ケララのページを読んでみました。

すると、私のインドに対する不安を除くような文章がありました。

Many parents are intimidated by the thought of visiting the second most populated country in the world with children.(以下省略)”Kerala’s backwaters are great for people who are scared to take their kids to India because of food poisoning, chaotic traffic, and grime. It’s not’ india lite’ but it is much more manageable” , reports Backpack to Buggy blogger Meg Keough, who took her four-year-old daughter to Kerala.

出典:『100 Places That Can Change Your Child’s LifeFrom Your Backyard to the Ends of the Earth』P231より抜粋
著者 Keith Bellows, National Geographic

日本語に訳すと、

多くの親御さんは世界で二番目に人口の多い国へ子供と一緒に訪れることを怖がります。(以下省略)

ケララの水郷地帯は食中毒、混沌とした交通、汚れから子供をインドに連れて行くのを恐れている人に向いている場所です。

ケララはインド色が軽いのではなく、かなり適応できます

と4歳の娘をケララに連れて行ったバギーブロガーの Meg Keoughは言っています。

出典:『100 Places That Can Change Your Child’s LifeFrom Your Backyard to the Ends of the Earth』P231より抜粋
著者 Keith Bellows, National Geographic

子連れインドに不安のある人に勇気を与えてくれるコメントと思いませんか?

治安や衛生面で不安と思っていたのは、

インドの一部であって全てではない

のですね。

ケララ なら、子連れで行けそう!

と、この本を読んで、ケララ に行くことを決めました。

私の旅のバイブルでもあります。

 

インドのケララ州って、どんなところ?

それでは、インドのケララって、どんなところか気になりますよね。

インド・ケララ州は、インドを代表する観光地です。

インドの人たちの新婚旅行先としても人気があります。

 

ケララの観光の特徴は、

  • 600kmに及ぶアラビア海の海岸線がある
  • ヤシの木が並ぶビーチ
  • バックウォーター(水郷地帯) が有名
  • 紅茶やコーヒー、香辛料の農園がある
  • ゾウやトラなどの野生動物が生息
  • スパイスやハーブで施術するアーユルヴェーダ発祥の地

と、自然豊かな観光が楽しめます。

でもそれだけではありません。

ケララ州はインドで最も進んだ社会と生活水準を構成していて、識字率がほぼ100%。

IT産業が盛んで、インド初のIT特区も作られて意外と発展している州です。

少し安心できますよね。

ケララについてもう少し知りたいなと思う方にはおすすめの本があります。


ケララのある南インド一帯の食、文化、生活、お祭りなどが紹介され、写真が豊富で見ているだけで楽しい本です。

興味のある方は参考までにどうぞ!

スポンサーリンク

子連れインド旅行の8泊9日のスケジュール

我が家の子連れインド旅行のスケジュールは8泊9日。

1日目 コーチン着
2日目 コーチン→アレッピーへ電車移動
3日目 アレッピーでカヌーツアー
4日目 アレッピーでハウスボート宿泊
5日目 アレッピー→バガモンへ移動
6日目 プランテーション観光
7日目 バガモン→コーチンへ移動
8日目 コーチン→クアラルンプールへ移動
9日目 クアラルンプール発

という日程です。

ちなみに、

  • 利用した空港はコーチン国際空港
  • 日本からコーチン国際空港への直行便なし、乗り継ぎが1–2回あり
  • 日本からの所要時間は13時間〜14時間
  • 航空券は大人1人4万円台〜
  • 日本との時差は3時間半

です。

日本からインドへ直行便はデリーとムンバイのみ。

一度、デリーかムンバイに入ってから、国内線に乗り換え、コーチン国際空港へ行きます。

エアアジアを利用し、クアラルンプールやバンコクで乗り継く方法もあります。

まずは、お得なフライトをチェックしてみるといいですよ。

1日目 コーチン着

それでは、旅行の内容を詳しくみていきましょう!

1日目はコーチン国際空港に22:30に到着。

ホテルにお願いしたタクシーでホテルに直行しました。
クオリティーエアポートホテルの写真宿泊したホテルは、クオリティ エアポート ホテル (Quality Airport Hotel)。

》》クオリティー・エアポート・ホテルをチェック

空港から近いので、夜遅くの到着でもすぐ休めるので安心です。

静かで清潔、空港まで無料のシャトルバスサービスがあります。

2日目 アルバ→アレッピーへ電車移動

ケララの列車写真
ホテルの最寄りアルバ駅(Aluva)→アレッピーまでは電車で移動しました。

アルバ駅からアレッピーまでは列車で約2時間20分です。

アルバ駅のホームでの写真
ホテルからアルバ駅までは、タクシーで20分と最寄駅でしたが、

  • 電光案内の掲示板がない
  • 列車の案内放送がない

と、観光客が利用するには向いていない駅。

我が家が乗る列車は予定の2時間以上遅れたため、列車が来るたびに行き先を確認しないといけなかったので、とても不安でした。

外国人観光客が多いコーチンにあるエルナクラム駅から列車に乗れば、電光掲示板もあり分かりやすいのでおすすめです。

エアコン付きチェアシート写真

子連れインド列車の旅なら座席は、

  • エアコン付きファーストクラス(座席表示はAC1/1A)
  • エアコン付きシートクラス(AC Chair class)

のいずれかをおすすめします。

足元も広々しているのでスーツケースを置く余裕もあります。

車内販売の揚げたドーナツを食べたり、チャイを飲んだりしながら、列車の旅を楽しめますよ。

 

注意点として、インドの駅のホームには、駅名が書かれていないので、停車している駅がどこなのか分かりません。

グーグルマップなどで現在地を確認できるようにしておくことも必要です。

lake and paddy外観写真 アレッピーではバックパッカー用のコテージ『Lake and Paddy』に宿泊しました。

一泊900円の格安コテージ なので、設備は大変質素です。

ただ、地元の人と交流したいという方なら、働いている人たちと遊んだりできるのでおすすめですよ。

3日目 アレッピーでカヌーツアー

カヌーから眺める景色の写真
バックウォーター(水郷地帯) で有名なアレッピーで、カヌーに乗って、水郷のビレッジ巡りをしました。

船頭さんがカヌーを漕いでくれるので、とっても快適。

地元の人が、

  • 水路の水で洗濯をしたり…
  • 歯磨きをしたり…
  • 沐浴したり…
  • 魚を釣っていたり…
  • 子供たちが裸足で走り回っていたり…

そんな様子をカヌーから見られます。

 

日本の暮らしとの違いが発見できて、カヌーに乗っていても退屈しないんですよ。

時々、お茶するために陸に上がってくれるので、休憩もできます。

地元の人たちのいきいきとした暮らしぶりが見学できますよ。

 

ビレッジツアーの詳しい内容は、下記の記事を参考にご覧ください。

 

4日目 アレッピーでハウスボート宿泊

ハウスボートの写真
インド旅行のきっかけとなった本に紹介されていたハウスボートに乗って一泊二日のクルージングに出発しました。

 

昔、バスコ・ダ・ガマがコショウを求めてケララにやってきました。

ケララ はモンスーンのおかげで山沿いでたくさんのスパイスが採れたので、山で採れたスパイスを海沿いの倉庫に運ぶために水路が発達したとか。

スパイスは乾燥してヨーロッパへと運ばれたそうです。

そのとき使われていた運搬船がハウスボート。

伝統的な木造船を利用していて、宿泊することができます。

 

船の中にベットやキッチンが付いて、なんと専属のシェフもいます。

お昼の12時に乗船し、翌朝の10時頃に下船するまで、三食、食事の心配をする必要もありません。

ハウスボート からのんびりと景色を眺めていればいいので、至福の時が過ごせますよ。

 

ハウスボートの宿泊や食事については、下記の記事を参考にご覧ください。

 

5日目 アレッピー→バガモンへ移動

一泊二日のハウスボートのクルージングを終えて、アレッピーからバガモン(Vagamon)へタクシーで移動しました。

バガモンは、谷、緑の牧草地、松林、霧、茶畑、滝など自然豊かな場所で、ケララで主に信仰されているヒンズー教、イスラム教、キリスト教の聖地でもあります。

バガモンには、紅茶とスパイス農園を観光する目的のために訪れました。

宿泊に選んだのは『Chillax Vagamon』。

紅茶とスパイス農園の観光をお願いしたら、快く引き受けてくれたホテル。

レストランもあるので、食事に困らないのもおすすめのポイントです。

》》Chillax Vagamonをチェック

6日目 プランテーション観光

紅茶農園の写真

バガモンでは、プランテーションを観光しました。

インドで有名な紅茶の茶畑の中を歩いたり、コショウ、ナツメグ、コリアンダー、シナモン、カルダモンなど、生のスパイスを味わわせてもらったりと、インドの香辛料の勉強にもなります。

木に育っている真っ赤なコーヒー豆やオーガニックバナナなども試食させてもらえ、大人も子供も楽しめます。

プランテーションに行く山道も、かなりの急斜面。

4WDの車で悪路を走るのもエキサイティングな体験でしたよ。

プランテーション観光についてもっと知りたい方は、下記の記事をご覧くださいね。

 

7日目 バガモン→コーチンへ移動

帰国のため、バガモンからコーチンへタクシーで移動しました。

コーチンで宿泊したホテルは『Saj Earth Resort』。

  • コーチン国際空港に近い
  • プールがあるので、子供を遊ばせられる
  • トリップアドバイザーの評価が良い

という理由で選びました。

このホテルは、正直おすすめできません。

プールはよかったのですが、

  • 部屋のエアコンは効かない
  • オートロックが故障して、部屋から締め出される
  • スタッフの対応が良くない

と、残念なことばかりでした。

コーチン国際空港に近いホテルなら、初日に宿泊した

『クオリティ エアポート ホテル (Quality Airport Hotel)』

がおすすめです。
》》クオリティー・エアポート・ホテルをチェック

8日目 コーチン→クアラルンプールへ移動

コーチンからエアアジアでクアラルンプールへ移動。

クアラルンプールでは、

Rumah Putin B&B

に宿泊しました。
》》Rumah Putin B&Bをagodaでチェック

エアアジア専用の国際ターミナルKILA&KILA2に近いので、エアアジアを使うなら大変便利です。

 

9日目 クアラルンプール発

クアラルンプール発

 

子連れインド旅行、どんなことに気をつける?

アルバ駅前の写真子連れでインド旅行で気をつけるポイントは5つあります。

  • 安全
  • 健康管理
  • 食べ物
  • 持ち物

です。

それぞれについてみていきます。

安全

子供から目を離さないように注意しましょう。

ケララを旅行中、特に危険と感じることはありませんでしたが、

  • 駅のホーム
  • 混雑したフェリーの中
  • 人で賑わうお祭り

など、

言葉の通じない場所で、家族の誰かがはぐれたら大変!

と常に気を張っていましたよ。

子供から目を離さないことが大切です。

 

健康管理

インドは感染症の多い国なので、食事の前や外出先から帰ったら、石鹸で手をよく洗うことが大切です。

また、インドの気温は一年を通して暑いので、外を歩く時は水分補給を心がけるようにしましょう。

インドの入国の際、日本人に義務付けられている予防接種はありません。

しかし、衛生面で少しでも不安があるなら、予防接種を事前に受けておくことをおすすめします。

外務省のホームページでは、旅行者に以下の6つの予防接種を奨励しています。

  • A型肝炎
  • B型肝炎
  • 腸チフス
  • 日本脳炎
  • 破傷風
  • 狂犬病

予防接種は複数回に分けて接種しないといけないので、半年以上かかります。

インドの旅行を計画される場合は、早めに予防接種を受けることをおすすめします。

 

インドでは水道の蛇口からでる水を飲めません。

  • レストランで出されるグラスの水
  • ジュースの氷

など、どのように作られているかわからないので注意が必要です。

ペットボトルの水やボトルに入ったジュースなら安心ですが、蓋が一度開けられていないか確認することが大切です。

 

食べ物

体調を崩したり、食欲がないときのために非常食を準備するといざというとき役立ちます。

インドの料理は油っぽい食事が多いので、味付けに飽きてきた時にも非常食は役立ちますよ。

持ち物

インド旅行にはビザが必要です。

ビザとインド旅行の持ち物については、下記の記事にまとめてあります。

参考までにどうぞご覧ください。

 

インド旅行の手配はどうする?

オートリキシャーに乗る写真
インド旅行初心者が交通機関を使いこなすのは、言葉や料金の支払いなど大変難しいと感じました。

子連れインド旅行が上手く行くポイントは、

  • ガイドのいるツアーに参加する
  • 信頼のおけるタクシーをお願いする

のいづれかです。

大手旅行会社のツアーなら、移動や言葉の面で安心して旅行できます。

》》旅工房のハウスボート宿泊付きフリープランをチェック

旅工房の南インドツアーは、フリープランでありながらも、移動は現地スタッフ(英語)が送迎をしてくれるので安心。

日本語が話せる現地緊急対応スタッフもいるのも◎です。

 

HISでは、オプショナルツアーでコーチン発のハウスボート宿泊プランがあります。

》》HISのハウスボート宿泊プランをチェック

専用車をチャーターすることもできるので、航空券と一緒にお願いもできますよ。

 

我が家は、個人手配で行きました。

個人で旅行する場合は、宿泊先にお願いしてドライバー付きのガイドさんを雇い、タクシーで案内してもらうと安心です。

航空券は、格安航空券が比較できるのでエアトリがおすすめです。


ハウスボートの宿泊に関しては、この記事で紹介した会社以外にもたくさんあるのでチェックするといいですよ。

》》Booking.comでハウスボートをチェック

ハウスボート は家族で貸切、リッチな気分を味わえます。

 

  • ハウスボート だけでなく、カヌーも、プランテーション観光もしたい
  • でもそんなツアーはないし、個人で行く自信もない

そんなご家族には、タウンライフ旅探しがおすすめです。

「タウンライフ旅さがし」は海外旅行見積もり・プランの一括問い合わせサイトです。

完全無料で複数の旅行会社へ一括で見積り依頼・問い合わせをすることができます。

インド旅行を取り扱う会社もあるので、一度問い合わせてみてもいいかもしれません。

簡単なお問い合わせフォームに入力するだけなので、通勤中の電車の中でも簡単にできますよ。

》》タウンライフ旅探しをチェック

参考までにご覧ください。

スポンサーリンク

まとめ

この記事では、

  • 子連れでインド旅行・ケララを選んだ理由
  • インド・ケララ旅行8泊9日のスケジュール
  • 子連れインド旅行の注意点

についてまとめてみました。

インドに一生行くはずがない!

と思っていた私ですが、一冊の本がきっかけとなり子連れでインドを旅行するようになりました。

ケララは穏やかで優しいインドの人たちに出会える素晴らしい観光地です。

時間がある方は、ぜひ一度インド・ケララへお出かけください。

素晴らしい家族旅行になりますよ!

この記事を書いている人 - WRITER -
はじめまして!Satokoです。 子連れアドベンチャー旅行専門家。 北はアラスカから南はオーストリア・カンガルー島まで、アジアを中心に子連れで14ヶ国訪問済。 自然豊かな場所での生活を夢み神奈川から群馬へ引っ越したものの、主人の転勤で大都会の香港へ。右往左往の子連れ香港駐在生活を4年3ヶ月送り、2018年3月、日本に帰国。現在、群馬県在住。 子連れ冒険国内・海外旅行、香港駐在生活、生活に役立つグッズや情報などを発信しています!
詳しいプロフィールはこちら

Copyright© アドベンチャー家族旅行 , 2018 All Rights Reserved.