子連れ冒険国内・海外旅行、香港駐在生活、長野県の発酵・加工食品、生活に役立つ情報などを発信します!

南インドに行きたくなってしまう本【南インドカルチャー見聞録】

WRITER
 
南インドの食事アイキャッチ画像
この記事を書いている人 - WRITER -
はじめまして!Satokoです。 子連れアドベンチャー旅行専門家。 北はアラスカから南はオーストリア・カンガルー島まで、アジアを中心に子連れで14ヶ国訪問済。 自然豊かな場所での生活を夢み神奈川から群馬へ引っ越したものの、主人の転勤で大都会の香港へ。右往左往の子連れ香港駐在生活を4年3ヶ月送り、2018年3月、日本に帰国。現在、群馬県在住。 子連れ冒険国内・海外旅行、香港駐在生活、生活に役立つグッズや情報などを発信しています!
詳しいプロフィールはこちら

子連れでインド旅行って大丈夫?

『南インドのケララ。インド旅行が初めての親子におすすめ』とナショナルジオグラフィック社の本で読み、子連れインド旅行の不安が幾分なくなった私。

でも、いくらおすすめと言われても、場所がインドとなれば話は別。

  • 子供が安心して観光できる場所かな?
  • どんな人たちが暮らしているのかな?
  • 子供が食べられそうなものがあるかな?

知らないことばかりで不安です。

satoko

 

そんなインドへの不安や疑問がす〜っとなくなる本を紹介します。

 

一般の旅行ガイドブックとは違い、南インドの文化や食事、人々の生活が中心に編集されています。

 

これから紹介する本は次の人に参考になります

  • これから子供を連れてケララに行こうと思っている人
  • 子供と一緒にインド旅行をしてみたいけど不安な人

インドに対するイメージが

ちょっとあやしい

から

なんだか面白そう!

変わる本です。

スポンサーリンク

『南インドカルチャー見聞録』とは

『南インドカルチャー見聞録』は、まちかど倶楽部とマサラワーラーというインド好きな4人が南インドを紹介する本。

 

まちかど倶楽部は井生明さんと春奈さん夫婦ユニット。

インドの音楽をもっと知りたいという情熱で南インドのチェンナイに二年半住み、現地の音楽、芸能、工芸を見つめ続けてきたご夫婦です。

 

マサラワーラーはアーティストである武田尋善さんとミュージシャン鹿島信治さんの二人からなる楽しいインド料理ユニット。

南インドが大好きで、南インド料理のスペシャリスト。

インドの映画出演までしたことがあるそうです。

 

実は、ケララの情報をインターネットで調べていた時『オレインド』という武田尋善さんのブログを偶然拝見して『南インドカルチャー見聞録』を知りました。

 

この四人が、南インドの芸能、工芸、食、映画などを紹介しています。

 

スポンサーリンク

この本の特徴は?

インドのショッピングやレストランの紹介はほとんどありません。

satoko

南インド料理のページが充実

この本を読む前は、インド料理はタンドリーチキンのような真っ赤でこってりした料理か、ベジタリアン料理のどちらかしかないと思っていました。

インド旅行に連れて行って、家族が食べられる料理があるのか不安でした。

本当は、肉も魚もベジタリアンもあるので、南インドの料理を色々試してみたくなりました!

この本では、料理の写真、名前、簡単な説明がついているので、食べたことがなくてもなんとなく想像できます。

マサラワーラーによる南インド料理のレシピもついているので、予習・復習もできますよ。

 

南インドで、どんなものなら子供が食べやすいか、理解するのに役立ちます。

 

南インドのカルチャーがよくわかる

インドに行って、子供が楽しめることってある?

マイナスのイメージしか持っていなかった私には、想像もつきませんでした。

実は、結婚式、お祭り、ファッション、映画、音楽、踊り、クリケットなど、日本とは様式も違い、南インドのカルチャーは面白い!

例えば、ヒンズー教の結婚式は誰が行ってもウェルカムだとか、みたこともないような派手なメイクを施したお祭り、サリーを着た女性たちのファッションや腰に布を巻いた男性たちのファッションなど、知らないことばかりです。

人気映画を観に行くと、口笛、拍手、大歓声、踊り出す人たちもいるそうです。

音楽や踊りも日本でみたこともないような楽器を使ったり、メイクをしていたり、歴史を感じるものばかりです。

南インドのカルチャーが多様なことに気づかせてくれます。

思わず笑ってしまう南インドのカルチャーを知って、その場に行きたくなってしまいました。

 

南インドの人々に会いたくなる

インドの人のイメージって、どんな感じですか?

 

商売上手ですか?

怖いですか?

世話好きですか?

 

私は、理由もなく『怖い』イメージを持っていました。

 

『南インドカルチャー見聞録』は、全143ページオールカラー。

南インドのごく普通の人たちがたくさん登場しています。

南インドの人たちの優しそうで面白そうな雰囲気が写真から伝わってきます。

人々の表情が生き生きとして明るく、知らない人たちなのに会いたくなる。

そんな気持ちになる写真が満載です。

 

スポンサーリンク

この本を読み終わった感想

子連れでインド旅行って大丈夫?

『南インドのケララ。インド旅行が初めての親子におすすめ』と本には書いて会ったけど、本当に大丈夫なの?

 

ケララ周辺のインドのことをもう少し詳しく知りたいと思い、読んでみた『南インドカルチャー見聞録』。

この本を読んで、自分がいかに偏った情報でインドのイメージを作り上げていたのか反省しました。

インドと日本は環境が全く異なり子連れで旅をするのはちょっと不安でしたが、それでも南インドのカルチャー、料理を体験し、人々に会ってみたいと思わせてくれた一冊です。

南インドのケララに子供を連れて行きたいと思えるようになりました

satoko

 

スポンサーリンク

まとめ

いかがでしたか。

『南インドカルチャー見聞録』に興味を持っていただけたでしょうか。

 

インドを旅したことがなかった夫婦ですが、この本を読んで子連れでケララに行くことを決めました!

satoko

 

子連れでインドを旅行することに不安のある人は、この本を読めばインド旅行への不安が減り、南インドに行きたくなってしまうはずです。

是非一度、『南インドカルチャー見聞録』を読んでみるのをおすすめします。

あなたのインドのイメージが良いものになることを願っています。

 

以上、『南インドに行きたくなってしまう本【南インドカルチャー見聞録】』でした。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

 

この記事を書いている人 - WRITER -
はじめまして!Satokoです。 子連れアドベンチャー旅行専門家。 北はアラスカから南はオーストリア・カンガルー島まで、アジアを中心に子連れで14ヶ国訪問済。 自然豊かな場所での生活を夢み神奈川から群馬へ引っ越したものの、主人の転勤で大都会の香港へ。右往左往の子連れ香港駐在生活を4年3ヶ月送り、2018年3月、日本に帰国。現在、群馬県在住。 子連れ冒険国内・海外旅行、香港駐在生活、生活に役立つグッズや情報などを発信しています!
詳しいプロフィールはこちら

Copyright© アドベンチャー家族旅行 , 2018 All Rights Reserved.