子連れ冒険国内・海外旅行、香港駐在生活、長野県の発酵・加工食品、生活に役立つ情報などを発信します!

カンガルー島のシールベイ〜野生のアシカを観察!ツアーや注意点など

WRITER
 
アシカのアイキャッチ画像
この記事を書いている人 - WRITER -
はじめまして!Satokoです。 子連れアドベンチャー旅行専門家。 北はアラスカから南はオーストリア・カンガルー島まで、アジアを中心に子連れで14ヶ国訪問済。 自然豊かな場所での生活を夢み神奈川から群馬へ引っ越したものの、主人の転勤で大都会の香港へ。右往左往の子連れ香港駐在生活を4年3ヶ月送り、2018年3月、日本に帰国。現在、群馬県在住。 子連れ冒険国内・海外旅行、香港駐在生活、生活に役立つグッズや情報などを発信しています!
詳しいプロフィールはこちら

こんにちは〜。Satokoです。

カンガルー島で一番人気の観光スポットといえば『シールベイ自然保護公園(Seal Bay Conservation Park)』。

このシールベイで野生のアシカを観察してきました。

結論から言えば、シールベイ自然保護公園での野生のアシカの観察は大変おすすめです。

この記事を読めば、シールベイで野生のアシカに会ってみたくなるはずです。

ぜひ、参考にしてくださいね。

シールベイ自然保護公園(Seal Bay Conservation Park)とは?

シールベイ自然保護公園とは、オーストラリアで3番目に大きいオーストラリアン アシカのコロニー(同じ種類の生物が同じ地域に集団で定住していること)のある場所です。

海岸線沿いの砂浜に野生のアシカが横たわっているのを観察することができます。

その数は1000頭にも及び、アシカのすみかにお邪魔させてもらっている不思議な気分になる公園です。

 

アシカとアザラシの違いは何?

シールベイにいるオーストラリアン アシカについて話をする前に、ちょっとだけアシカとアザラシの違いを説明します!

前足で立つアシカ写真

この写真に写っているのはアシカです。

まずアシカには、耳たぶがあります。

前の足ビレを使って身体を持ち上げられ、後ろの足ビレを使って地上を歩くこともできます。

 

アザラシの写真

この写真に写っているのは、アザラシです。

アザラシには、耳たぶがありません。

地上では後ろの足ビレを使えないので腹ばいで滑るように進みます。

これが アシカとアザラシの違いなんです。

 

シールベイのオーストラリアン アシカとは?

南オーストラリア州には、オーストラリアン アシカの繁殖地が39あります。

オーストラリアン アシカは、19世紀にアシカの脂がランプの原料やろうそくの材料となり、皮は皮革製品として利用されていました。

当時は商用利用のため、かなりの頭数が狩猟によって殺されました。

 

現在、絶滅の危機に瀕しているオーストラリアン アシカは、約12000頭いて約85%は南オーストラリアに生息していると言われています。

シールベイ自然保護公園には世界的にも希少なオーストラリアン アシカが1000頭以上生息し、その姿を観察することができます。

 

シールベイのアシカ観察には、どんな方法がある?

シールベイ自然保護公園では、アシカの観察に2通りの方法があります。

  • ガイドなしのアシカの観察
  • ガイド付きのアシカの観察

ガイドなしのアシカの観察

ガイドなしのアシカの観察の場合は、公園内に設置されたボードウォークの上から、海岸線沿いにいる野生のアシカを観察します。

ガイド付きのアシカの観察

ガイド付きのアシカの観察には、2つのツアーがあります。

  • 45分のガイドツアー
  • トワイライトビーチツアー

45分のガイドツアー

ボードウォーク上から公園内のアシカを観察します。ツアーは基本的に一日10回、定員は各25名です。ガイドからのアシカや生態系の解説があります(英語)。

詳しい情報はこちらのホームページを参考にしてください→Seal Bay guided tour-National Parks South Australia

トワイライトビーチツアー

ガイドと一緒にボードウォークと海岸沿いを歩いてアシカを観察できます。ツアーは週3日(月、水、金)、1日一回、

定員は12名で実施されます。所要時間は約2時間です。

 

トワイライトビーチツアーがおすすめです!

アシカを見学するなら、シールベイ自然保護公園のトワイライトビーチツアー(Twilight beach tour)がおすすめです。

シールベイの写真

夕暮れ時のシールベイの砂浜をレンジャーと一緒に約2時間、歩きながらアシカを観察します。

 

オスのアシカの写真

日中ツアーの所要時間45分の倍の時間が設定されているので、思う存分写真を撮ることができます。

またアシカの息遣いまで聞こえてくる距離で観察できるので、野生動物のをじっくりと観察することもできますよ。

オーストラリアン アシカのコロニーを歩くので安全面が心配になりますが、ガイドさんが野生動物との適切な距離を保ってくれます。

指示に従って行動すれば、安全です。

アシカの写真
夕日が沈んでいく中、海岸線や崖が刻々と色を変えていく様子も眺められます。

 

猟から戻るアシカ写真

野生動物がすぐ目の前で観察できる機会は、一生のうち何回もありません。

プライベート感たっぷりのトワイライトビーチツアーです。

トワイライトビーチツアーのご案内

参加予定の一週間前までに、Seal Bay Conservation Park(シールベイ自然保護公園)にemailで予約が必要です。

お問い合わせはこちらです→Seal Bay Conservation Park

ツアー予定時刻

毎週、月・水・金の17時開始〜18時45分終了予定(現地のサマーホリデー期間中は18時開始〜19時45分終了予定)

ツアー価格 

大人$60AUD、 子供$38AUD、  家族$165AUD(大人2名・子供2名か大人1名・子供3名)

アシカの観察で注意することは?

アシカを観察するときは、安全のため、

  • 動物を威嚇しないように大きな声を出さないこと
  • 近寄りすぎないこと
  • 動物の生活する場所に足を踏み入れているので、動物に対して敬意を払うこと

が大切です。

 

アシカの観察には、双眼鏡があると便利です。

Vixenの双眼鏡は、動物の表情まで観察できるので、野生動物観察におすすめですよ。

裸眼で野生動物を見るのと、双眼鏡で見るのでは、楽しさが全然違います。双眼鏡は必須です!

 

シールベイは、南極大陸からの強い風で波が荒々しく、潮も吹き付けます。

風よけにブレーカーを一枚準備しておくと良いでしょう。

 

オーストラリアの紫外線は強烈です。

お恥ずかしい話、夕暮れ時に観光するからと紫外線対策をおろそかにした私は『しみ』を作ってしまいました(泣)。

消えません…。

しっかり日焼け対策をして紫外線を遮ることが大切です。

子供用もあるので、親子でコーディネイトできます。

カブーの帽子は、つばが広いので、日差しを遮ります。

ゆったりとした作りなので帽子をかぶっていても疲れません。

 

紫外線対策にサングラスも必須です。

紫外線対策だけでなく、海岸線沿いは風が強いので砂から目を保護する役割もあります。

コールマンのサングラスは偏光レンズがついて、しかもお手頃価格です。

 

おしゃれなサングラスを探してる方は、ポリスのサングラスを参考にどうぞ。

 

最後に、一眼レフカメラを使用する人は、レンズ交換に注意が必要です。

強い風で砂が舞う中でレンズ交換したため、一時カメラのシャッターが切れなくなるアクシデントに見舞われました。

カメラ好きの人は、海の潮と砂に気をつけてくださいね。

 

まとめ

いかがでしたか?

『カンガルー島のシールベイ〜野生のアシカを観察!ツアーや注意点など』を紹介しました。

 

野生のアシカを目の前で観察できる体験はなかなかできません。

カンガルー島を旅行する際は、シールベイのオーストラリアンアシカを観察しに行ってみてください。

野生のアシカの姿に癒されますよ!

Seal Bayでの宿泊をお探しの方は、野生のアシカだけでない! Seal Bay Cottages and Cafeの記事も参考にご覧ください。

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -
はじめまして!Satokoです。 子連れアドベンチャー旅行専門家。 北はアラスカから南はオーストリア・カンガルー島まで、アジアを中心に子連れで14ヶ国訪問済。 自然豊かな場所での生活を夢み神奈川から群馬へ引っ越したものの、主人の転勤で大都会の香港へ。右往左往の子連れ香港駐在生活を4年3ヶ月送り、2018年3月、日本に帰国。現在、群馬県在住。 子連れ冒険国内・海外旅行、香港駐在生活、生活に役立つグッズや情報などを発信しています!
詳しいプロフィールはこちら

Copyright© アドベンチャー家族旅行 , 2018 All Rights Reserved.