子連れ冒険国内・海外旅行、香港駐在生活、長野県の発酵・加工食品、生活に役立つ情報などを発信します!

いつかは行きたい一生に一度だけの旅BEST500をオススメする理由

WRITER
 
best500の本の表紙の写真
この記事を書いている人 - WRITER -
はじめまして!Satokoです。 子連れアドベンチャー旅行専門家。 北はアラスカから南はオーストリア・カンガルー島まで、アジアを中心に子連れで14ヶ国訪問済。 自然豊かな場所での生活を夢み神奈川から群馬へ引っ越したものの、主人の転勤で大都会の香港へ。右往左往の子連れ香港駐在生活を4年3ヶ月送り、2018年3月、日本に帰国。現在、群馬県在住。 子連れ冒険国内・海外旅行、香港駐在生活、生活に役立つグッズや情報などを発信しています!
詳しいプロフィールはこちら

一冊の本を読むだけであなたの旅の選択肢が広がります。

旅が大好きでたまらない。

そんなあなたに、 寒くて外に出られないようなこの季節に、次の休暇の旅先を考えてみませんか。

 

ナショナルジオグラフィック社が発行する『いつかは行きたい 一生に一度だけの旅 BEST500』。

旅先の空想を膨らませ見ているだけで幸せになれる本です。

一生に一度だけの旅が500も掲載されています。

人生80年として計算すると、毎年6ヶ所行かなければなりません。

ちょっとそれは無理…としても、せっかくお金を貯めて旅に出かけるなら一生に一度の思い出に残る場所を選んでみたいですよね。

今回は

『いつかは行きたい 一生に一度だけの旅 BEST500』の

  • 本を購入した理由
  • 本を購入して変わったこと
  • 本の内容のポイント

について紹介します。

あなたにぴったりの一生に一度の旅先が必ず見つかりますように。

 

この本を購入した理由とは

子供三人がまだ小さかった頃。

育児に大変で子供を連れて海外旅行に行く気力も体力もありませんでした。

その頃の気晴らしは旅のガイドブックを読むこと。

子供が生まれる前に夫婦で訪れたアラスカやイエローストーンのナショナルパークで、クマ、鹿、クジラ、イルカなどを見て、夢中になって野生動物を探す楽しさを知ったので、いつか子供と一緒に見たい。

そんな気持ちがあったので『いつかは行きたい 一生に一度だけの旅 BEST500』を読んで、頭のなかで擬似体験を楽しんでいました。

特にナショナルジオグラフィックの本は、カラー写真が豊富で野生動物や環境問題について多く扱っているので、読んでいて飽きません。

タイトルの通り、本当に「いつかは行きたい」の気持ちを満たすためだけに買った本でした。

 

スポンサーリンク

この本を購入して変わったこと

この本を購入すると旅先を選ぶ視点が変わります。

以前は『旅をするならナショナルパーク』しか思いつかなかったので、いつもアメリカのナショナルパークの本ばかり。

『いつかは行きたい 一生に一度だけの旅 BEST500』の本を読んでからは、

  • 目的地にたどり着くまでの移動も楽しもう
  • 興味のある体験から目的地を探すのもおもしろそう

と思うようになりました。

「野生動物が観察できるナショナルパーク以外に楽しいことがある!」

そんな当たり前のことがわかったのも、この本のおかげです。

今では、旅先を選ぶ時の参考書になっています。

 

スポンサーリンク

『いつかは行きたい 一生に一度だけの旅 BEST500』の内容について

best500の本の中身の写真

まず、このガイドブックは、「水上の旅」「ドライブの旅」「鉄道の旅」「徒歩の旅」「文化に親しむ旅」「美食の旅」「スポーツの旅」「空の旅」「歴史を味わう旅」の9つの章で成り立っています。

 

あなたが知りたい旅が見つかります

美しい写真と地図を眺めているだけで、もう旅先にたどり着いているような気分になってしまう本ですが、この本には旅先を訪れるベストシーズン、所要日数、その旅へのアドバイス、関連するウェブサイトも掲載されています。

なので、気分転換で読んでいたはずの本なのに、いつの間にか現実味を帯びそうな予感がしてくる本なのです。

あなたのお好みの旅を本の中から探し出せます

「水上の旅」…豪華なクルーズ船からカヌーまで、一生忘れられない水の上の旅

「ドライブの旅」…ハイウェイの旅から世界の大都市でバスに乗る旅、古代の商人や遊牧民が築いた道の旅

「鉄道の旅」…世界の絶景を列車に乗りながら車窓から眺める旅、路面電車の旅

「徒歩の旅」…世界で最も純粋でシンプルな歩く旅、自然の美しさを知る長距離トレッキング、自然や人間が作った地下道、ショッピング街

「文化に親しむ旅」…美術・演劇・建築までさまざまな文化の奥行きを知る旅、歴史を知る散歩の旅、先住民や辺境の地で暮らす民族を知る旅

「美食の旅」…異国の味を本場で知る旅、美食の巡礼地、ワイン・ビール・ウイスキー・お茶の製造過程を知る旅

「スポーツの旅」…激流下りからタンゴを踊ることまで、身体を動かすことの好きな人の旅

「空の旅」…軽飛行機・ヘリコプター・熱気球など空から眺める旅、ロープウェイ・ケーブルカーからの絶景

「歴史を味わう旅」…歴史・音楽・芸術・文学で名を馳せた人たちをたどる旅

ちなみに日本もいくつか紹介されています。

日本を紹介する中身の写真

「ドライブの旅」…竹内街道、中山道

「鉄道の旅」…新幹線

「徒歩の旅」…富士山登山

「文化に親しむ旅」…歌舞伎座、京都の魅力

「美食の旅」…東京のデパ地下、築地の寿司

歴史を味わう旅」…映画の舞台・東京

海外の人からみた日本のイメージがなんとなくわかって面白いですね。

 

『いつかは行きたい 一生に一度だけの旅 BEST500』は、自分の好きな旅先を見つけるだけでなく、知らなかった場所を新たに発見できる楽しさがある本です。

 

まとめ

いかがでしたか?

ナショナルジオグラフィック社が発行する『いつかは行きたい 一生に一度だけの旅 BEST500』に興味を持っていただけたでしょうか?

『子供が小さくて旅になんか出かけられない!』

『旅に出かける時間も余裕もない!』

と思っているあなた。

旅に出かける時間はあるとき突然やってくるかもしれません。

その時期が来るまで、じっくりとこの本で空想にふけるのも楽しいですよ。

 

 

以上、『いつかは行きたい一生に一度だけの旅BEST500をオススメする理由』でした。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

 

この記事を書いている人 - WRITER -
はじめまして!Satokoです。 子連れアドベンチャー旅行専門家。 北はアラスカから南はオーストリア・カンガルー島まで、アジアを中心に子連れで14ヶ国訪問済。 自然豊かな場所での生活を夢み神奈川から群馬へ引っ越したものの、主人の転勤で大都会の香港へ。右往左往の子連れ香港駐在生活を4年3ヶ月送り、2018年3月、日本に帰国。現在、群馬県在住。 子連れ冒険国内・海外旅行、香港駐在生活、生活に役立つグッズや情報などを発信しています!
詳しいプロフィールはこちら

Copyright© アドベンチャー家族旅行 , 2018 All Rights Reserved.