子連れ冒険国内・海外旅行、香港駐在生活、長野県の発酵・加工食品、生活に役立つ情報などを発信します!

ボルネオの子連れジャングル旅行に必須の持ち物

WRITER
 
ジャングルトップ画像
この記事を書いている人 - WRITER -
はじめまして!Satokoです。 子連れアドベンチャー旅行専門家。 北はアラスカから南はオーストリア・カンガルー島まで、アジアを中心に子連れで14ヶ国訪問済。 自然豊かな場所での生活を夢み神奈川から群馬へ引っ越したものの、主人の転勤で大都会の香港へ。右往左往の子連れ香港駐在生活を4年3ヶ月送り、2018年3月、日本に帰国。現在、群馬県在住。 子連れ冒険国内・海外旅行、香港駐在悩み、生活に役立つグッズや情報などを発信していきます!
詳しいプロフィールはこちら
スポンサーリンク

こんにちは〜。Satokoです。

 

ボルネオのジャングルに行く予定だけど、何を準備すればいい?

ブタさん

初めてジャングルに行くときは、何を持っていけば良いのかわかりませんよね。

私もそうでした。

satoko

子連れの旅行となれば、さらに荷物も増えますよね。

できれば荷物は少ないほうがいいです。

 

なので、

本当に必要と思われるものだけ紹介させて頂きます。

 

今回はボルネオのジャングル旅行に必要なものを、

  • 虫除け対策
  • 日焼け止め対策
  • 雨対策
  • その他

に分けて紹介。

旅行の準備に少しでもお役に立てれば、幸いです。

 

 

虫除け対策として必要なもの

熱帯雨林のボルネオ。

マラリア、日本脳炎、デング熱は全て蚊を媒介にして発症する病気です。

 

マラリアの予防薬を飲んだ方がいいのかな?

 

私もどうしようかと悩みました。

マラリアの予防薬は旅行中毎日薬を飲み、さらに帰国してからも1〜4週間薬を飲み続けないといけません。

最後まで予防薬を飲むか飲まないか悩みましたが、予防薬を飲まないことに決めました。

 

その代わりに、蚊に刺されないように努めました。

ということで、ジャングルの虫除け対策に役立つものを紹介します。

 

虫除け薬

ジャングルで過ごす時には虫除けは必須。 服の上や帽子にはスプレータイプで虫除けしておくと更に安心です。

ジャングルの中にあるコテージの入り口付近に蚊取り線香をおくのもグッド。

ただし火の用心です。

虫刺され用の塗り薬も準備すると役立ちます。

 

長袖、長ズボン

ジャングルの虫除け対策は、虫除け薬だけでなく服装にも注意が必要です。

できるだけ肌を露出しないように、基本は薄手の長袖、長ズボンを着用。

子供用としては、家庭にある薄手の長袖で充分間に合います。

パンツは薄手のウインドブレーカー下なら、通気性と虫除けの両方兼ねて便利です。

 

トレッキングシューズ

ジャングルを歩く場合、ヒルがいるので素足で靴を履くのはやめましょう。

靴下にプラス、足元を保護するトレッキングシューズを履くと安全です。

特に子供の足は、すぐに大きくなるので高価なトレッキングシューズを揃える必要はありませんが、手頃な値段のトレッキングシューズがあるとヒルよけにもなるので安心です。

アルバートルのトレッキングシューズ は、サイズが18cmからあり、値段も手頃。

中に靴下を履くことを考えてワンサイズアップを選ぶといいでしょう。

 

日焼け対策として必要なもの

アジアの日差しは強烈です。

強い日差しから身を守るために役立つものを紹介。

日焼け止め

ジャングルといえども、河原の木々がない場所では日差しが強烈です。

日焼け止めをこまめに塗ると予防にもなります。

 

帽子

つばのある帽子がオススメ。

特にメッシュタイプで通気性のあるもの、撥水性のあるものはムレないのでジャングルの中でも快適です。

折りたためるので、かさばらず、荷物にもなりません。

 

野球帽のように、横につばのないものはオススメできません。

 

というのも、帽子は強い日差しや急な雨から身を守るだけではありません。

私の息子。

数年前のことですが、長野県の森の中でマダニに食われたことがあります。

その時、野球帽をかぶっていたんですね。

病院でマダニを取り除いて、飲み薬をもらい大事に至りませんでしたが、運が悪ければ命を落とすこともあります。

帽子につばがあるだけで、木から落ちてきたマダニやヒルから身を守ることができます。

なので、帽子はつば付きのものをオススメします。

satoko

サングラス

紫外線対策としてあると便利。

RIVBOSのキッズサングラスは偏光レンズが付いているので、紫外線と眩しい光をカットします。

夕方のリバークルーズの際、斜めからの日差し避けとしても使えます。

8種類の色から選べるので、お気に入りのものが見つかるはず。

柔らかいフレームなので、壊れにくいのもうれしいポイントです。

雨対策として必要なもの

レインコート

急なスコール、リバークルーズ中のスピードボートの風が冷たく感じた時に役立ちます。

ジャングル以外でも、エアコンの効きすぎた室内での防風、防寒対策に役立ちます。

なによりも軽い!

林間学校やサマーキャンプにも使えるので一枚あると便利。

その他

双眼鏡

バードウォッチング、野生動物を観察するときの必需品です。

ボルネオゾウの動き、テングザルの表情、遠くにいる動物は全てあなたの視界に入ってきます。

こちらの双眼鏡は、重さ198gと軽量なので長時間、動物観察をしても肩こりしません。
急なスコールでも、防水なので安心です。

 

野生動物観察には双眼鏡が必須ですよ!

お菓子

どこに行っても、お菓子は忘れてはいけません。

日本で好きなお菓子を準備していくと子供の旅の疲れも吹き飛びます!

洗面用具

ボルネオのジャングルを汚染したくない人は、環境に優しいシャンプー、リンスを持参しましょう。

 

テッシュペーパー

テッシュペーパーはジャングルに必須というよりボルネオ全般に言えることなのですが、これは絶対忘れてはいけません。

ボルネオはイスラム文化。

トイレの個室に入るとトイレットペーパーがありません。

中にあるのは便器と蛇口につながれたホースか小さめのシャワー。

つまり、用が済んだら手と水を使って流してくださいということなのです。

トイレの入り口に女性が立っている場合、その人はテッシュが欲しい人に売るためにいると考えてくださいね。

男性も必要な時がありますから、たくさん準備しておくと良いですよ。

 

まとめ

いかがでしたか。

ボルネオの子連れジャングル旅行に必須の持ち物を紹介しました。

虫除け、日焼け、雨よけ対策をきちんとしておけば、特に不安になることはありません。

ただし、ジャングルで怪我をしたりするとすぐに病院に行くことはできないので注意は必要です。

万一の場合に備え、海外旅行保険には必ず入ることをオススメします。

事前にできる安全対策を十分にして、ボルネオのジャングル旅行を楽しめるといいですね。

 

以上、『ボルネオの子連れジャングル旅行に必須の持ち物』を紹介しました。

読んでいただきありがとうございました!

 

子供の食事に心配のあるあなたには、【子連れ海外旅行】非常食、準備すると役立つもの9選の記事も参考になりますよ。

 

スポンサーリンク
この記事を書いている人 - WRITER -
はじめまして!Satokoです。 子連れアドベンチャー旅行専門家。 北はアラスカから南はオーストリア・カンガルー島まで、アジアを中心に子連れで14ヶ国訪問済。 自然豊かな場所での生活を夢み神奈川から群馬へ引っ越したものの、主人の転勤で大都会の香港へ。右往左往の子連れ香港駐在生活を4年3ヶ月送り、2018年3月、日本に帰国。現在、群馬県在住。 子連れ冒険国内・海外旅行、香港駐在悩み、生活に役立つグッズや情報などを発信していきます!
詳しいプロフィールはこちら

Copyright© アドベンチャー家族旅行 , 2017 All Rights Reserved.